OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

新しいフォントをインストールできない

  • すぐに回答を!
  • 質問No.107425
  • 閲覧数55
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 71% (69/97)

TTEDITというフォント作成ツールを使って、フォント登録(文字を随時追)をしていましたが、今日突然、エラーが出ました。
作者にメールを送ったのですが、返事はまだありません。

そこで、自分の対応処理ですが、
コントロールパネルからフォントを開いて、任意のフォント(たとえば、明朝)を開くと、サンプル表示がされていたように思うのですが、どれも開いてくれません。 フォント管理ツールであるフォントマネージャーでは、表示されています。 その結果、TTファイルのみが開かず、Aファイルは開くことに気がつきました。

 自前のフォントは、一旦削除して、再インストールをしようと試みました。
次に、この質問コーナーの過去の経歴を調べていたら、
フォントトラブル対処法とフォントの限界
http://homepage2.nifty.com/winfaq/fontstrouble.html
 というのを知りました。

1.ttfcacheの処理は何度も行いました。

2.Marlettフォントの対応では、
 直接、ファイル名を指定して実行 で SFCを起動しようとしたのですが、
 実行できませんでした。
  
3.フォントフォルダの破損の対応では
 私のはwindows meなのですが、「MS-DOSモードで再起動する」を、どのようにして実行するのかわかりません。
 98や95では出来たのは覚えています。
 ms-dosプロンプトから attrib のコマンドを入力してみましたが、結果は同じです。

 上記の中で1つでも結構ですから、おわかりの方がおりましたら
こんな私に、適切なアドバイスを頂きたいのです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 62% (150/239)

エラーの原因等わかりませんが。 2のSFCですが、WindowsMeでは[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から MSConfig を起動し、[全般]タブの「ファイルの抽出(X)」という手順になります。WindowsのCDが必要だそうで、ない場合はC:\WINDOWS\OPTIONS\CABS を指定すればできる場合もあるそうです。 3のMS-DOSモードで再起動ですが、Meは起動ディ ...続きを読む
エラーの原因等わかりませんが。

2のSFCですが、WindowsMeでは[スタート]-[ファイル名を指定して実行] から MSConfig を起動し、[全般]タブの「ファイルの抽出(X)」という手順になります。WindowsのCDが必要だそうで、ない場合はC:\WINDOWS\OPTIONS\CABS を指定すればできる場合もあるそうです。

3のMS-DOSモードで再起動ですが、Meは起動ディスクが必要です。
アプリケーションの追加と削除から起動ディスクタブで作れます。(フロッピーディスクが1ないし2枚必要です)

最後にMeにはシステムの復元というのもあります。作者さんからの返事等どうしても解決策がないようなら実行されても良いかと思います。
お礼コメント
yamamichi

お礼率 71% (69/97)

とても詳しく回答を頂いて感謝しております。
作者からメールを頂いて、MEを再インストールする必要があるだろうといわれています。
 私も、そのつもりで準備しています。
すぐに、システムの復元をしようと思ったのですが、これは絶好の機会だと思い、パソコンをもう1台手に入れることにしました。
 それが23日に入る予定なので、そこに現在のアプリを入れてから、ゆっくり(気持ちはとても安全に)システムの復元、さもなければ再インストールをしようと思っております。
 ありがとうございました
投稿日時 - 2001-07-23 18:23:15

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ