OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

自動車保険で修理後のトラブル

  • 困ってます
  • 質問No.168806
  • 閲覧数539
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (9/9)

 一年程前に車の事故をしまして、その事故がリヤタイヤの真横から突っ込まれた事故でした。相手の車は、廃車、自分の車は、自走は、できる状態でした。
 車両保険を使い修理しました。11ヶ月くらい乗って走行中乗り心地がやたら悪いな思っていたら、タイヤがパンクしてしまいました。内べりがひどく、ワイヤが出ていました、ディーラーに言ったところ、保障期間が過ぎていて取り合ってくれません。そのときの修理の明細をみるとアライメントの修正が含まれておらず、保険会社に連絡して明細をもらったところ、やっぱりアライメントの修正がなく、この事故の場合、絶対修正しなくては、いけないのでは、といったところ、ディーラーは、修正したといい、保険会社も、ディーラーが修正したと言って、金は出せないといいます。アライメンとの修正は、明細に載らないともいって、こういった場合、あきらめるしかないんでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

こんばんは。
補足が届きましたので、またアドバイスさせていただきます。

ベアリングのガタが原因というのであれば、たしかにそういう説明も成り立つかもしれません。
teturoさんのお乗りの車が何年式か分からないのですが、新車保証期間内であれば、クレームで修理させるという手も考えられます。
もし、ディーラーで「ベアリングのガタは、事故によるものだからクレームの対象にならない」と言ってきた場合には、そこで修理の手抜きを追求できるんじゃないでしょうか?

また、ディーラーがアライメント修理をしたと妄言を吐くのであれば、肉親、若しくは知人と付き合いのある整備工場でみてもらい、アライメントの適切な調整をしていなかったことを実証してもらう。というのも作戦です。
たとえアライメント調整をしていたとしても、それが適正値に収まってなければ、何の意味もありませんから。

また、それでもディーラーや保険会社が、再修理を拒むのであれば、事故の当事者本人に掛け合ってみるのもいいかもしれません。

ただし、示談書を交わされているんであれば、これは私も何度か書いたことがあるんですけど、その内容に「今後、この件に関して一切の申し立てをしません」というような文言が入っていたかと思うんですけど、こうなってしまうとかなり厳しいと言わざるをえません。

そのでなのですが、一度この質問を締め切って、「書類上の有効性」についてのご質問をあらためてしてみたらどうでしょうか?
全くお役に立てずに申し訳ありません。

実は私は今、クレーム修理の件でディーラーとやりあっている最中です。ホント人を馬鹿にしますよね!!
お互い頑張りましょう。
お礼コメント
teturo

お礼率 100% (9/9)

reisonさん再びアドバイスいただきましてありがとうございます。
 なんとかやれるとこまでは、がんばってみます。ほんとうにありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-17 07:11:01
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

はじめまして。 自分はそういった経験をしたことがないので、自分だったらという仮定で説明させていただきます。 まず、「パンクの原因」と「事故修理時の手抜き」との因果関係をはっきりさせる必要があると考えられます。 アライメントは通常の使用でも狂ってくるものですから、その度合い(数値)が極端に違うようであれば、明らかに修理の手抜きによるものであるといってもいいでしょう。 また、修理明細に載っ ...続きを読む
はじめまして。

自分はそういった経験をしたことがないので、自分だったらという仮定で説明させていただきます。

まず、「パンクの原因」と「事故修理時の手抜き」との因果関係をはっきりさせる必要があると考えられます。
アライメントは通常の使用でも狂ってくるものですから、その度合い(数値)が極端に違うようであれば、明らかに修理の手抜きによるものであるといってもいいでしょう。

また、修理明細に載ってないとのことですが、この件については、通常の商取り引きであれば明細に記載するのが常識です。
車修理の世界では載せないのが通例と言われるのであれば、それは明らかに間違った通例であり、アライメント調整を実際に行なっていたとしても、明細に記載がなければ、ただの妄言になります。

修理内容の証明書類(請求内訳等)が、保険会社及び修理工場に保存されていないのであれば、その会社の手落ちであり、たとえ修理したと言ったとしても民法上なんの証拠にもなりません。

teturoさんが、間違いなく修理の手抜きによるパンクだと断定できるんであれば、ここは強く出てみる価値はあろうかと思います。
消費者や被害者が泣き寝入りする社会は、私も嫌気がさしています。
ただ、示談書を交わしている場合などは、その内容にもよりますが、請求を放棄するしかない場合もあります。
補足コメント
teturo

お礼率 100% (9/9)

アライメントのデータは、あります。他の店でアライメント修正をしようとしてできなかった(調整目いっぱいで修正ができないため)ため、その店の人が修理をしてないのでは、ということで明らかにおかしい数字なのですが、ぶつけたほうの軸のベアリングがガタっいて消耗しているところがありそこのせいだとディーラーいわれ、確実に証明するのが、難しい状態です。しかし明らかに修理はしてません保険会社から明細をもらっていますが明らかに載っていません。ディーラーに明細を請求しても出そうとしません。一年近くきづかなかった、自分が、くやしいです。ただ、その軸をお金を出して直しても直らなかったとき、さらに自己負担では、あまりに悔しすぎます。  示談書は、内容は忘れましたが書きました。
投稿日時 - 2001-11-16 23:02:38
お礼コメント
teturo

お礼率 100% (9/9)

reisonさん適切なアドバイスありがとうございます。参考にします。
投稿日時 - 2001-11-15 22:09:30
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ