-PR-
締切り
済み

セントジョーンズワート

  • 困ってます
  • 質問No.22193
  • 閲覧数1158
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 15% (12/79)

セントジョーンズワートを栽培されている方、栽培方法を教えてください
また、その利用方法も教えてください
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

セントジョーンズワートじゃなくて、 本当はセントジョンズワートです。 マクドナルドのことをファーストフードっていうのと同じかな。 多年生の雑草なので水はけがよくて、 日当たりのいいとこに植えれば何もしなくても育ちます。 日本にもオトギリソウっていう名前で道端に生えています。 葉を透かして見ると黒色の油点が見えます。 知らないとダニとか病気と勘違いするかも。 夏の終わりに黄色の花が咲きま ...続きを読む
セントジョーンズワートじゃなくて、
本当はセントジョンズワートです。
マクドナルドのことをファーストフードっていうのと同じかな。

多年生の雑草なので水はけがよくて、
日当たりのいいとこに植えれば何もしなくても育ちます。
日本にもオトギリソウっていう名前で道端に生えています。
葉を透かして見ると黒色の油点が見えます。
知らないとダニとか病気と勘違いするかも。
夏の終わりに黄色の花が咲きます。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

薬用植物大辞典(なぜ持っている?)によると、 オトギリソウは花が終わった頃、全草を干したものを、 生薬名で小連ギョウといい、 (ギョウという字は「尭羽」を一文字で書きます) 煎じて飲むと、収れん、含そう、止血剤になるそうです。 セントジョンズワートは、ヨーロッパ産のオトギリソウです。 学名はHypericum perforatum L. john's wortで、 hyperici ...続きを読む
薬用植物大辞典(なぜ持っている?)によると、
オトギリソウは花が終わった頃、全草を干したものを、
生薬名で小連ギョウといい、
(ギョウという字は「尭羽」を一文字で書きます)
煎じて飲むと、収れん、含そう、止血剤になるそうです。
セントジョンズワートは、ヨーロッパ産のオトギリソウです。
学名はHypericum perforatum L. john's wortで、
hypericin C30H16O8 を含むんだそうで。
ししゃ薬として使われるそうです。
刈り取るときに、かぶれる人もいるので注意。

...というのが、1963年の情報です。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

株分けは3~4月、10~11月。種まきは3月です。 もともとヨーロッパ全域に分布していたのですが、 今では日本でも帰化植物として、ごく普通に見られます。 2cm前後の新しい花を、オリーブ油に浸して セント・ジョンズ・ワート・オイルを作ると、 傷薬として使えるのですが、今ではそれよりも、 気分がすっきりする薬として有名になっちゃいましたね。 詳しくはこちら。  ↓ http://www ...続きを読む
株分けは3~4月、10~11月。種まきは3月です。
もともとヨーロッパ全域に分布していたのですが、
今では日本でも帰化植物として、ごく普通に見られます。
2cm前後の新しい花を、オリーブ油に浸して
セント・ジョンズ・ワート・オイルを作ると、
傷薬として使えるのですが、今ではそれよりも、
気分がすっきりする薬として有名になっちゃいましたね。

詳しくはこちら。
 ↓
http://www.sagagoryu.gr.jp/html/saga/sa9906/jsa9906_014.html

ものすごく丈夫な雑草なので、
セイタカアワダチソウを育てるつもりで育てましょう。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

セントジョーンズワートは名前の通り、ヨーロッパのもので、セイヨウオトギリソウですネ。聖ヨハネの名が付けられていることからも、ヨーロッパで非常に重宝されていたことがわかります。中国ではカンヨウレンギョウの名で栽培されており、日本に大量に輸入されています。日本でも栽培種が野生化していますネ。 オトギリソウは日本で医薬品として認められており、中国のショウレンギョウ、或いは、ベニレンギョウに極めて近い種ですが、 ...続きを読む
セントジョーンズワートは名前の通り、ヨーロッパのもので、セイヨウオトギリソウですネ。聖ヨハネの名が付けられていることからも、ヨーロッパで非常に重宝されていたことがわかります。中国ではカンヨウレンギョウの名で栽培されており、日本に大量に輸入されています。日本でも栽培種が野生化していますネ。
オトギリソウは日本で医薬品として認められており、中国のショウレンギョウ、或いは、ベニレンギョウに極めて近い種ですが、日本固有の民間薬であり、セイヨウオトギリソウとは異なるものです。
少々気になったので、補足まで。
以上kawakawaでした
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ