OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

謹賀新年とあけましておめでとうを併記してよいのでしょうか

  • すぐに回答を!
  • 質問No.189647
  • 閲覧数1590
  • ありがとう数35
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

年賀状を作る季節ですね。最近は賀状ソフトで簡単にできますが、今日作っていて疑問に思ったことがあります。
それは、「謹賀新年」のイラストを挿入したあと同じ年賀状に「あけましておめでとう」の文字イラストも挿入したのですが、これって同じ意味のことを意味しますよね。
この場合、どちらかの文字を入れたら残りは入れないのが常識のような気がするのですが、イラストが両方ともかわいいので、捨てがたいと思っています。
実際は、両方の文字を入れるのは非常識なのでしょうか?
どなたか教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

基本的には常識はずれでしょう。
でもその常識を知らない相手なら問題なしということですね。
以下のサイトで詳しく解説があります。
お礼コメント
noname#8061

URL参考になりました。やはり非常識ですか?
皆さんのご意見を参考にして、1つだけにします。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-24 00:04:54
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

それは、、、いくらカワユイからと言って、、、【賀詞】・・・オメデタイ言葉の見本帳のようになると思いますよ! ...続きを読む
それは、、、いくらカワユイからと言って、、、【賀詞】・・・オメデタイ言葉の見本帳のようになると思いますよ!
お礼コメント
noname#8061

早速ありがとうございました。そうですよね、馬から落ちて落馬したというようなもので、非常識ですよね。
投稿日時 - 2001-12-23 20:51:08
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 41% (209/501)

非常識でしょうねぇ…、やはり 「謹賀」→ つつしんで喜ぶこと 小学校の頃、先生に怒られた記憶を今でも鮮明に覚えています。 ...続きを読む
非常識でしょうねぇ…、やはり

「謹賀」→ つつしんで喜ぶこと

小学校の頃、先生に怒られた記憶を今でも鮮明に覚えています。
お礼コメント
noname#8061

そうですか、やっぱり。早速ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-23 20:45:34
  • 回答No.3

解決策があります。 謹賀新年、迎春、頌春(しょうしゅん)はもともと中国語なのでハガキの上部に横書きでイラスト風に書き、本文は下部に縦書きで書けば誰も非常識とは思わないでしょう。クリスマスカードでもMerry Christmasと印刷されたカードに日本語で改めてクリスマスおめでとうと書く人がいますよ。年賀状が全面印刷で肉筆で何も書かれていない最近の風潮こそ非常識であり、失礼だと思いますよ。 ...続きを読む
解決策があります。
謹賀新年、迎春、頌春(しょうしゅん)はもともと中国語なのでハガキの上部に横書きでイラスト風に書き、本文は下部に縦書きで書けば誰も非常識とは思わないでしょう。クリスマスカードでもMerry Christmasと印刷されたカードに日本語で改めてクリスマスおめでとうと書く人がいますよ。年賀状が全面印刷で肉筆で何も書かれていない最近の風潮こそ非常識であり、失礼だと思いますよ。
お礼コメント
noname#8061

なるほど。心強いアドバイスをありがとうございました。実は私が今考えているレイアウトはまさしくmartinbuhoさんのアドバイスのとおりなんです。
このレイアウトだとそんなにおかしくないなと思ったのですが、しかし他の方のおっしゃるとおり言葉が重なるのも変だなと心配になって、質問したのです。
もう一回良く考えてみます。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-23 20:57:45
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ