OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

狛犬の

  • 暇なときにでも
  • 質問No.177564
  • 閲覧数301
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

口の中に石の球があったんです。
直径15cmくらい。
口の隙間から手を入れ触ると、ごろごろと動く。

ですが狛犬の歯は隙間があるものの
石球を取り出すことはできないんです。
勿論、同じ石球を用意しても入れることはできないでしょう。

そこで「疑問」なのですが
「これ」はどうやって作ったのでしょう?

忙しそうな巫女さんに聞くのも憚られたので、
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さいませ。m(_ _)m 
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 37% (170/453)

あれはひとつの石を彫って作ってあります。つまり、口の中を彫って空洞にするさい、玉の部分を残して彫るわけです。
お礼コメント
noname#2626

ありがとうございました。m(_ _)m 

もしや、とは思いましたがやはりそうでしたか。

実に器用な職人技ですね★
投稿日時 - 2001-11-30 21:28:25
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 34% (253/734)

 ご質問の回答は出ましたが、余談を一つ。 毛沢東との覇権争いに敗れた蒋介石が中国から脱出する際、故宮から「持ち出して運ぶのに手間のかからない」大きさの宝物を台湾に持っていったそうです。その中にとんでもない物があるとのこと(故宮博物院)。  直径は約15cm、象牙の玉の表面にまんべんなく彫刻を施します。凸凹の凹の部分を軽く掘り下げ、なんと「スカし彫りの玉の中に一回り小さい玉」を作ります。そこからがま ...続きを読む
 ご質問の回答は出ましたが、余談を一つ。
毛沢東との覇権争いに敗れた蒋介石が中国から脱出する際、故宮から「持ち出して運ぶのに手間のかからない」大きさの宝物を台湾に持っていったそうです。その中にとんでもない物があるとのこと(故宮博物院)。

 直径は約15cm、象牙の玉の表面にまんべんなく彫刻を施します。凸凹の凹の部分を軽く掘り下げ、なんと「スカし彫りの玉の中に一回り小さい玉」を作ります。そこからがまた凄く、内側の玉にまた彫刻をして、を繰り返し・・・・なんとできあがったのはなんと26層にもなった象牙のスカし彫りの玉!
 職人が親方から弟子へと何世代もかけて完成し、100年を越える歳月がかかっているとか。
 ロシアの民芸人形「マトリョーシカ」のイメージです。
(これは、台湾の故旧博物院だけでなく、なんと山梨県中道町「幸せの丘 ありあんす」にもあるそうです)

件の狛犬の口中の球の「ウルトラ」応用版ですね。
お礼コメント
noname#2626

それはすごい!是非見たいです。
投稿日時 - 2001-12-02 11:19:18


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ