OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

右腕のしびれの原因は?

  • 困ってます
  • 質問No.235411
  • 閲覧数16308
  • ありがとう数98
  • 気になる数1
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 45% (9/20)

右腕のひじから手首までの間の裏側に、ずっと軽いしびれがあり心配です。手にはしびれはなく、自由に使えます。どんな原因が考えられますか。治療は?いろいろ教えて下さい。お願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

色々な原因が考えられますのであくまで「可能性がある」程度です。
1.(右側を下にして)横向きで眠る事が多い。
原因→圧迫による神経への刺激
対処法→あお向けまたは、左を下にして寝る(寝床を若干傾ける)

2.頭(特に左側)に強い衝撃を受けた事がある。
原因→極めて軽い半身不随のようなもの
対処法→脳外科等に行き脳の検査をしてもらう。(進行性の場合手遅れになるので早急に)
3.右ひじに強い衝撃を受けた事がある。
原因→ひじ間接の圧迫による物
対処法→ひじのマッサージを行う、整骨院に行く。

4.今まで生きてきて、右手を多く使っていたと思う(力仕事など)
原因→腱鞘(ケンショウ)炎の疑い
対処法→右腕にテーピングをし、ある程度の自由をきかないようにさせる

5.逆に左利きでほとんど左手で作業していたと思う
原因→筋肉痛によるもの
対処法→風呂の中でゆっくり右腕を動かす。

です。他にもいくつかありますが…

応急処置としては
慢性的なシビレであれば温シップ
突発的にくるシビレなら冷シップをすることをお勧めします。
補足コメント
koyasu

お礼率 45% (9/20)

いろいろな原因が考えられるのですね。確かにずっと右を向いて寝ていることがあり、朝起きたときすごく腕がしびれていることがときどきあります。でも、すぐ直ってしまうような気がしていたのですが、これが慢性化したのかも。
投稿日時 - 2002-03-15 17:13:07
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (261/700)

私も似たような症状で、整骨院に行ったら頸椎が犯人でした。 しばらく首の牽引に通い、その時は治りました。 ただ加齢のため(-_-;)首の骨を支える筋肉が弱っていると、たちまち元通りなので今は首のストレッチと筋肉強化に勤めています。 ...続きを読む
私も似たような症状で、整骨院に行ったら頸椎が犯人でした。
しばらく首の牽引に通い、その時は治りました。

ただ加齢のため(-_-;)首の骨を支える筋肉が弱っていると、たちまち元通りなので今は首のストレッチと筋肉強化に勤めています。
補足コメント
koyasu

お礼率 45% (9/20)

やはり、頚椎が原因のことが多いのでしょうか。実は頚椎ヘルニアで通院した経験があります。最近また少し首に痛みがありますが、左側が痛むので、右腕のしびれは頚椎のせいではないと思っていたのです。
投稿日時 - 2002-03-15 17:16:53
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 24% (184/746)

私も頸椎を痛めたときに、そんなカンジの症状でした。 レントゲンで判明して、整形外科のリハビリで直しました。 肩の亜脱臼の時も、似た症状でしたが、しびれは頸椎の時の方が深刻でした。 病院で診察を受けられることをお勧めします。 早く良くなるといいですね。かく言う私も腰痛で苦しんでいます(苦笑)。 ...続きを読む
私も頸椎を痛めたときに、そんなカンジの症状でした。
レントゲンで判明して、整形外科のリハビリで直しました。
肩の亜脱臼の時も、似た症状でしたが、しびれは頸椎の時の方が深刻でした。

病院で診察を受けられることをお勧めします。

早く良くなるといいですね。かく言う私も腰痛で苦しんでいます(苦笑)。
補足コメント
koyasu

お礼率 45% (9/20)

整形外科のリハビリとは、どんなことをなさったのですか。昔、首の牽引をやったことがありますが、なかには、あれは良くないと言う人もあり、悩んでしまいます。
投稿日時 - 2002-03-15 17:26:45
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 23% (18/76)

5年前に同様の症状で整形外科に行ってMRIをとって、頚椎のフェルニアといわれました。 症状が落ち着いたら首の周りの筋肉を鍛えるとよいと言われ、1年くらい続けましたが長続きしませんでした。 生活には差し支えないので、しびれとうまく付き合っている状態です。 先日、再度MRIをとったところ、数年前と変わっていなかったので、症状も変化していないのだなぁと納得しました ちなみに私の腰にも椎間板フェルニァがあ ...続きを読む
5年前に同様の症状で整形外科に行ってMRIをとって、頚椎のフェルニアといわれました。
症状が落ち着いたら首の周りの筋肉を鍛えるとよいと言われ、1年くらい続けましたが長続きしませんでした。
生活には差し支えないので、しびれとうまく付き合っている状態です。
先日、再度MRIをとったところ、数年前と変わっていなかったので、症状も変化していないのだなぁと納得しました
ちなみに私の腰にも椎間板フェルニァがあり、右足のしびれにたいして、腰がおかしくないときは筋力を鍛えるように言われており、高脂血症もあるのでサイクリングを普通にやってますが、症状があるときは無理をしないでいたわるように言われています。

私の主治医は、具合の悪いときはいたわって、良くなったら無理しない範囲で程よく鍛えるようにと言うのが口癖です。
まずは、どんな措置をしたら効果的なのか、病院で検査を受けること宜しいと思います
補足コメント
koyasu

お礼率 45% (9/20)

もし頚椎ヘルニアが原因だとすれば、症状が落ち着いたとき、首の筋肉を鍛えればいいのですね。ところで、首の筋肉を鍛えるには、どんなことをやればいいのですか。腹筋背筋などの鍛え方は、わかりますが・・・
投稿日時 - 2002-03-15 17:21:15
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 71% (28/39)

とりあえず考えられるのは、頚椎に何らかの異常があるケースです。 例えば頚椎の椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などになると、骨や椎間板などの隆起によって神経根や脊髄が圧迫され、上肢・腰背部・下肢などに様々な痛みやシビレなどの神経症状が引き起こされます。 特に頚から肩にかけてや上腕部、またあなたのような肘や手関節の痛み・シビレなどは、頚椎が悪いとよく現れる症状ですし、時には指先までシビレなどが出る場合もありま ...続きを読む
とりあえず考えられるのは、頚椎に何らかの異常があるケースです。
例えば頚椎の椎間板ヘルニアや変形性頚椎症などになると、骨や椎間板などの隆起によって神経根や脊髄が圧迫され、上肢・腰背部・下肢などに様々な痛みやシビレなどの神経症状が引き起こされます。
特に頚から肩にかけてや上腕部、またあなたのような肘や手関節の痛み・シビレなどは、頚椎が悪いとよく現れる症状ですし、時には指先までシビレなどが出る場合もあります。
またその他にも、何らかの理由で肘関節の神経が干渉を受けると、やはり肘から先の腕の部分にシビレなどが出ることがあります。
治療については、もし原因が頚椎であれば、頚椎牽引、電気治療、注射、投薬などが考えられますし、肘が悪かった場合であれば、やはり注射や投薬による治療になるかと思われます。
他にも考えられる原因はあるかと思いますが、残念ながら肘から先の部分がしびれるということだけではよくわかりません。
とりあえずは整形外科を受診され、頚椎などのレントゲン撮影をしてもらうとよろしいかと思います
お大事に。
お礼コメント
koyasu

お礼率 45% (9/20)

いろいろ教えて下さり、ありがとうございます。
投稿日時 - 2002-03-15 17:31:04
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 23% (18/76)

NO4の補足です >首の筋肉を鍛えるには、どんなことをやればいいのですか。腹筋背筋などの鍛え方は、わかりますが・・・ 私は、頭を前後左右に動かすときに、手のひらで頭を押さえて負荷をかけるように指導されました 頭を動かすことが目的でなく、動かそうとする筋肉に負荷を与えるように言ってましたが、素人?判断でやらないように注意されました
NO4の補足です

>首の筋肉を鍛えるには、どんなことをやればいいのですか。腹筋背筋などの鍛え方は、わかりますが・・・

私は、頭を前後左右に動かすときに、手のひらで頭を押さえて負荷をかけるように指導されました
頭を動かすことが目的でなく、動かそうとする筋肉に負荷を与えるように言ってましたが、素人?判断でやらないように注意されました
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ