OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

オデッセイのクーラント液(冷却液)交換

  • すぐに回答を!
  • 質問No.206512
  • 閲覧数2055
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 48% (15/31)

オデッセイが車検(3回目)の日を向かえ自分で点検整備をしているのですが、今回は自分でクーラント液(冷却液)の交換をしようと思っています。初めてなので分からない事だらけです。

過去の質問を検索したら下記の回答で、だいたいの交換方法は分かるのですが、オデッセイならではの注意点とか、このように交換したという経験談などを教えて下さい。
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=186520

ちなみに、バンパー下にある白いキャップがラジエーターのドレンプラグでいいのでしょうか
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

参照していただいた文を投稿した者ですが、ドレーンプラグはラジエーター下部にある白い樹脂製のネジです。オデッセイであるから特にということはありませんが、ホンダ車にはエンジンのラジエーターアッパーホース取り付け部近くに冷却水通路のエアー抜きようのボルトがついていますので、それを活用すればエアー抜きが楽になります。エアー抜きボルトの形状は12ミリの6角ボルトの中央に穴がありホースが接続(ブレーキのブリーダーボルトの大きな物)できるようになっているものです。実際にどのように使うかというと、通常どおりの手順でラジエーターにクーラントを補給(補給するときこのボルトは緩めておくと補給が容易になります)した後ラジエーターキャップを閉め、数十秒程度エンジンを運転し、その後にこのボルトを少し緩めます。このときボルトにホースを付けておき、不要なペットボトルなどにホースの端を入れておけば周囲を汚すことなく作業できます。エアーが出なくなったところで、ボルトを軽く締めて、再度キャップよりクーラントを補給します。この作業をボルトからエアーが出なくなるまで繰り返し、最後にしっかりと閉めこみます。このボルトを使用せずに通常の作業手順でおこなっても可能ですが、利用したほうが早くできると思います。またボルトは1回転程度緩めるだけで、取り外す必要はありません。

その他の項目は一般的な注意事項をよく理解して行えば問題ないでしょう。
お礼コメント
DrStrangelove

お礼率 48% (15/31)

丁寧な説明ありがとうございます。

実際にクーラント液の交換をして、その感想を交えてお礼をしようと思っていましたが、忙しくなりクーラント液の交換の時間がとれず、点検項目も調整で車検を通してしまいました。

また、忙しさに紛れお礼が遅れて申し訳ありません。

まだクーラント液の交換が済んでいませんので、落ち着いたら回答の方法で交換しようと思います。
投稿日時 - 2002-02-11 08:54:44
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ