OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

エアコンの排気熱の影響について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.146524
  • 閲覧数76
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 68% (337/491)

エアコンの排気熱がヒートアイランドの原因の1つと言われますが、それに対する電器メーカーの対策はどの程度進んでいるのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 47% (662/1392)

この問題を解決するためには、室内の「熱負荷」(暑さの事です)を減少するしか方法がない。
すなわち、電器メーカーの対策ではなく、住宅建設業の問題です。(ナショナル住宅というところもありますが)
他の回答にあるように、機器の性能向上によりエネルギーロスはかなり減少していますが、対象となる熱量自体は、機器の性能に関わらず存在するので、対応できないのが現状です。
それでも、
1.インバーターの効率改善
2.送風機の送風効率の改善
3.室内気流の解析による、冷却風の改善
4.装置の小型化
5.予知運転(冷えすぎてから能力を落とすのではなく、涼しくなりそうならあらかじめ機器の能力をセーブする)
などが、検討され、出来るものからどんどん組み入れられています。

それにも増してやってもらいたいことは、エアコンの有効な使い方を消費者に教えることでしょう。
他の「カテゴリー>住宅」で、たびたび回答して思うのが、建物の冷暖房について皆さんあまりにも知らなすぎる。
しっかりと学校で教える必要があるのではないでしょうか。
脱線しそうなのでこの辺にしておきます。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 20% (265/1269)

室外機から排出される熱は 室内で奪った熱+圧縮機の動作熱(イバーターの動作熱)です。 室内の熱はもともと存在していたものですから 無くすのは不可能ですね 対策といえるかわかりませんが 高効率の圧縮機を開発する事くらいですかね エアコンに関しては 冷媒ガスに関する対策を検討中です 新冷媒タイプのエアコンが登場しましたが フロンガスには変わりありません。 オゾン破壊に関しては対応 ...続きを読む
室外機から排出される熱は
室内で奪った熱+圧縮機の動作熱(イバーターの動作熱)です。
室内の熱はもともと存在していたものですから 無くすのは不可能ですね

対策といえるかわかりませんが
高効率の圧縮機を開発する事くらいですかね

エアコンに関しては
冷媒ガスに関する対策を検討中です
新冷媒タイプのエアコンが登場しましたが
フロンガスには変わりありません。

オゾン破壊に関しては対応済みですが
地球温暖化に関する問題は残ったままなんですね
大きな建物の場合は
水を冷媒として使った 吸収式冷凍機や
アンモニアを使った冷凍機などがありますが
管理の難しさやいろいろな問題から
一般家庭レベルでは 導入できないのが現状です

このあたりこの先どうなってしまうんでしょうかね?
お礼コメント
patapata1

お礼率 68% (337/491)

エアコンを使うことが自分の首を絞めることは承知していてもやめられない弱さ。そして、誰かこの問題を解決してくれないかと願う他力本願。なかなか解決しそうにありませんねぇ。
投稿日時 - 2001-10-06 21:19:58


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ