OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

あと数年後ビデオの運命は?

  • 困ってます
  • 質問No.190159
  • 閲覧数38
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 11% (110/923)

現在はまだビデオが主流ですがあと10年もすればDVDが主流となってしまうんでしょうか?そのとき自分の持っている数百本のビデオはどうなってしまうか不安です。16年ほどの間撮りつづけた思い出の品でもあるし。映画やドラマがほとんどですがダビングするにも数が数ですし・・・。今のうちからDVDに移行しておいたほうがイイのかとも思っています。ビデオは残っていけるんでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 31% (77/244)

10年後ですか。おそらくDVDでしょうね。他に優れた記憶媒体が出ない限りは。 ここ最近、レコードがCDへ、テープがMDへと世代交代(?)をしましたね。 それと同じくビデオ→DVDとなっていくのではないかと思います。 ハードディスクに録画するというようなものもあるようですが、これは今の段階ではあまり普及しないと思っています。 さて、ご質問の今のうちからDVDに移行しておいたほうがいいのかと言うことで ...続きを読む
10年後ですか。おそらくDVDでしょうね。他に優れた記憶媒体が出ない限りは。
ここ最近、レコードがCDへ、テープがMDへと世代交代(?)をしましたね。
それと同じくビデオ→DVDとなっていくのではないかと思います。
ハードディスクに録画するというようなものもあるようですが、これは今の段階ではあまり普及しないと思っています。
さて、ご質問の今のうちからDVDに移行しておいたほうがいいのかと言うことですが、その必要はないと思います。
理由は今のテープと同じようになると思うからです。よって、10年後にはDVDが主でしょうがビデオでも十分通用すると思います。

なお、DVDにはDVD-R,DVD-RW,DVD-RAMというようにDVDと名の付く記憶媒体が幾つかありますが、ビデオに取って代わるのはDVD-RAMだと思います。

素人の考えなので自信なしです。


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 33% (9/27)

こんばんは。 カセットテープがそうであるように、 ビデオテープも残っているのではないか、と思います。 世界を基準にすると、CDが一般家庭で ポピュラーになったのも ここ数年のことですから。 それも所得水準の高い国に限ってのことです。 だから膨大な数のビデオテープが 世界中に散らばっていることを考えると、 そう簡単にはなくならないと思います。 ビデオ再生専用機などは 今より ...続きを読む
こんばんは。
カセットテープがそうであるように、
ビデオテープも残っているのではないか、と思います。

世界を基準にすると、CDが一般家庭で
ポピュラーになったのも
ここ数年のことですから。
それも所得水準の高い国に限ってのことです。

だから膨大な数のビデオテープが
世界中に散らばっていることを考えると、
そう簡単にはなくならないと思います。

ビデオ再生専用機などは
今よりも普及するかもしれませんが。

もしもコストなどの経済面で
DVDとビデオが逆転しても
10年よりもっと時間をかけて
徐々にデジタル機器に移行するのではないでしょうか。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 41% (99/239)

私見ですが・・・。 十年後の主流は、案外ネットワーク配信が中心になってしまって、家庭にはハードディスクレコーダーだけになっているのかも、という気がします。 ビデオの主な用途はソフトの視聴な訳ですから、ネットワークでいつでも見たいソフトが見られるような環境になったら、皆それを利用すると思われます。 ブロードバンドはどんどん普及して、さらに高速になっていきますから。 DVDについては、この数年 ...続きを読む
私見ですが・・・。

十年後の主流は、案外ネットワーク配信が中心になってしまって、家庭にはハードディスクレコーダーだけになっているのかも、という気がします。
ビデオの主な用途はソフトの視聴な訳ですから、ネットワークでいつでも見たいソフトが見られるような環境になったら、皆それを利用すると思われます。
ブロードバンドはどんどん普及して、さらに高速になっていきますから。

DVDについては、この数年で何が残るかが決まるのではないでしょうか。
今のDVD方式ではハイビジョンに対応できませんから、次世代のDVR-Blueとかが残るような気がしますが・・・。

なお、ビデオテープは主流からは外れているでしょうけれど、何らかの形で残っていると思います。
いまでもアナログのレコードプレーヤーがあるくらいですから。

DVDへダビングされるなら、残る方式が固まってからでもいいのではないかと思います。
ただし、テープがかびたりしないように、保存に気をつけることをお勧めします。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

Q/あと10年もすればDVDが主流となってしまうんでしょうか?ビデオは残っていけるんでしょうか? A/主流はDVDではありませんが、次々世代に移行するでしょう。ただ、カセットがなくなることはないでしょう。少なくとも当分は・・・元々メディアの記録保持能力は保管さえよければビデオカセットの方が高いですからね。また、信頼性の高いメディアですからね。 音が飛んだり画像が飛ぶ可能性がある光媒体が絶対的に支配 ...続きを読む
Q/あと10年もすればDVDが主流となってしまうんでしょうか?ビデオは残っていけるんでしょうか?

A/主流はDVDではありませんが、次々世代に移行するでしょう。ただ、カセットがなくなることはないでしょう。少なくとも当分は・・・元々メディアの記録保持能力は保管さえよければビデオカセットの方が高いですからね。また、信頼性の高いメディアですからね。
音が飛んだり画像が飛ぶ可能性がある光媒体が絶対的に支配する可能性は低いです。

次々世代のビデオ

DVR-BlueとHivisionDVD(いずれも仮称)です。
容量はDVR-Blueが23GB(片面一層)となり、ハイビジョンで2時間の録画が可能。再来年の禄再機商品化が予定されています。DVDの次世代となり、将来性も高い。

HivisionDVDは50GB(片面2層)となり、D-VHSと同等の容量に達します。4時間のハイビジョン録画が可能。製品化は3~4年後以降の予定。
将来的にはDVR-Blueと互換性を確保する可能性が高い。

現在のDVDは画質や録画時間などでVHSに劣ります。また使い勝手もいまいちな物もありますが、これらの登場で確実に移行するでしょう。現在のDVDが録画再生の主流になることはないです。
これらがのいずれかが登場したときが、光系デッキの録画機の買いになるでしょう。

ちなみに、現在のDVD規格(次世代規格)で優勢はDVD-RWです。
来年はじめにRWはDVDマルチドライブとしてRAM、RW、R対応機を登場させます。
そして、来年中にRWが+RWとRW、Rに対応したドライブを出す予定と良いとこ取りですからね。
ちなみに、現規格全てのDVD書き込み規格対応のピックアップも登場しています。残る残らないよりいずれも使えるデッキが時期にでるでしょう。
ただし、出たときにはDVR-BlueがDVDの次世代として見えるはずです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ