OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

他動詞について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.130482
  • 閲覧数212
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 0% (0/24)

一般的に他動詞は「を」(例:りんごを食べる)を目的語としてとりますが、頼る・噛み付く・頼むなどは「に」(例:親に頼る・腕に噛み付く)をとるのはどうしてですか? 誰か教えてくださーい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

●最も簡単な解決方法は、「それらは他動詞ではない」と言うことでしょう。
 ナイーブな定義では、「他動詞とは目的語を取るもの」「目的語とは<を>で導かれるもの」となります。
 そもそも、何故、「頼る・噛み付く・頼む」を他動詞だと判断されたのですか?
 他の2つはともかく、「噛み付く」は自動詞と呼ぶのが自然のような気がします。

●ところで「頼る」「頼む」は、「親を頼る」「親を頼む」「親に仕事を頼む」とも言えます。
 ある動詞が「を」をとるのか「に」をとるのかは、その動詞の意味の問題とも言えます。上手く説明できませんが、「読む」という動詞の意味は「を」という助詞を接続できるインターフェイスを持ち、「従う」という動詞の意味は「に」を接続できるインターフェイスを持つのです。従って、「親を頼る」の「頼る」と「親に頼る」の「頼る」は違う意味の動詞なのです。
 実際、ある動詞が、どのような助詞を取るかは、全くその動詞に依存し、自動詞・他動詞と簡単に分類するだけでは説明できません。例えば、現代語では「AをBに持ち替える」と言いますが、古くは「BをAに持ち替える」とも言いました。これは、「持ち替える」という動詞の性質が変化したからでしょう。また、英語の他動詞"regard"は、「~を見る」という意味も「~に関係する」という意味もあります。これも"regard"の意味の問題といえます。

●もっとも"regard"の例は、英語の「目的語」概念と日本語の「<を>に導かれる単語=目的語」概念の相違とも言えます。
 しかし、そもそも「目的語」「他動詞」という概念はラテン文法のための「格」概念を英文法に適合するように書き直し、それを日本文法に無理に当てはめているので、ある程度の有用性はありますが常に妥当する概念ではありません。
 そこで、日本語に限って問題を再構成すると、「を」とは何か?「に」とは何か?という点を考えねばなりません。
 この点、山田孝雄は、「を」とは「動的対象」であり、「に」とは「静的対象」であるとします。これで全てを説明できるわけではありませんが、一つの解答例と言えましょう。つまり、「親<を>頼る」という言葉のイメージは「東京で一旗あげようした息子が、事業に失敗し田舎の親元に身を寄せるため、上野駅から汽車で帰る」という動的なイメージがあり、「親<に>頼る」という場合「家でごろごろしていた道楽息子が、博打で借金し、親に泣きつく」という静的なイメージがあるのです(?)。

●解答になっているか心配ですが、言語というものは「目的語」概念ひとつとっても奥が深く難しいものです。
 しかし、カテゴリカルに「目的語=を」と考えず、「~に頼る」を他動詞だと感じた感覚は鋭いですねぇ。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ