OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

TV関係のことが学べる国立大学を探しています。

  • 困ってます
  • 質問No.127447
  • 閲覧数212
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

私は理系なのですが、将来はTVディレクター(映像にも興味があるのですが)になりたいと思っています。
それで、大学に進学するつもりで、国立一本に絞っています。自分で探した大学は、電気通信大学の人間コミュニケーション学科。横浜国立の文型の学科。(もうここは文型なので考えていません。)千葉大の情報画像工学科。(ここよりかは、電通大が良いです。)なのですが、ほかにもあったら教えてください。
私立だとほかにもあるのですが、国立は少ないんですよね~(-_-;)
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

電通大は、昔は確かに有利でした。
特に応用電子科と電子情報科(旧)は、ある程度成績が良くて
希望すればたいていどこかに受かっていたようです。

しかし、学科の再編で、TV局側が求めている人材と
出てくる人材にギャップが生じてしまったため、
今はそれほど有利とはいえません。
(数年後に確実に陳腐化する、情報関係の授業が増えすぎてしまった
 また、基礎実験が減ったために、測定器を扱える学生が
 少なくなってしまった)


もしも行くのであれば電子情報科(新)しかありえません。
というのは、OBは皆この学科からTV局に入っていますし、
今、TV局が必要としている人材は
将来のための開発ができる人材 だからです。
電波関係の法規を知らず、電磁気、電子回路も一般教養のみ。では
まず、使い物になりませんから、これらの授業がある
学科を選んで下さい。

ちなみに、今行われている地上デジタルTV放送の、
各TV局の担当者の2割が電通大卒です。
単なる小規模大学としては異例の比率でしょう。
昔、電通大は多い時でも卒業生は500人未満でした。

また、これらの規定を決めている官民協力している
組織があるのですが、ここの座長(会長?)も電通大OBです。
放送関係では、「電通大卒」だけで、そこそこ渡っていけます。

ただし、一つ注意点があります。
それは、社員のディレクターはもう採用されないということです。
外注に出せるものはどんどん外注する。
社内の人間は、放送の将来を決める様な仕事に専念させる
というのが、ほぼ全放送局の今のスタンスです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (115/386)

まず、大学でTV関係のことを勉強しても、就職に有利になりません。 たとえば、日本大学芸術学部放送学科の人が、みんな放送関係の職につけるかといえば、そうではありませんよね。 また、大学で放送研究会のようなサークルに入っていても関係ありません。 そんな経歴は、採用側からみれば「所詮、素人のマネごと」でしかないからです。 ディレクターに大切なのは「企画力」であって、それは学校の勉強では学べないものだ ...続きを読む
まず、大学でTV関係のことを勉強しても、就職に有利になりません。
たとえば、日本大学芸術学部放送学科の人が、みんな放送関係の職につけるかといえば、そうではありませんよね。
また、大学で放送研究会のようなサークルに入っていても関係ありません。
そんな経歴は、採用側からみれば「所詮、素人のマネごと」でしかないからです。

ディレクターに大切なのは「企画力」であって、それは学校の勉強では学べないものだと思います。
学生時代にいろいろな経験を積んで、学び、感じ、それをどう表現するか?
アンテナを張り巡らして、何にでも好奇心を持てるような人。
そういうことが大事になってくると思います。

ただし、カメラマンや音声といった技術系の場合は、少々異なるかもしれません。

P.S.
ただし、学びたいことを学ぶのが一番です。目標に向かって頑張ってください。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
学校での出来事、同じようなことあった!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ