-PR-
解決
済み

みずがめ座の時代について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.33158
  • 閲覧数414
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 13% (3/22)

西洋占星術での太陽とか惑星の宮の動きは、普通おひつじ座から始まっておうし、ふたご・・うお座と移動していきますが、時代的には今からの21世紀はみずがめ座の時代で、20世紀まではうお座の時代だったと書いてありました。時代はどうして逆行しているのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 20% (7/35)

地球の運動は、一般に知られる限り、
自転と公転の二つです。
これは、周期が、一日のものと、一年のものです。

でも実際には、歳差運動(こまの運動)と呼ばれる、もうひとつの運動が
働いていています。
これは、周期が、約26000年です。

この運動のために、世紀単位という長い時間の中では、
天球上にある星の位置が、変わるように見えます。

簡単に書くと・・
うお座の時代は、
春分の日の明け方、東の空に、うお座が見える時代のことですよね。
それが今、徐々に、みずがめ座へと変わろうとしています。
いまから2000年近い月日が経てば、山羊座の時代です。

結論
歳差運動の結果、26000年という周期の中で、
春分点が刻々と変化します。
ただ、その方向が、黄道十二宮の数え方とは逆の方向だということです。
納得できましでしょうか???
お礼コメント
siritay

お礼率 13% (3/22)

納得できました、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-02-04 10:25:42
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ