OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

第2子希望。不妊治療の人工授精について教えてください。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.121971
  • 閲覧数502
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (224/242)

不妊治療の人工授精について教えてください。

現在38歳の女性です。
一歳5ヶ月の女児がいます。この子の時も結婚1年で妊娠しなかったので不妊外来にかかり、卵管造影のあと運良く自然妊娠しました。

出産後、まだ生理が不定期で、自分の年齢の事もあり、また不妊外来の戸を叩きました。
2週間前に血液検査などをしてもらい、今日その検査結果を聞きに行ったところ、
「どういう風にしたいですか?」と医師から問われ、
「早く確率の高い方法でお願いします。」と、答えました。すると、
「今日から注射(排卵誘発?)しましょう。」と、話が人工授精に進みました。

自分として実ははそこまで考えて無くて、主人のOKももらってなかったのですが、自分でお願いした手前もあり、考えがまとまらないうちに一回目の注射をして、あさっての注射の予約もしてきてしまいました。

一人できたのだから、もう一人も自然とできそうな気も期待としてあるし、
もし、人工授精で二人目が出来た場合、「長女は自然の子。二番目は病院の子。」
などと差別を自分の心の中でしてしまいそうで、心配です。

とりあえず注射だけ2回して、キャンセルしちゃおうかな・・・なんて考えもよぎります。
(本当に不妊で悩んでいる方には不愉快な内容でしょうね。ごめんなさい・・。)

よいアドバイスありましたらお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 20% (27/135)

人工授精についてですが、精子を人の手を借りて子宮に入れること以外はほとんど自然妊娠と同じです。注射や排卵誘発剤を併用することもあります。kubo-chanさんのされた注射はたぶん排卵を誘発するものではないでしょうか?
人工授精の手順は、まずご主人の精子を朝、家もしくは病院で容器に採取します。精子の状態によっては、元気なものだけを取り出すこともあります。それをカテーテルという細い管を使って子宮に直接入れます。痛みはありません。そして腰を高くしてしばらく横になります。あとは自然妊娠と同じで、受精を待つだけです。
確率は20%とのことで、5回すれば妊娠できるかも?
でも先生とはちゃんと話をした方がいいと思います。納得いかないまま人工授精してしまったらきっとkubo-chanさんのおっしゃるとおり1人目の子と2人目の子を差別することになるかもしれませんよ。ぜひよく考えてから実行されてくださいね。
補足コメント
kubo-chan

お礼率 92% (224/242)

あの後、主人に話したら、
「早く子供が欲しいんだから何でもするよ。私は医師の指定する日にそこに寄ってエッチビデオを見てせっせとやればいいんだな。壁が薄くて落ち着かないんだよな(初期検査で経験済み)」
と、あっさり、そしてかなりやる気満々でした。

2年前、最初の子を願っていた時は確かに2人ともそこまで思い詰めていました。
でも今も主人がその気持ちのままだったなんて・・・。
うれしかったです。

実は注射を4回したのですが、私が熱をだしてしまい今中断中です。
今後も頑張ります。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-29 18:32:45
お礼コメント
kubo-chan

お礼率 92% (224/242)

早速ありがあとうございます。

一人でぐるぐる悩んでいたので、togetogeさんの声をもらえてホッとしました。
やっぱり私本人がしっかりと「こうしたい」と納得しなくてはね。
今日、もう一度病院へ連絡して詳しく聞いてみたいと思います。

すみません。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-22 06:36:35
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ