OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

おすすめの歴史小説

  • 困ってます
  • 質問No.203658
  • 閲覧数113
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 35% (111/315)

 日本の古代史に関する小説でおすすめがあったら教えてください。ミステリーでもかまいません。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 39% (276/696)

黒岩さんは面白いですよね。

豊田有恒さんの本もドラマチックで面白かったですよ。
最近は例の捏造についても書かれたり…
下記URLのものや、講談社文庫の「大友の皇子東下り」など
大胆な推理にどきどきしました。(古本じゃないとないかも…)

折口信夫の「死者の書」も不思議な世界に浸れます。
梅原さんの本がお好きでしたらかなりお勧めですね。
(中公文庫でまだあったかな…大きい図書館には、全集に入ったのがあると思います)
お礼コメント
ekubo

お礼率 35% (111/315)

 参考URL拝見しました。かなり興味を引かれる本がありました。
 ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-23 20:28:28
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 57% (16/28)

黒岩重吾さんがたくさんの作品を書かれていて、おもしろく読みました。 (例「天風の彩王」=藤原不比等を扱ったもの。「磐舟の光芒」=守屋と馬子を扱ったもの、などなど) 作者名などで検索してみるとよいと思います。 それから、小説ではなく、論説のようなジャンルだと思うのですが、梅原猛さんの「隠された十字架」「黄泉王(よみのおおきみ)」は、とてもエキサイティングでした。前者は、聖徳太子と法隆寺建立の謎 ...続きを読む
黒岩重吾さんがたくさんの作品を書かれていて、おもしろく読みました。
(例「天風の彩王」=藤原不比等を扱ったもの。「磐舟の光芒」=守屋と馬子を扱ったもの、などなど)

作者名などで検索してみるとよいと思います。

それから、小説ではなく、論説のようなジャンルだと思うのですが、梅原猛さんの「隠された十字架」「黄泉王(よみのおおきみ)」は、とてもエキサイティングでした。前者は、聖徳太子と法隆寺建立の謎に、独自の視点からせまったもの。後者は高松塚古墳に埋葬された人物を推理するものです。

では。
お礼コメント
ekubo

お礼率 35% (111/315)

 梅原猛の著書はだいたい読破しました。おもしろいですよね。「黄泉王」は、怖かった・・・。
 黒岩重吾は、同郷ということもあって学生のころは、よく読みました。最近は、ご無沙汰・・・。久しぶりに読んでみようと思います。
 ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-23 12:34:37
  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/4)

 私は幕末関係(特に新撰組)が好きでよく読んでいますが、作品だと「新撰組風雲録」は新撰組系の中でも異色でおもしろかったです。作者だと司馬遼太郎や池波正太郎、kuboshinさんが書かれている黒岩重吉なんかもおもしろいと思います。  あと作者は覚えていないのですが、「天正水滸伝」(大阪冬の陣・夏の陣を扱ったもので淀君を中心に描かれていた)というのもおもしろかったです。  好きな時代のものから読まれてみて ...続きを読む
 私は幕末関係(特に新撰組)が好きでよく読んでいますが、作品だと「新撰組風雲録」は新撰組系の中でも異色でおもしろかったです。作者だと司馬遼太郎や池波正太郎、kuboshinさんが書かれている黒岩重吉なんかもおもしろいと思います。
 あと作者は覚えていないのですが、「天正水滸伝」(大阪冬の陣・夏の陣を扱ったもので淀君を中心に描かれていた)というのもおもしろかったです。
 好きな時代のものから読まれてみてはいかがでしょう。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ