OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

双子がテーマのおすすめ小説

  • 暇なときにでも
  • 質問No.210424
  • 閲覧数483
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 87% (135/155)

一人っ子の私は双子にとても興味があります。
そこで双子を題材にした小説で「傑作」と思える
ものって何かないでしょうか?国内・海外どちらもいいです。
ただし恋愛ものは苦手ですので、除外します。
双子の片方が、まだみぬもう片方を探しにいくとかいうようなのも除外です。
双子が二人で何かする、というような内容が希望です。
どうかよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

私がちょっと前に読んでおもしろいと思ったのは、宮部みゆきさんの
「ステップファザー・ステップ」という推理小説です。
ひょんなことから泥棒と一卵性の双子が知り合いになり、身近に起こる事件を
解決していくというお話です。
これはドラマのように全部で7話のストーリーからなっているのですが、
途中の1話だけを読んでも充分に内容がわかるようになっています。
読者の感想が書かれたページを載せておきますので、参考にしてくださいね。
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

どうもありがとうございます。
読みやすそうな感じですね。
今度探してみます!
投稿日時 - 2002-02-04 15:10:46
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

定番中の定番ですが、ケストナーの「ふたりのロッテ」を外すわけにはいかないでしょう(^^) ふたりのロッテ 岩波少年文庫 2013 エーリッヒ・ケストナー著、高橋健二訳 1975.1.1 岩波書店刊 \600 ただし、残念ながら現在は在庫切れとのこと。 名作なので、図書館に行けばきっとあると思いますが。 ...続きを読む
定番中の定番ですが、ケストナーの「ふたりのロッテ」を外すわけにはいかないでしょう(^^)

ふたりのロッテ 岩波少年文庫 2013
エーリッヒ・ケストナー著、高橋健二訳 1975.1.1 岩波書店刊 \600

ただし、残念ながら現在は在庫切れとのこと。
名作なので、図書館に行けばきっとあると思いますが。
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

どうもありがとうございます。
タイトルは聞いたことあります!
ずいぶん古い作品ですがそれだけ
名作ということなんでしょう。
入門編として読んでみます。
投稿日時 - 2002-02-04 15:07:48
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 33% (44/131)

推理小説でよければ、西村京太郎さんの「殺しの双曲線」をおすすめします。 これは、はじめに「この小説は双子がキーワードとなります」、という作者の断り書きがあってはじまる異色の推理小説です。 ...続きを読む
推理小説でよければ、西村京太郎さんの「殺しの双曲線」をおすすめします。
これは、はじめに「この小説は双子がキーワードとなります」、という作者の断り書きがあってはじまる異色の推理小説です。
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

どうもありがとうございます。
作者さんは知ってます。
はじめにキーワードをいっちゃう
推理小説ってのもおもしろいですね。
本屋で探してみます。
投稿日時 - 2002-02-04 15:09:31
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 38% (228/595)

トマス・トライオンの「悪を呼ぶ少年」角川文庫(参考URL) 分野はホラーですが、ノスタルジックな「少年のひと夏」がよく描けていて、「少年」は双子です。 同様にミステリアスな双子小説としては、 アゴタ・クリストフの三部作(「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」ハヤカワ文庫)が名作だと思います。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/415120002 ...続きを読む
トマス・トライオンの「悪を呼ぶ少年」角川文庫(参考URL)
分野はホラーですが、ノスタルジックな「少年のひと夏」がよく描けていて、「少年」は双子です。

同様にミステリアスな双子小説としては、
アゴタ・クリストフの三部作(「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」ハヤカワ文庫)が名作だと思います。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151200029/ref=pd_sim_b_dp_1_1/249-7193007-0810753
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

どうもありがとうございます。
みなさん推理小説やホラーものが多いですね。
海外物も良さそうなので探してみます!
投稿日時 - 2002-02-04 15:12:45
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 22% (4/18)

吉村達也『ふたご』(角川ホラー文庫) 全編にわたって展開するパーフェクトツインズ理論は圧巻。しかも単なる説明に陥らずに物語にうまく組込んでいますね。巧み。全く同一の双子が存在する恐怖のお話です。 今すぐ吉村さんのホムペへGO! ...続きを読む
吉村達也『ふたご』(角川ホラー文庫)

全編にわたって展開するパーフェクトツインズ理論は圧巻。しかも単なる説明に陥らずに物語にうまく組込んでいますね。巧み。全く同一の双子が存在する恐怖のお話です。

今すぐ吉村さんのホムペへGO!
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

どうもありがとうございます。
ずばりそのままのタイトルですね。
双子であることを生かした作品を探しているので
これは良さそうです。ぜひ読んでみます。
正直、ホラーは得意ではないですが・・
投稿日時 - 2002-02-04 15:15:51
  • 回答No.6

「ダブル/ダブル」という双子がテーマの短編アンソロジーがあります。(白水社uブックス) 関係ないけど、双子だと思ったら三つ子、いや四つ子なんてミステリにはありがちですね。 「どうして死んだ人が、また現れたんだ?」 「僕にはわかったね、殺されたのは双子だったのだ」 「それは、ダメだよ。アンフェアだ。」 「どうしてだ?双子だって結婚するし、殺人だってするだろう、君は双子に人権をみとめないのか!」 ...続きを読む
「ダブル/ダブル」という双子がテーマの短編アンソロジーがあります。(白水社uブックス)

関係ないけど、双子だと思ったら三つ子、いや四つ子なんてミステリにはありがちですね。
「どうして死んだ人が、また現れたんだ?」
「僕にはわかったね、殺されたのは双子だったのだ」
「それは、ダメだよ。アンフェアだ。」
「どうしてだ?双子だって結婚するし、殺人だってするだろう、君は双子に人権をみとめないのか!」
「だって、2回殺された後にもまた訪ねて来たんだよ」
「じゃあ、3つ子」
お礼コメント
ortembaar

お礼率 87% (135/155)

ありがとうございます。
これまたずばりのタイトルですね。
そうですか、ミステリ小説は詳しくないので
知りませんでしたが、やはり題材にはもってこいなんでしょうねー。
双子ってほんとミステリアス。
投稿日時 - 2002-02-06 19:18:14
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ