OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

このキーはどうやって読むんでしょうか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.230468
  • 閲覧数93
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 71% (256/358)

初歩的な質問で申し訳ありません。
キーの読み方がわからないので、調べ方がわからなくて。

Windowsのキーボード(106か、109?)
なんですが、
バッククォートキー(`)のよこにある、
@の右上にある、
Cみたいな文字の上下に傍線二つがついている
キーの読み方と、入力方法があれば、教えてください。

単純に、これって、「なんて読むんだ?」って思っただけなんですが。
あと、@キーの隣にある
バッククォートキー二つみたいなのは、
なんで読むんでしょう?
これも、入力方法とかあるんでしょうか?
どんなときに使う記号なんでしょう?

あまり使わないキーの読み方や入力方法がわかる参考書籍や、
URLがあったら、あわせて教えてください。

よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 33% (102/305)

Cみたいなのは「セント記号」と読んでいいと思います。
同じ質問を回答しているのがありましたので参照してください。
お礼コメント
himehime

お礼率 71% (256/358)

回答ありがとうございました。

おー。¢記号でしたか。
参考URLのおかげで、
せんとって入力して、変換したら、ちゃんと、セント記号でました。

知りたかったのは、これです、これ。
投稿日時 - 2002-03-07 17:57:03
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 41% (96/232)

すみません。前半はわかりません。 私のキーボードではCの字に線が上下に貫通していますので¢(セント、1ドルの100分の1)だと思います。その左上に£(イギリスの通貨ポンド)があります。いずれも、今のWindowsの日本語IMEでは使用しません。 それから、@のとなりの(゛)は、濁点です。さらに右隣の(゜)は半濁点です。今の主流はローマ字入力ですが、カナ入力で濁点・半濁点を打つときに使用します。これ ...続きを読む
すみません。前半はわかりません。
私のキーボードではCの字に線が上下に貫通していますので¢(セント、1ドルの100分の1)だと思います。その左上に£(イギリスの通貨ポンド)があります。いずれも、今のWindowsの日本語IMEでは使用しません。

それから、@のとなりの(゛)は、濁点です。さらに右隣の(゜)は半濁点です。今の主流はローマ字入力ですが、カナ入力で濁点・半濁点を打つときに使用します。これは今でも使います。
お礼コメント
himehime

お礼率 71% (256/358)

回答ありがとうございます。

あ。。。
かな入力の濁点だったんですね(ーー;)

ありがとうございました♪
投稿日時 - 2002-03-07 17:55:35

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 36% (128/348)

こんにちは、 まずは、下記の参考URLを見てみましょう。 少しは、疑問が解決されればと思いました。 読み方は下の方が書かれているもので良いと思います。 ではまた。 ...続きを読む
こんにちは、
まずは、下記の参考URLを見てみましょう。
少しは、疑問が解決されればと思いました。
読み方は下の方が書かれているもので良いと思います。
ではまた。
お礼コメント
himehime

お礼率 71% (256/358)

回答ありがとうございます。
そのURLは知ってたんですけど、
読み方がわからないのと、
キーから単独でなくても、何か入力方法あるんじゃないのかな?
と思いまして。

No.2の方の回答で、疑問氷解できました。
投稿日時 - 2002-03-07 17:58:21
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ