OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

トランジスタの動作原理について

  • 困ってます
  • 質問No.174411
  • 閲覧数1317
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 79% (23/29)

トランジスタ(エミッタ接地)回路において
コレクタに接続された抵抗 Rc 、ベースに接続された抵抗 Rb は
どのうな役割があるのでしょうか。

何分、苦手な分野なので分かり易く説明していただくとうれしいです。
どなたかご指南お願いします!
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 61% (647/1050)

 
  記憶が古いので間違っているかも知れませんが。
  トランジスタは、コレクタとエミッタのあいだに流れる電流を、ベースにかけた電流でコントロールするものです。普通、増幅素子として使われます。ベースに、例えば、最大1マイクロAの波形電流を流すと、例えば、コレクタとエミッタ間には、その10倍の最大10マイクロAの波形電流が流れるようにするものです(増幅率はトランジスタによって違います)。
 
  この場合、ベースについている抵抗は、増幅率は、トランジスタによって定まっているので、この値を修正するため入っているのだと思います。抵抗があれば、ベースにかかる電流の値が低くなり、増幅率が下がるからです。
  また、コレクタに入っている抵抗も同じように増幅電流を減少させる効果がありますが、これは恐らく、コレクタとエミッタのあいだで、大きすぎる電流が流れた時、これを消費するために入っているのではないでしょうか。つまり、トランジスタが過剰電流によって壊れるのを防ぐためだと思えます。
 
  無論、他にコンデンサ・コイル等が回路に入っている場合は、これらのベース抵抗も、コレクタ抵抗も、意味が少し変わって来ると思いますが、いまの話では、抵抗だけが入っている場合なので、こうではないかと思います。
 
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

回路図がないので、話がかみ合わないかも知れませんが。 トランジスタは、電流増幅素子(電流→電流)です。(真空管は電圧→電流増幅) ところが、一般の増幅回路の目的は電圧増幅(電圧→電圧)です。 RBは入力電圧から目的レベルの入力電流を得るため(電流制限抵抗)、逆にRCはコレクタ電流を出力電圧に変える抵抗(負荷抵抗)のはずです。 ...続きを読む
回路図がないので、話がかみ合わないかも知れませんが。
トランジスタは、電流増幅素子(電流→電流)です。(真空管は電圧→電流増幅)
ところが、一般の増幅回路の目的は電圧増幅(電圧→電圧)です。
RBは入力電圧から目的レベルの入力電流を得るため(電流制限抵抗)、逆にRCはコレクタ電流を出力電圧に変える抵抗(負荷抵抗)のはずです。
お礼コメント
meke2

お礼率 79% (23/29)

starfloraさん、ymmasayanさん、ご回答ありがとうございます!
この場を借りてお二方にお礼させて頂きます。

うーん。やっぱりムズカシイですね。。。トランジスタ。
Rcが過剰電流で壊れるのを防ぐものだったり、負荷抵抗であったり‥‥
ご回答参考になりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-11-25 23:58:18


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ