-PR-
回答
受付中

timedatectlコマンドに関して

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9294948
  • 閲覧数16
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数0

お礼率 25% (2/8)

linux(CentOS7)のtimedatectlコマンドに関して

最初見たときにデフォルトが以下のような感じでした。

timedatectl
Local time: Mon 2017-02-17 13:43:53 JST
Universal time: Mon 2017-02-17 04:43:53 UTC
RTC time: n/a
Time zone: UTC (JST, +0900)
NTP enabled: n/a
NTP synchronized: yes
RTC in local TZ: no
DST active: n/a


「Local time」だけJST

でyum updateした後に、「Local time」もUTCとなり時刻がおかしくなりました。

治す方法を探していると、
timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
で直せと書いているのですが、
それをすると時刻の刻みは治りますが、元通りでないのが釈然としません。

timedatectl
Local time: Fri 2017-02-17 16:04:21 JST
Universal time: Fri 2017-02-17 07:04:21 UTC
RTC time: n/a
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
NTP enabled: n/a
NTP synchronized: no
RTC in local TZ: no
DST active: n/a

元通りにする方法はありませんか。

それと、
Time zoneをUTCにしてローカルとしてJSTにするのと、
Time zoneそのものをJSTにするのとでは何が違いますか?


以上、よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数0
-PR-
-PR-
現在回答を募集しています。
関連するQ&A
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ