総ありがとう数 累計4,285万(2014年10月26日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
yoshi0823

もう十数年前から、陰嚢(玉袋)に湿疹みたいなのが、1年に何回か出ることがあり、その度に痒さに悩まされます。やはり掻いてしまうので
余計、血が出たりして。

皮膚科で見てもらうのが一番なのでしょうが、正直恥ずかしくてなかなか行けません。

同じような経験をされている方、どのような市販薬が良いかなど教えて下さい。
  • 回答数2
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全2件)

回答 (全2件)

  • 2007-09-20 07:14:34
  • 回答No.1
陰嚢が痒くなる症状には2種類あります、
1.いんきんたむし。
2.陰嚢湿疹。
この何れであるかを良く判別してから薬を買いに行って下さい、違った薬を買ってくると、返って症状が悪化します。
google で検索すると、どちらも沢山出てきますので、よく検討してから薬店に行って下さい。
本当は皮膚科に行くのが一番ですが若い女医さんが出てきて、はいパンツ脱いで!何て云われたら恥ずかしい!ですね!
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2007-09-20 07:21:08
  • 回答No.2
多分、症状から考えて、普通の「インキン」だと思います。
白癬菌による皮膚病で、足に出来れば「水虫」、頭に出来れば「シラクモ」、陰嚢回りに出来れば「インキン」、それ以外の普通の皮膚に出来れば「タムシ」、爪に出来れば「爪白癬」です。

皮膚科の医者に見せれば、即、薬を処方してもらえます。
パンツの脇を少しめくって、患部を見せるだけですよ。
ペロンチョとパンツを脱ぐわけではありません。

ただ、白癬菌は超超超シツコイ奴です。
薬を塗ればスグに症状は治まり、直ったように錯覚します。
嬉しくなるくらいスグに薬が効きます。
ですが、完全に治すには症状が消えて、直ったように見えても、3年間は薬を塗り続けなければいけません。
薬をやめれば、数ヵ月後には再発します。
しかも、再発した場合は、今までの薬に対する耐性が備わる事もあります。
再発した場合は、以前の薬では効かなくなる事が多いです。

どうしても、医者へ行くのがダメならば、いつも薬剤師の常時いる薬局で、水虫タムシのクリームタイプの一番弱い薬を購入して、治療を始めてください。
いきなり、強力な薬を使うと、数年後再発時に使える薬がなくなります。
白癬菌治療薬には、液体、クリーム、パウダーと数種類あります。
インキンの場合は、薬が長く留まるクリームタイプの薬が効きます。

実際の薬剤ですと「塩酸ミコナゾール」を主成分とする薬。
(ダマリンやポリカインなど)
最近出た「塩酸ブテナフィン」製剤は強いので、パスした方が良いでしょう。
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • ありがとう数18
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ