-PR-
締切り
済み

贈与税

  • 暇なときにでも
  • 質問No.1893
  • 閲覧数170
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

現在住んでいる家の名義を変更する場合、生前贈与と、死後贈与でどのような
違いがでてくるのでしょうか?
教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1

死後贈与という表現は法律上ないはずです。 いわゆる死後贈与とは相続になります。 税率は相続税・贈与税共に70%が最高となります。 しかし、課税価格によって税率が異なりますので なんとも言えません。 一応、リンクを載せておきますのでご参照なさってみては いかがでしょうか? ...続きを読む
死後贈与という表現は法律上ないはずです。
いわゆる死後贈与とは相続になります。

税率は相続税・贈与税共に70%が最高となります。
しかし、課税価格によって税率が異なりますので
なんとも言えません。
一応、リンクを載せておきますのでご参照なさってみては
いかがでしょうか?
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 43% (45/104)

法定相続人である配偶者や子どもに名義変更するということでしたら、課税額は大きく異なります。 贈与の場合、控除額は一律60万円までですから、課税価額(=評価額-60万円)は相続の場合よりもかなり多くなります。税率は同じでも収めなければならない税金は生前贈与の場合のほうが圧倒的に高くなります。
法定相続人である配偶者や子どもに名義変更するということでしたら、課税額は大きく異なります。
贈与の場合、控除額は一律60万円までですから、課税価額(=評価額-60万円)は相続の場合よりもかなり多くなります。税率は同じでも収めなければならない税金は生前贈与の場合のほうが圧倒的に高くなります。
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 40% (2/5)

新しい答えが登録されないようですので,一言。 一般的には、贈与税のほうが相続税より高率ですが、住宅に限り生前贈与の特例がある。 贈与は夫婦間ですか、親子間ですか? お答え頂ければ、詳しく回答します。
新しい答えが登録されないようですので,一言。
一般的には、贈与税のほうが相続税より高率ですが、住宅に限り生前贈与の特例がある。
贈与は夫婦間ですか、親子間ですか?
お答え頂ければ、詳しく回答します。
  • 回答No.4
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

 質問の趣旨が、財産を貰う方法のことなのか、税金のことなのかわかりませんので、とりあえず、簡単に答えます。  質問者が生前贈与、死後贈与と言われることは、どちらも贈与する人と貰う人との間で財産の贈与について合意すればよいのですが、死後贈与と言われているのは、贈与する人が生前に貰う人との間で死因贈与契約書を作成したり、遺言書を残している場合などでないとできません。贈与する人が何の書類も残さずに死亡した場合 ...続きを読む
 質問の趣旨が、財産を貰う方法のことなのか、税金のことなのかわかりませんので、とりあえず、簡単に答えます。
 質問者が生前贈与、死後贈与と言われることは、どちらも贈与する人と貰う人との間で財産の贈与について合意すればよいのですが、死後贈与と言われているのは、贈与する人が生前に貰う人との間で死因贈与契約書を作成したり、遺言書を残している場合などでないとできません。贈与する人が何の書類も残さずに死亡した場合は、貰う人が相続人の場合は、他の相続人との遺産の分割協議をする必要があります。ちなみに死後贈与という表現は使わず、遺贈などといいます。
 税金面では、贈与税と相続税では計算方法が違うので一概には言えませんが、一般的には、贈与税のほうが高いと思います。しかし、贈与する人の総遺産が高額の場合、贈与税より相続税のほうが割高になる場合があります。貰う財産の評価や贈与する人の総財産、相続人の数などによっては、贈与税のほうが特になる場合もあります。 
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ