OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

フィルムプロテクターは必要か?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.116757
  • 閲覧数605
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 85% (85/99)

 海外旅行の際エックス線の持ち物検査の時にフィルムが感光してしまうため鉛のプロテクターを使います。しかしプロテクターをつけていると中身を開いてみせるはめになって大変でした。人に聞いても特にエックス線が強い国意外だったら絶対に大丈夫と言われたのですが、プロテクターにはどこでもつけましょうと書いてあります。まあ商品なのだからそう書いているのかもしれませんが、実際どうなのでしょうか?あとそのエックス線の強い国とはどこなのかも教えて頂けたらありがたいです。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

ISO100・ISO400レベルのフィルムでは不要です。
プロテクターには当然書いてあるでしょう。でないと商品が売れませんから。

超候感度フィルムを持っているのでしたら、ゲート通過時に、「ハンドチェック、プリーズ」もしくは「ハイスピードフィルム、オーケー?」とかいって手渡せばX線を通すことはありません。
お礼コメント
rock-kai

お礼率 85% (85/99)

 お返事ありがとうございます。なるほど感度の低いものは問題ないと、だとしたら撲が持っていくフィルムは感度がそれほど高くないので問題なさそうですね。
投稿日時 - 2001-08-10 23:27:49
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 32% (31/96)

この頃の持ち込み手荷物検査のX線はそんなに気を遣わないで大丈夫だと思います。 むしろ、預ける方の荷物(委託小荷物)が危ないかも・・・ 近頃、先進国で使われている委託小荷物用X線検査装置は CTスキャンも装備していて、不審な物があると出力を上げて検査します。 その時フィルムが感光する可能性があります。 持ち込み手荷物よりも委託小荷物に気を付けましょう。 あと、サミットやオリンピックなど重要なイベ ...続きを読む
この頃の持ち込み手荷物検査のX線はそんなに気を遣わないで大丈夫だと思います。
むしろ、預ける方の荷物(委託小荷物)が危ないかも・・・
近頃、先進国で使われている委託小荷物用X線検査装置は
CTスキャンも装備していて、不審な物があると出力を上げて検査します。
その時フィルムが感光する可能性があります。
持ち込み手荷物よりも委託小荷物に気を付けましょう。
あと、サミットやオリンピックなど重要なイベントがある時、
政府要人がその空港を利用する時、物騒な事件があった時など、
特に警備が強化されている時は検査用のX線も強化されているみたいです。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 25% (134/534)

私の場合は入れくても大丈夫でした。 但し素人目に気がつかないだけかもしれませんし、 たまたま大丈夫だったのかもしれません。 X線は通常テロとかが、最近起きた国、政情不安定な国が強いようです。 弱いX線でも、何度も照射されれば少なからず影響は出てくるものと思います。 ですから、絶対に感光したら嫌という場合は付けるべきでしょう。 私は、感光したら、したで、いいや・・・って感じの場合しか ...続きを読む
私の場合は入れくても大丈夫でした。
但し素人目に気がつかないだけかもしれませんし、
たまたま大丈夫だったのかもしれません。

X線は通常テロとかが、最近起きた国、政情不安定な国が強いようです。

弱いX線でも、何度も照射されれば少なからず影響は出てくるものと思います。

ですから、絶対に感光したら嫌という場合は付けるべきでしょう。
私は、感光したら、したで、いいや・・・って感じの場合しか裸では通しませんので。

ISO1600とかの高感度についてはNo1の方のおっしゃる手段を取ると良いでしょう。
ただし、低感度を手渡しでやろうとすると、大丈夫!大丈夫!言われてしまうことがありますんで、気をつけてください。
お礼コメント
rock-kai

お礼率 85% (85/99)

 お返事ありがとうございます。だめでもともとってのはいい考えかもしれませんね、でも自分は未練たらしい人間なんで残念なが割り切れませんね(笑)
 撲も400のをタイのドンムンアンで手渡ししたら、大丈夫だと言われてX線の中にほりこまれました(笑)。でも大丈夫でした。
投稿日時 - 2001-08-10 23:31:32
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 24% (702/2850)

 結論、要りません。いまどき、フィルムプロテクターをもっていくなんて、信じられません。
 結論、要りません。いまどき、フィルムプロテクターをもっていくなんて、信じられません。
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 29% (141/483)

私は持っていきます。 約10年前の話ですが、ISO100で、一度感光してしまいました。 スリット状の感光が、スリーブ仕上のポジを 見ると、ほぼ一定間隔で入っていましたので・・。 パトローネーの入り口から入った?とか 考えましたが、そこから入っても構造を 考えると、このようなかぶりは おかしいような気もしますが、それ以来 念のためというか、保険のようなつもりで、 入れていきます。 毎回、 ...続きを読む
私は持っていきます。
約10年前の話ですが、ISO100で、一度感光してしまいました。
スリット状の感光が、スリーブ仕上のポジを
見ると、ほぼ一定間隔で入っていましたので・・。
パトローネーの入り口から入った?とか
考えましたが、そこから入っても構造を
考えると、このようなかぶりは
おかしいような気もしますが、それ以来
念のためというか、保険のようなつもりで、
入れていきます。
毎回、聞かれますが、先の回答者のおっしゃるとうり、
ハイスピード・フィルムと言ってます。

ちなみに一般的な防護バックでは、
CT検査に通されると、効果ないと、
レントゲン技師の人は言ってましたが、
私は体験したことはありませんので解らないですが・・。
  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/1)

エックス線の強い空港のひとつで、案外うっかりするのが ホノルル空港です。 ホノルル空港の国内線の特にハワイアン航空に乗るとき 預けるスーツケースなどのバッグを検査するx線は強烈です。 プロテクタでも多分危険です。 手荷物検査場のx線は、フイルムに影響なし となっていますので、手荷物にした方が懸命です。 現地の案内の人から注意されたことです。
エックス線の強い空港のひとつで、案外うっかりするのが
ホノルル空港です。

ホノルル空港の国内線の特にハワイアン航空に乗るとき
預けるスーツケースなどのバッグを検査するx線は強烈です。
プロテクタでも多分危険です。

手荷物検査場のx線は、フイルムに影響なし
となっていますので、手荷物にした方が懸命です。

現地の案内の人から注意されたことです。
  • 回答No.7
レベル7

ベストアンサー率 6% (1/15)

国によっても、フィルムの感度によっても違うのでプロテクターが必要かどうかはなんともいえませんが、逆転の発想で、行った先でフィルムを買いDEPに出して現像してしまえば、感光してしまう心配もないと思いますが、いかがなもんでしょ?ちなみにNZへ行った時は向こうで現像、プリントしてもらいました。プリントサイズもハガキ大でよかったですよ。 ...続きを読む
国によっても、フィルムの感度によっても違うのでプロテクターが必要かどうかはなんともいえませんが、逆転の発想で、行った先でフィルムを買いDEPに出して現像してしまえば、感光してしまう心配もないと思いますが、いかがなもんでしょ?ちなみにNZへ行った時は向こうで現像、プリントしてもらいました。プリントサイズもハガキ大でよかったですよ。
お礼コメント
rock-kai

お礼率 85% (85/99)

 みなさんがたご回答ありがとうございます。いましがた帰国したのですが、どのフィルムもプロテクターなしで感光しませんでした。念のためすべてのセキュリティーチェックでフィルムにダメージがないかを確かめたのですが、どこの国でも問題ないと明記されていました。ちなみに今回チェックを通した国はマレーシア、トルコ(アタテュルク)、オーストリア(ウィーン)、ロシア(サンクトペテルブルク)、スイス(チューリッヒ)です。ロシアは少し心配でしたが意外にもフィルムノーダメージと書いてありました。みなさんご協力ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-29 00:43:25
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
ここは行って良かった!これは食べるべき!旅の経験を共有しよう!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ