OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

公示価格を知るには?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.213474
  • 閲覧数643
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 68% (13/19)

現在借家住まいです。
自分の住んでいる土地の公示価格を
知るにはどうしたらいいのでしょうか?
法務局でわかるのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

公示価格は、インターネットで調べられます。
参考urlをご覧ください。

又、公示価格・地価調査の閲覧場所として、市役所都市計画課や県庁の住宅都市部開発指導課、県の各土木事務所でも閲覧できます。

更に、「国税庁・路線価図等閲覧」も下記のページで閲覧できます。
http://www.nta.go.jp/category/rosenka/rosenka.htm

下記のページも参考にしてください。
http://www.tk-plus.com/tikatyousa.html
お礼コメント
delmondo

お礼率 68% (13/19)

kyaezawaさん 大変有効な情報有難うございました。
色々あって少しでも多くの情報が欲しいときでしたので
本当に助かりました。

ありがとうございました。_(_^_)_
投稿日時 - 2002-02-07 23:40:49
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 公示価格は、法務局では資料がないと思われます。役所の税務課が、固定資産税の課税資料として持っています、  ただし、基準地のみの公示価格ですので、知りたい土地が基準地でない場合には、公示価格はありません。市の場合は数箇所を基準地として、商業地域、住宅地域などに区分して公示価格が公表されていますが、町村の場合には2~5箇所程度しか基準地が設定されていません。  知りたい土地が基準地でない場合には ...続きを読む
 公示価格は、法務局では資料がないと思われます。役所の税務課が、固定資産税の課税資料として持っています、

 ただし、基準地のみの公示価格ですので、知りたい土地が基準地でない場合には、公示価格はありません。市の場合は数箇所を基準地として、商業地域、住宅地域などに区分して公示価格が公表されていますが、町村の場合には2~5箇所程度しか基準地が設定されていません。

 知りたい土地が基準地でない場合には、役所の税務課の固定資産税担当に、自分の土地の評価額から推計してもらう方法しかありません。
お礼コメント
delmondo

お礼率 68% (13/19)

ありがとうございます。

因に不動産屋さんというのは公示価格に
幾らか上乗せして販売するのでしょうか?
投稿日時 - 2002-02-07 23:47:05
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 No2です。実際の売買価格は、公示価格の2~3倍程度かと思います。公示価格は固定資産税の評価に使ったりしますので、実際の売買価格ではなくて、土地の価値や評価価格という意味合いで使っています。その額を基準にして、登記をするときの登録免許税の算出をします。  実勢売買価格は、当然公示価格の増減率が売買価格に反映されるでしょうが、売る側と買う側の交渉によりますので、公示価格にいくら上乗せをしているかは、 ...続きを読む
 No2です。実際の売買価格は、公示価格の2~3倍程度かと思います。公示価格は固定資産税の評価に使ったりしますので、実際の売買価格ではなくて、土地の価値や評価価格という意味合いで使っています。その額を基準にして、登記をするときの登録免許税の算出をします。

 実勢売買価格は、当然公示価格の増減率が売買価格に反映されるでしょうが、売る側と買う側の交渉によりますので、公示価格にいくら上乗せをしているかは、地域やその土地の用途によって異なります。一般的には、公示価格の2~3倍かと思われますが、この率もさまざまでしょう。
  • 回答No.4

#1の追加です。 地価にはいろいろな基準があり、通常、売買されるのが実勢価格です。 その他については、下記のとおりです。 「公示価格」 国土交通省が3月下旬に公表する、1月1日時点の標準地の価格です。   「基準地価」 都道府県知事が9月下旬に公表する、7月1日時点の基準地の価格です。公示価格と同じ性質の価格です。   「路線価」 公示価格の8割を目安に、国税庁が8月初旬に公表する、 ...続きを読む
#1の追加です。

地価にはいろいろな基準があり、通常、売買されるのが実勢価格です。
その他については、下記のとおりです。

「公示価格」 国土交通省が3月下旬に公表する、1月1日時点の標準地の価格です。
 
「基準地価」 都道府県知事が9月下旬に公表する、7月1日時点の基準地の価格です。公示価格と同じ性質の価格です。
 
「路線価」 公示価格の8割を目安に、国税庁が8月初旬に公表する、市街地の道路に付けられた標準的な土地の価格です。相続税・贈与税の算出に使います。
 
ある資料によると、実勢価格を100とした場合、公示価格が70-80%、路線価が50-60%、固定資産税評価額が20-40%と言われています。
詳細は、参考urlをご覧ください。

ただ、今のように土地の価格が下がっている場合は、実勢価格と公示価格の差は縮まってきますから、一概に70-80とは言えない場合も有ります。

その物件の、状況と所在地により、かなり左右されます。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ