OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

手刀

  • 暇なときにでも
  • 質問No.221863
  • 閲覧数870
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 15% (10/64)

マンガの様に手刀でビール瓶は切れるんでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

 ガラスですから、本当は切るのではなく、割っているのです。  よく空手の模技(デモンストレーション)でやっています。  私が始めて見たのは、大山倍達氏(極真会)です。  十円硬貨を指で二つ折りにし、ビール瓶の首を手刀で斬っていました。  如何ですか? ...続きを読む
 ガラスですから、本当は切るのではなく、割っているのです。
 よく空手の模技(デモンストレーション)でやっています。
 私が始めて見たのは、大山倍達氏(極真会)です。
 十円硬貨を指で二つ折りにし、ビール瓶の首を手刀で斬っていました。
 如何ですか?
お礼コメント
1414

お礼率 15% (10/64)

いや、ただ気になっただけです。でも10円曲げるってすごいですねー。ところでその瓶の切り口は滑らかなのか、普通に割ったみたいになるのかどっちなんでしょうか?
投稿日時 - 2002-02-21 19:42:45


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 9% (31/325)

>切り口は滑らかなのか、普通に割ったみたいになるのかどっちなんでしょうか?  首の方だと、滑らかです。  ただ、失敗しているのか、割れる位置が悪いと、ふくらんだ胴の方が割れ、ギザギザになっていました。  普通、瓶の中に水とかを入れ、重くしているようです。
>切り口は滑らかなのか、普通に割ったみたいになるのかどっちなんでしょうか?

 首の方だと、滑らかです。
 ただ、失敗しているのか、割れる位置が悪いと、ふくらんだ胴の方が割れ、ギザギザになっていました。
 普通、瓶の中に水とかを入れ、重くしているようです。
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

「切る」と「割る」の違いがどこになるのか、という問題がありますね。「慣性」力で、手で押される部分と、その場で留まる部分との間で「せん断」がおこっているのですが、 ハサミでモノを切るのも、下の刃と上の刃(上下でなく左右か)のせん断ですから。 「普通に割る」のも、部分的に見れば滑らかです。ガラス屋さんがガラスを「切る」のも、ダイヤカッターで切れ目(細かいことを言えば削り目)をいれて、パカンと割っていま ...続きを読む
「切る」と「割る」の違いがどこになるのか、という問題がありますね。「慣性」力で、手で押される部分と、その場で留まる部分との間で「せん断」がおこっているのですが、
ハサミでモノを切るのも、下の刃と上の刃(上下でなく左右か)のせん断ですから。

「普通に割る」のも、部分的に見れば滑らかです。ガラス屋さんがガラスを「切る」のも、ダイヤカッターで切れ目(細かいことを言えば削り目)をいれて、パカンと割っています。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 37% (26/70)

 切れるには切れる(割れる?)のですが、刃物でものを切るのとは全然違います。手刀で叩くのは瓶の一番上の当たりです。上手くいくと瓶の首の下の方が切れ(割れ)ます。  ウイスキー瓶のように首と胴体の境目がはっきりしているものなら素人でもスピードのある人なら割れます。でも、ガラスの破片でケガをすることがあるのでやめた方がいいでしょうね。私も経験者です。
 切れるには切れる(割れる?)のですが、刃物でものを切るのとは全然違います。手刀で叩くのは瓶の一番上の当たりです。上手くいくと瓶の首の下の方が切れ(割れ)ます。
 ウイスキー瓶のように首と胴体の境目がはっきりしているものなら素人でもスピードのある人なら割れます。でも、ガラスの破片でケガをすることがあるのでやめた方がいいでしょうね。私も経験者です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ