OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

和名の由来

  • 暇なときにでも
  • 質問No.245886
  • 閲覧数233
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 62% (55/88)

ナデシコ科のSilene属の植物で、~マンテマと和名がついているものがありますが、このマンテマの語源はなんでしょうか。また、同じくSilene属で~ビランジと和名がついているものがありますが、この語源も教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

マンマテの語源は外国名のマリティマが語源のようです。 ビランジは不明だそうです。 マンマテ属はマンマテとビランジを合わせてそういうこともあるそうです。 ...続きを読む
マンマテの語源は外国名のマリティマが語源のようです。
ビランジは不明だそうです。
マンマテ属はマンマテとビランジを合わせてそういうこともあるそうです。
お礼コメント
nikuzanhorin

お礼率 62% (55/88)

お返事ありがとうございます。ビランジの由来が不明というのは本で見たことがあるのですが、マンテマについては由来についても、わかっているかどうかも一切書いていないので、ひょっとして植物学や園芸の世界ではみんな知っていて当然のことなんでしょうか。
投稿日時 - 2002-04-02 22:56:31
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

補足です。 「アグロステンマ」の訛り説ですが、記載していたのは、 平凡社「世界大百科事典29巻」1972年初版の1976年版、 それと、 北隆館「日本帰化植物図鑑」1972年初版 でした。調べれば、他にもこの説を記した図鑑が見つかるかもしれません。 もっとも、誰かが発表した説を、使い回しているに過ぎないかもしれませんが。 ビランジの語源は、やはり不明でした。 誠文堂新光社の「最新園芸大 ...続きを読む
補足です。
「アグロステンマ」の訛り説ですが、記載していたのは、
平凡社「世界大百科事典29巻」1972年初版の1976年版、
それと、
北隆館「日本帰化植物図鑑」1972年初版
でした。調べれば、他にもこの説を記した図鑑が見つかるかもしれません。
もっとも、誰かが発表した説を、使い回しているに過ぎないかもしれませんが。

ビランジの語源は、やはり不明でした。
誠文堂新光社の「最新園芸大辞典」では、
マンテマ属の別の呼び方をビランジ属としていました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ