OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

画期的な行革を行っている地方自治体って・・・?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.221045
  • 閲覧数416
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 95% (20/21)

今度の大学の研究課題で、行革についてのレポートが出たのですが、研究対
象を決めかねています。どこか、いいモデルとなる地方自治体をご存知の方、
御助言をお願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 行革といっても、組織改革、財政改革、意識改革など、色々あります。国が進めている行政改革ではなくて、市町村レベルでの住民に対する行政サービスなどの面での改革が行われているという観点では、

 環境・・・新潟県上越市・・ハイブリッドカー購入補助、生ごみ処理機購入補助

 福祉・・・東京都青梅市・・特別養護老人ホームの充実、介護保険料負担軽減、在宅介護の充実、国民健康保険料が安い

 窓口対応・・静岡県浜松市・・複数の手続きが一箇所で可能、平日の夜・土日に証明書の交付が可能、コンビニ・デパート等での手続きが可能、住民票の交付手数料が安い

 育児・・・東京都豊島区・・認可保育所の充実、夜間託児が可能、子どもの医療費助成年齢が高い、学童保育の充実

 水道・・・東京都羽村市・・・料金が安い

 住宅・・・東京都台東区・・低金利融資制度、購入時の助成金支給、賃貸住宅に家賃補助

 IT・・・千葉県市川市・・・公共施設予約、情報インフラ整備、ICカードでの証明手続き、コンビニや携帯電話で公共施設の予約や証明書類の予約申請が可能

 などを参考にしてください。
お礼コメント
kobanzame

お礼率 95% (20/21)

様々な具体例を挙げていただき、どうもありがとうございます。ほんと、行
革と一言でいったりしますが、その改革の方面も多岐に渡るんですよね。ま
だまだ勉強不足なので、アドバイスを参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2002-02-20 15:17:49
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 20% (40/191)

的外れを承知の上で、ニュージーランドの改革などは、もっと成功例に上げられてよいと思っております。 ...続きを読む
的外れを承知の上で、ニュージーランドの改革などは、もっと成功例に上げられてよいと思っております。
お礼コメント
kobanzame

お礼率 95% (20/21)

アドバイス、どうもありがとうございます。
ニュージーランドの行革の話は自分も聞いたことがあり、関心があります。
よくは覚えてないけど・・・参考にさせていただきます。
投稿日時 - 2002-02-20 15:28:47


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 36% (18/50)

都道府県単位でみますと、三重県がいちばん進んでいると言われています。根拠はよく知りませんが、何人かの公務員の知人に聞いたところ、そう言っておりました。 ...続きを読む
都道府県単位でみますと、三重県がいちばん進んでいると言われています。根拠はよく知りませんが、何人かの公務員の知人に聞いたところ、そう言っておりました。
お礼コメント
kobanzame

お礼率 95% (20/21)

ありがとうございます。
三重県は、行革の点ではほんと、全国で1,2を争う先進県ですよね。
自分も三重なら調べやすいと思いましたが、講義の中で取り上げられた
話題なのでした。トホホな状況なのです。
投稿日時 - 2002-02-20 15:35:38
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 29% (63/215)

具体的にひとつ。 横須賀市の電子自治体に向けた取り組みなんか結構お勧めです。 電子化と言っても、メインはインターネットの活用による省力化とサービスの向上です。 1年前、次のような目標を立てていました。どこまで実現していることでしょうか? one stop servies  住民が行政機関の窓口を回るのではなく、行政側が必要な情報を必要な場所に伝送する。(行政機関の窓口であれば、1カ所ですべて ...続きを読む
具体的にひとつ。
横須賀市の電子自治体に向けた取り組みなんか結構お勧めです。
電子化と言っても、メインはインターネットの活用による省力化とサービスの向上です。
1年前、次のような目標を立てていました。どこまで実現していることでしょうか?

one stop servies
 住民が行政機関の窓口を回るのではなく、行政側が必要な情報を必要な場所に伝送する。(行政機関の窓口であれば、1カ所ですべての用件を処理できる。)

none-stop services
 行政機関の都合によって、サービスが提供される時間が制限されるのではなく、住民が都合のいい時間に、いつでもサービスが受けられる。(24時間、365日、いつでも、サービスは必要な時間に受けられる。)

multiple service
 居住地に関係なく、どこでもサービスが受けられる。(居住地と関係なく、国民・住民がもっとも都合のいい行政機関で用件を処理できる。)


さらに、インターネット入札、まちづくり総合カードを導入していました。
インターネット入札
 入札制度を指名競争入札から条件付一般競争入札に変えるとともに、従来、掲示板に紙で掲示していた入札公告をネットのサイトのみで行い、入札書は郵送で送付することとした。

まちづくり総合カード
 まちの共通情報基盤として、ICカードによる本人確認システムを整備し、1枚のカードで、複数の行政・民間サービスを受けることができる鍵の役割を持たせる。
お礼コメント
kobanzame

お礼率 95% (20/21)

面白そうな取組みですね。「省力化サービスの向上」には興味を持ちました。
少し、横須賀市のHPを覗いてみます。この計画が進んでればよいのです
が。どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-20 15:24:54
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ