OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

腱鞘炎?リュウマチ?

  • 困ってます
  • 質問No.189080
  • 閲覧数395
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 40% (2/5)

コンビニに勤め始めてからふしぶしがいたくなりました。
(別の仕事で月に二回ほど本を500冊配っています)
まず朝起き掛けに指がこわばります。
二週間ほどして右の肘がいわゆる「テニス肘」の症状になりました。
それをかばっていたせいか今朝から左の手首が痛くなりました。
右肘は少しずつ良くなっているように思われます。
これってリュウマチの症状ですか?
初めての質問です。分かる方よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

勘でお話をすることはためらいますが、リュウマチよりも、酷使したことによる関節の炎症だと思いますよ。もちろん肘の関節炎だけでなく手首の腱鞘炎も考えないといけないと思います。こうした炎症でも朝のこわばりなども十分に説明可能です。 できましたらお時間をつくって整形外科に受診してください。痛いときは「冷却、安静」がいいですが、治癒の途上では別の方法が勧められることもあります。独自治療されずに整形外科の専門医 ...続きを読む
勘でお話をすることはためらいますが、リュウマチよりも、酷使したことによる関節の炎症だと思いますよ。もちろん肘の関節炎だけでなく手首の腱鞘炎も考えないといけないと思います。こうした炎症でも朝のこわばりなども十分に説明可能です。

できましたらお時間をつくって整形外科に受診してください。痛いときは「冷却、安静」がいいですが、治癒の途上では別の方法が勧められることもあります。独自治療されずに整形外科の専門医の指導にしたがわれるのが得策です。

なお、『テニス肘、腱鞘炎、手根管症候群』などで過去の質問を検索されると疾患についての情報が手に入りますよ。
お礼コメント
nnnnaaa

お礼率 40% (2/5)

さっそくの回答有難うございます。
病院も休みですのでできるだけ「安静」を心掛け(主婦にはなかなか難しいのですが)様子を見て医者にかかろうと思っています。
投稿日時 - 2001-12-22 12:52:06
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 32% (23/70)

こんにちわ。 あなたの質問だけでは、腱鞘炎なのかリウマチなのかは判じかねます。 腱鞘炎は手の使い過ぎなどの反復する手の動作の刺激によるものが多くて、腱および腱鞘の炎症が原因です。 また、リウマチ性のものもあります。 腱鞘炎の治療には、痛む部分を使わないよう安静を保つことが1番です。 こちらは治る見込みが高いようです。 リウマチは自己免疫の病気(らしい)です。 原因は(ウイルス、細菌など) ...続きを読む
こんにちわ。
あなたの質問だけでは、腱鞘炎なのかリウマチなのかは判じかねます。
腱鞘炎は手の使い過ぎなどの反復する手の動作の刺激によるものが多くて、腱および腱鞘の炎症が原因です。
また、リウマチ性のものもあります。
腱鞘炎の治療には、痛む部分を使わないよう安静を保つことが1番です。
こちらは治る見込みが高いようです。

リウマチは自己免疫の病気(らしい)です。
原因は(ウイルス、細菌など)一つだけではなく、複数の要因が複雑に重なり合って発病に至ります。
悪くなったりを何年にもわたって繰り返しながら、少しずつ関節症状が悪化していくことが多く、
完全に治る事はあまり見込めないようです
(全くないと言う事でなく)
どちらにせよ、悪くならないうちに早く病院に行って診察してもらうのが良いと思います。
医者でないと、腱鞘炎かリウマチかの判断ができませんし
有効な薬ももらえません。
お大事に。
お礼コメント
nnnnaaa

お礼率 40% (2/5)

さっそくの回答ありがとうございます。
医者も休みなので様子をみて休み明けにでも行ってみようと思います。
投稿日時 - 2001-12-22 12:46:28
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ