OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

SLRについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.131845
  • 閲覧数2031
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 32% (11/34)

腰椎椎間板ヘルニアの検査としてSLRを用いるそうですが検査以外の目的で、SLRの動作をストレッチとして使用することは有意義なんでしょうか?ヘルニアの人はただ痛いだけですか?それとも腰(下半身も含めてどこか)にいいんですか?またヘルニア以外の原因による腰痛の人にとってはどうなんでしょうか?ご存知の方、お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 52% (91/173)

腰椎椎間板ヘルニアに対してSLRを行うのは、根症状と呼ばれる神経の牽引による痛みや痺れを診るためで、腰椎から出てきた神経根の圧迫がある場合は陽性反応として強い痺れや痛みが出ます。 特に急性期の強い炎症反応が見られる時期には、床に対しかなり浅い角度でも強い痛みが出るため、ストレッチしようにも出来ないと思います。 ただし根症状がなくても太腿の後面に痛みやつっぱり感が出る人がいます。 いわゆる身体が硬い人 ...続きを読む
腰椎椎間板ヘルニアに対してSLRを行うのは、根症状と呼ばれる神経の牽引による痛みや痺れを診るためで、腰椎から出てきた神経根の圧迫がある場合は陽性反応として強い痺れや痛みが出ます。
特に急性期の強い炎症反応が見られる時期には、床に対しかなり浅い角度でも強い痛みが出るため、ストレッチしようにも出来ないと思います。
ただし根症状がなくても太腿の後面に痛みやつっぱり感が出る人がいます。
いわゆる身体が硬い人です。
こういう方に対してSLRをするとハムストリングスのストレッチにはなりますが、この動作単一で腰痛予防になるかどうかは何ともいえません。
筋肉はしなやかでこそ十分な力を発揮することが出来ますので、そういう意味では効果がないとは言えませんが、急性期のヘルニアに見られる様な根症状が見られる場合は、筋肉のストレッチ以前に神経の牽引による痛みが出るため、効果的とはいえません。
これが回復期に入り積極的にリハビリするようになると、効果的なストレッチになるかも知れません。
これも個人差があるように思いますが、保存療法で治療する場合にはSLRの低下が長期に渡って見られる場合が多く見受けられますので、こういう方には運動療法・体操療法が必要です。
ただしこの場合はSLRだけでなく、下肢或いは体幹部全体の柔軟性を高めるために、全体的なストレッチが必要になります。
何事もバランスが大事だと言うことではないでしょうか。
  • 回答No.2

昔 勤めていた病院では 腰椎椎間板ヘルニアの術後の患者さんに対して 手術部位の癒着を 防ぐために 術後何日目が開始日かは忘れましたが 床上での他動SLRをやってました。 hiyoridoさんほど 詳しくないので。。。ごめんなさい。
昔 勤めていた病院では 腰椎椎間板ヘルニアの術後の患者さんに対して 手術部位の癒着を 防ぐために 術後何日目が開始日かは忘れましたが 床上での他動SLRをやってました。

hiyoridoさんほど 詳しくないので。。。ごめんなさい。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ