OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

新株の発行制度について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.201505
  • 閲覧数55
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 66% (4/6)

「議決権のない株式の発行制限が、発行済み株式総数の3分の1から2分の1までに引き上げられることになる」
というのは具体的にどういうことですか?
教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

議決権のない株式とは、株主総会での議決権がなく、配当を受け取る権利だけがある株式で、議決権がない代わりに普通株式よりも優先的に配当が受けられます。 ただし、優先的に配当がされない場合には、議決権が発生します。 配当金を得ることが目的で、その企業に対して経営参加する意思の無い投資家にはメリットがあり、発行企業にとってのメリットは、経営を支配をされる心配がなく、資金調達ができることです。 商法の規定 ...続きを読む
議決権のない株式とは、株主総会での議決権がなく、配当を受け取る権利だけがある株式で、議決権がない代わりに普通株式よりも優先的に配当が受けられます。
ただし、優先的に配当がされない場合には、議決権が発生します。
配当金を得ることが目的で、その企業に対して経営参加する意思の無い投資家にはメリットがあり、発行企業にとってのメリットは、経営を支配をされる心配がなく、資金調達ができることです。

商法の規定では、この無議決権株式発行枠を、発行済株式数の3分の1までしか認めていなかったのが、2分の1まで発行できるようになるということです。
お礼コメント
hatoma

お礼率 66% (4/6)

なるほど、とてもよくわかりました。
ありがとうございました!!
投稿日時 - 2002-01-19 22:53:53


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ