OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

アレルギー体質の始まりは?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.239776
  • 閲覧数854
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 87% (145/165)

例えば縄文人とか江戸時代の人にも花粉症ってあったのかなあと思ったんです。花粉症に限らず、猫アレルギーとかアトピーとかいろいろと。
昔からアレルギー体質の人は存在したのか、それとも現代の人の体が環境に適応できていないだけなのか知りたいです。
後者だった場合、アレルギー体質の人にしてしまう要因は何だったんでしょうか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 43% (7/16)

花粉によるアレルギー性の疾患に関しては、他の方のお書きになられた
とおりであると思われますが、sachimerry さん のご質問の
アレルギー全般では、すこし面白い説があるのでご紹介します。

免疫の過剰反応であるアレルギーとは免疫機能のなかのIgEという
抗体がその原因です。自分の体を防衛する機能が自分におそいかかって
いると思ってください。ちなみにこの抗体は日本人が発見したそうです。
これはほんの微量でも、肥満細胞を刺戟してヒスタミンという
物質を分泌します。このヒスタミンがアレルギーのいろいろな
症状を引き起こします。面白い説とは、このような免疫の一時的な
暴走は、かつて古代では役にたっていたのではないかということです。
つまり寄生虫などにたえず罹っていた可能性のある身体の状態では、
いわば爆発的で過剰な免疫機能も、そのような寄生虫を排除するためには
有用であったとする説です。

この説が正しいとすれば、アレルギーはもともと人間が備えていた
防衛機能のひとつであり、現在では細菌や寄生虫などが滅菌消毒
されてしまい、免疫機能の暴走だけが残ったと考えられます。実際
特定の細菌に感染していると、免疫機能としてIgEの抗体がつくられる
と同時に、アレルギーを引き起こしていたIgEの抗体の生産を
抑制するのだそうです。つまり別の細菌に感染するとアレルギーの
症状は抑えられてしまうのだそうです。こうした事情から、
アレルギー疾患が顕著になったのは、現代がまさにあらゆる菌を
消毒してしまうということに原因があるのではないかと考える説も
あるようです。

またアレルギーには奇妙な性質があることもわかっています。それが
なおさら、この機能の説を考えさせるきっかけになりそうな特色なのです。
それはもはや、アレルゲンがなくても、つまり先ほど説明した
IgEがなくても、アレルギーのおおもとのヒスタミンが分泌されてしまう
という特色です。それはただ嫌なものに触れたというだけでもアレルギーが
おきてしまうということです。これは自律神経からでるアドレナリン
とかアセチルコリンというような物質にも肥満細胞という
アレルギーの原因物質をつくりだす細胞が反応してしまうことから
起きるのだそうです。精神の状態とも関係があるということでしょうね。
なおさらアレルギーにはなにか別の役割が
あったのではないかと想像を膨らませてしまうような事実ですね。

いづれにせよ今年の花粉症は、いつもより早くはじまったので、
終息も早いようです。鼻がつまったり、目がかゆかったり、
毎年、私も悩まされております(笑)。
お礼コメント
sachimerry

お礼率 87% (145/165)

まあ!おもしろい話!

ただ嫌なものに触れたというだけでもアレルギーが
おきてしまう>
あるー!私はちっちゃい虫がいっぱい飛んでるのを見るだけで、カユくなります!

アレルギー疾患が顕著になったのは、現代がまさにあらゆる菌を消毒してしまうということに原因があるのではないかと考える説もある>
いろんな所で、「除菌・殺菌」って表示を目にするけど、かなり考えさせられてしまう説ですねー。

人間は、自分自身で生きづらい環境にしてしまっている感じがしますね。

私は去年花粉症で辛かったんですけど、今年DHCの
健康食品の「シソの実」飲んでたら治っちゃいましたよ!

とってもためになりました!ありがとうございました!
投稿日時 - 2002-03-23 20:09:50
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

sachimerry さん こんにちは 縄文人とか江戸時代であれアレルギーはあったと思いますよ。と言いますか無かったと言える根拠が無いと思います。抗原抗体反応が昔の方には無かったというのは信じようがありません。 花粉症ですが、そもそも花粉症とは、花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気のことです。あいまいな疾患名ですね。具体的には花粉による「アレルギー性鼻炎」「アレルギー性皮膚炎」「アレルギ ...続きを読む
sachimerry さん こんにちは

縄文人とか江戸時代であれアレルギーはあったと思いますよ。と言いますか無かったと言える根拠が無いと思います。抗原抗体反応が昔の方には無かったというのは信じようがありません。

花粉症ですが、そもそも花粉症とは、花粉が原因となって起こるアレルギー性の病気のことです。あいまいな疾患名ですね。具体的には花粉による「アレルギー性鼻炎」「アレルギー性皮膚炎」「アレルギー性結膜炎」などが正式な疾患名でしょう。

ご存知と思いますが、戦後の杉、ひのきなどの植林政策により、大量の杉、ひのきが植林された為、現代人は花粉に暴露される可能性が高まった為、いわゆる花粉症に罹患される方が増えたのかもしれません。

ですが、アレルギー性の疾患の有疾率は、農村地区と比べ工業地区や大都市で明らかに高く、その因子としてDEP(ディーゼル排気粒子)が起因しているとも言われております。このDEPの健康リスクですが、実際、発がん性や喘息、花粉症などの関連がいくつも指摘されています。

このDEPのアレルギー反応に及ぼす点として、IgE抗体産生を増強する作用なども報告されているそうです。

よって回答は、昔からアレルギーは存在したが、現代においては、アレルゲン(アレルギーの原因物質)に暴露されやすい状況下であり、且つ劣悪な環境下でありアレルギーになりやすいのでは?

それでは
お礼コメント
sachimerry

お礼率 87% (145/165)

やっぱ昔からいたんですかね。そういう資料とかあるんでしょうかー。
ディーゼルトラック恐ろしいですね。
投稿日時 - 2002-03-23 19:39:59
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ