OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

BIOS対応って?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.208349
  • 閲覧数91
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 71% (28/39)

私は素人なのでわかりませんが、BIOS対応という言葉を良く聞きますが、チップセットとCPUの間に関係するものなのでしょうか? たとえば、少し仕様が違う同タイプ(CeleronならCeleron)で周波数が違うものを交換した時に、自動的に対応すること(intel810e チップセットの説明で、celeronからpenIIIまで対応可能というタイプのもの)とBIOS対応という意味は同じことなのでしょうか?ご指導よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

BIOS(Basic Input/Output Systemの略、ハードウェアの入出力を管理制御するプログラム)
パソコンのハードウェアを統括する制御システムをBIOSと言います。簡単に言えば、BIOSがあるからパソコンを動作させることができ、ハードウェアを認識することができます。これは、言ってみればパソコンというハードウェアそのものに搭載されている、最も重要な内部プログラムとなります。
(OSやアプリケーションソフトは外部プログラムです)

windowsやMACなどのOSはBIOSから情報を読みとり、そのハードウェア状況(プラットフォームと言う)に合わせて、全てのハードウェアで決まったソフトウェア環境を作成します。

Q/チップセットとCPUの間に関係するものなのでしょうか?

A/小さな範囲では、そのような点も関係します。BIOSは周辺機器の制御、省電力機能の制御、メモリやハードウェアの動作開始時のエラーチェックなどを行い、PCが正常に動作できる環境か、ハードウェア環境が適正なものかをチェックします。それをOSに渡し、OS側がBIOSの制御情報から、ハードウェアを制御します。
そのため、CPUとチップセットの関係より、PC全体の動作にかんけいするものです。

Q/BIOS対応という意味は同じことなのでしょうか?

A/これは少し違いますね。確かにBIOSが対応しているという場合もありますが、BIOS上にCPUの設定や認識に関しても情報がない場合もあります。また、たとえBIOSで認識できる物でもハードウェアに限界があれば、BIOSの対応では追いつかない点もあります。

BIOSの対応とは、OSなどの外部アプリケーションシステムに対して、的確に情報を送れるかということであって、BIOSの対応=CPUの認識の善し悪しではなく、総合的・最終的にアプリケーションやOSが正常に認識できるかエラーがないか、を見定める機能で周波数が対応するか否かは、ハードウェアの設定上の問題となることもあります。(CPUはBIOSが必ずしも自動で認識する物とは限りません、BIOS以外での手動設定の上にBIOSが動作を認識することもあります)

もう少し言えば、PCの環境ハードウェア情報を整理管理するのが、BIOSで、CPUの動作に関係するのは、BIOSの対応だけでは不十分で、マザーボードの作りなどのハード上の設計による物があります。
BIOSの対応が絶対的に必要なのは、OSですね。 

いかがでしょう。
お礼コメント
Qsans

お礼率 71% (28/39)

ここまでの回答は想像していませんでした!
非常に詳しく大変勉強になりました!
ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-30 13:07:04
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

BIOSはパソコンの基本的な制御を行っている、重要な情報です。 BIOSデータの書換えは、お使いのパソコン装置に反映されていない最新装置の追加サポートや不具合項目を改善するために最新のBIOSデータをご提供するものです。 ...続きを読む
BIOSはパソコンの基本的な制御を行っている、重要な情報です。
BIOSデータの書換えは、お使いのパソコン装置に反映されていない最新装置の追加サポートや不具合項目を改善するために最新のBIOSデータをご提供するものです。
お礼コメント
Qsans

お礼率 71% (28/39)

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました!
投稿日時 - 2002-01-30 13:01:15

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

>周波数が違うものを交換した時に、自動的に対応すること これは「自動的に認識する。」といいます。 BIOS対応は、「BIOSというプログラムが、どのCPU(Celeron、P4、Athlonなど)を認識できるか、どの周波数まで認識できるか、どのOSを入れても大丈夫か、どの増設ボードが扱えるか・・・」ということです。 BIOSが対応していないCPUなどは、動作しません。周波数が規定を超える場合は、 ...続きを読む
>周波数が違うものを交換した時に、自動的に対応すること
これは「自動的に認識する。」といいます。

BIOS対応は、「BIOSというプログラムが、どのCPU(Celeron、P4、Athlonなど)を認識できるか、どの周波数まで認識できるか、どのOSを入れても大丈夫か、どの増設ボードが扱えるか・・・」ということです。
BIOSが対応していないCPUなどは、動作しません。周波数が規定を超える場合は、その範囲内で動作することもありますが、正常稼動ではありません。

BIOSはプログラムですので、入れ替えることにより、対応するハードウェア情報を変えたり、不具合(たとえばUSBでHUBをつなぐと動作不良になるとか)が解消されたりします。
お礼コメント
Qsans

お礼率 71% (28/39)

ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました!
投稿日時 - 2002-01-30 13:02:10
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ