-PR-
解決
済み

IPアドレス規格について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6658
  • 閲覧数172
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 25% (15/60)

現在のインタ-ネットで使用されているIPv4規格はなんというクラスまで使用しているのでしょう。また、この規格ではいくつぐらいのIPアドレスが用意されているものなのでしょう。今の増え方でみるとすぐにでも足りなくなりそうな気がしますよね。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

誤解を招くような書き方をしてしまいましたね。

IPv4規格では、IPアドレスを4バイト(=32Bits)で
表現しています。また、クラスというのは、以下の
ように定義されています。
クラスA:
これは、最上位バイトが登録者を表すIPアドレスで、
202.x.x.xのように、登録者はx.x.xの下位3バイトを
自由に設定することが出来ます。しかし、これだけ
だと、256個の登録しかできないので、IPアドレスを
もっと増やす必要があります。さらに、登録者も
256*256*256個のIPアドレスすべてを使用することは
ないので、使用するメリットが少ないでしょう。
クラスB:
これは、上位2バイトが登録者を表すIPアドレスで、
202.20.x.xのように、登録者はx.xの下位2バイトを
自由に設定することが出来ます。これならば、登録
出来る個数は、256*256=65,536個あるので、比較的
多くの企業などを登録できます。また、登録者は
256*256=65,536個のIPアドレスを自由に出来るので
少々大きな企業でも問題なく使用できるでしょう。
たいていのプロバイダは、クラスBで登録しておき
ダイアルアップで、その時に使用されていないIP
アドレスを割り振ることになります。
クラスC:
これは、上位3バイトを登録者のサーバを表す
IPアドレスとして使用するため、登録できる個数は
256*256*256(=16,777,216)になります。ですから、
すべての登録をさせると、登録者が自由に出来る
IPアドレスが256個しかないため、不便になって
しまいます。しかし、小さいプロバイダや中小企業は
IPアドレスが256個もあれば、たいていは足りるため
これで登録しているところもあると思います。
#中小企業や小さいプロバイダで、クラスBを使用して
#いる方々、このような表現お許しください。決して
#他意はありません。

ですから、NICではクラスA~Cをうまく登録者の
判断に任せて、登録を行っているのですが、実際には
クラスAで登録しているところが多いため、クラスBや
クラスCで登録できる数も少なくなってしまっています。
#202.x.x.xを登録されると、クラスBである
#202.20.x.xは登録できません。クラスAで使用して
#いる可能性が高いからです。

ですからIPv6という規格を新しく作って、IPアドレスを
6バイト(=48Bit)で表現することによって、さらに
多くのIPアドレスを作ろうとしています。しかし、
まだ仕様が固まっていないようで、とうぶんはIPv4の
ままだと思います。

これくらいでいいでしょうか。まだ何か不足でしたら
補足してください。
ではでは☆
お礼コメント
gokuh

お礼率 25% (15/60)

ていねいな回答ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 46% (25/54)

堀田 倫英さんの作成されている講座をご覧ください。 (参考URLに記載させていただいています) LAN,WANからはじまって、IPアドレスについてもわかり 易く説明されています。 当方も思わず読み込んでしまいました。 (補足)「IPアドレス」の章以降は、ちょっと高度な内容 になっているようです。DNSの仕組みなどもわかってとて も興味深いものですので、必要に応じてお読みいただくと 良い ...続きを読む
堀田 倫英さんの作成されている講座をご覧ください。
(参考URLに記載させていただいています)
LAN,WANからはじまって、IPアドレスについてもわかり
易く説明されています。
当方も思わず読み込んでしまいました。

(補足)「IPアドレス」の章以降は、ちょっと高度な内容
になっているようです。DNSの仕組みなどもわかってとて
も興味深いものですので、必要に応じてお読みいただくと
良いと思います。
Kanata様のご説明の中のIPv6ですが、IPv4が32ビット
(2の32乗)でのアドレス表現であるのに対して、IPv6は
64ビット(2の64乗)によるアドレス表現になる、という
ことです。10進数で表すととてつもない数字になるので
やめておきます。(計算に自信がないのです)
IPアドレスの不足に対しては、「ネットワークアドレス
変換」(NAT)や「IPマスカレード」といった、1つのIP
アドレスを複数のPC(など)で共有する、といった技術が
あります。ご興味に応じてお調べになってはいかがで
しょうか。


  • 回答No.1

クラスA・クラスB・クラスCというクラスがあります。 各クラス255.255.255.255まであり、全部で、256の 4乗個のパソコンが理論上接続できますが、実際には そんな数は付けられません。 例えば、クラスAで10.x.x.xというものをどこかの 企業が取得してしまったら、他の企業からはそのIPは 使用できないので、256の3乗個のパソコンを取得した 企業が使用してくれないと、空き ...続きを読む
クラスA・クラスB・クラスCというクラスがあります。
各クラス255.255.255.255まであり、全部で、256の
4乗個のパソコンが理論上接続できますが、実際には
そんな数は付けられません。

例えば、クラスAで10.x.x.xというものをどこかの
企業が取得してしまったら、他の企業からはそのIPは
使用できないので、256の3乗個のパソコンを取得した
企業が使用してくれないと、空きが生じてしまうから
です。

そこで、IPアドレスが足りなくなってしまうため、
現在IPv6というx.x.x.x.x.xというものを標準化
しようという動きがありますが、今のところ実用化
していないので、早くしないとIPアドレスが足りなく
なってしまいますね。

間違いがありましたらご指摘下さい。
ではでは☆
補足コメント
gokuh

お礼率 25% (15/60)

そうすると各クラス約43億のIPアドレスがあり3クラスで129億のIPアドレス」が使用できるということでしょうか。それともAからCのうち実際に使用しているのはひとつなのでしょうか?
あとv4からv6で何ビットから何ビットへの変更になるのでしょう?
続けざまの質問ですいません。わかったら教えてください
投稿日時 - 2000-08-19 22:56:11
  • 回答No.4

訂正です。 IPv6は、IP ver6のことで、128Bitsですね・・・ すいませんでした。 ...続きを読む
訂正です。

IPv6は、IP ver6のことで、128Bitsですね・・・
すいませんでした。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 46% (25/54)

あ、これは大変失礼しました。 どっかのサイトで読んだ「64ビット化」という言葉に 惑わされてしまったようです。 関係者失格のようなので「素人」になりますのでお許しを
あ、これは大変失礼しました。
どっかのサイトで読んだ「64ビット化」という言葉に
惑わされてしまったようです。
関係者失格のようなので「素人」になりますのでお許しを
  • 回答No.7
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/3)

現在のインターネット上で利用できるIPv4アドレスは、グローバルアドレスで、インターネット上に接続が禁止されている私的ネットワーク用のテストIPアドレスやNAT(アドレス変換)機能やIPMasqueradeを用いた私的ネットワーク内で使用可能なIPアドレスが用意されているブロック種類 クラスの個数 アドレス範囲 24ビットブロック クラスAアドレス:1個10.0.0 ...続きを読む
現在のインターネット上で利用できるIPv4アドレスは、グローバルアドレスで、インターネット上に接続が禁止されている私的ネットワーク用のテストIPアドレスやNAT(アドレス変換)機能やIPMasqueradeを用いた私的ネットワーク内で使用可能なIPアドレスが用意されているブロック種類 クラスの個数 アドレス範囲
24ビットブロック クラスAアドレス:1個10.0.0.0-10.255.255.255
20ビットブロック クラスBアドレス:連続した16個172.16.0.0-172.31.255.255
16ビットブロッククラスCアドレス:連続した255個192.168.0.0-192.168.255.255
  • 回答No.6

もしかして、PC JAPAN9月号の第1回 ハoカーズ認定試験問題 86ページ第16問でしたら、 ア-3 イ-6 ウ-10 エ-12 オ-15 でしょう。
もしかして、PC JAPAN9月号の第1回 ハoカーズ認定試験問題
86ページ第16問でしたら、
ア-3
イ-6
ウ-10
エ-12
オ-15
でしょう。
  • 回答No.8

クラスA~C以外に、クラスD,Eというのもあります。 クラスDはマルチキャストアドレス、Eは将来のための予約です。一般に存在するマシンに割り当てているわけではないので、知らない人も多いと思いますが。 なお、クラスという概念はもはや過去の遺物です。IPアドレスが不足しているため、現在は1組織にCクラス1つを与えるなどということはありません。 現在は組織の規模に応じて、Cクラスの16分の1とか32分 ...続きを読む
クラスA~C以外に、クラスD,Eというのもあります。
クラスDはマルチキャストアドレス、Eは将来のための予約です。一般に存在するマシンに割り当てているわけではないので、知らない人も多いと思いますが。

なお、クラスという概念はもはや過去の遺物です。IPアドレスが不足しているため、現在は1組織にCクラス1つを与えるなどということはありません。
現在は組織の規模に応じて、Cクラスの16分の1とか32分の1とかを割り当てることになっています。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ