OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ホームシアターの部屋環境、音環境について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.167343
  • 閲覧数194
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 88% (8/9)

パナソニックから液晶プロジェクターTH-AE100という低価格の商品が発売された
と聞きました。価格が安いので、憧れのホームシアターを設置したいと思うの
ですが、家はマンションです。折角スピーカーをたくさんつけてもマンションだと
大きな音で楽しめません。しかし、以前アンプで音を通すと比較的小さな音でも良い音がする。アンプ、スピーカーなどのシステムは大きい音だけが魅力ではないと
聞きました。そこで質問ですが、本当に普段のテレビの音量程度のボリュームで
良い(迫力のある)音を楽しむことは出きるのでしょうか。
そして、もう1つの質問ですが、最近の液晶プロジェクターは部屋を真っ暗に
しなくてもきれいに見えると聞きましたが、部屋の電気などを付けたまま
観ることは出きるのでしょうか。教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル5

ベストアンサー率 100% (1/1)

最近のシネマサラウンドスピーカーは小音量でも十分良い音を出すことが可能です。私は仕事の都合上深夜2:00位の帰宅になりいつもTUTAYAでレンタルしたDVDを午前4:00ぐらいまで5.1Ch(実際は8Ch)で楽しんでいます。ちなみにアパートに住んでいます。
クオリティーの高い良い音を出すには小音量でも十分だと思います。
ただし、迫力のある音となると小音量とは半比例するものだと思います。
他の方も回答されていますが、5.1Chの0.1Chに記録されている重低音こそホームシアターの大迫力を実現している部分です。スーパーウーファーがなければ迫力が半減されると言っても過言では有りません。このスーパーウーファーから再生される音域は音と言うより音圧、低周波振動ととなって再現されます。低周波振動はどんなに良い建物であっても音となって伝わってしまうため他の部屋への影響は無いと言えないでしょう。私も深夜はスーパーウーファーは使用していません。迫力を求めるのであれば日中のご鑑賞が良いと思います。
液晶プロジェクターですが、私はSONYの10HTを使用していますが、蛍光灯をつけた状態ではとても観れる状態では有りません。
スクリーンを窓側(窓から1m程度離れています)を背にして設置して部屋の中は薄暗い状態でいつも鑑賞しています。昼間でも蛍光灯をつけなければ十分鑑賞できます。
TH-AE100はSONYのVPL-HS1FPに比べ実際かなり明るく良いプロジェクターだと思います。ただし、私のプロジェクターより輝度性能はかなり低いものです。(10HTは輝度1000lumenTH-AE100は700lumenです。)
部屋の電気をつけたままではPC画面等静止画でのプレゼンテーションは可能ですがDVD等の動画鑑賞は無理だと思います。
せっかく良いプロジェクターのご購入を検討されているのですから鑑賞する環境はベストな環境にするほうが得策だと思います。
ご参考までに、スクリーンは安価で設置環境を選ばないホワイトマットがお勧めだと思います。ビーズやパールは画像のクオリティーはかなり上がりますが、電動巻き上げ式でないと引張りによるスクリーンのゆがみが発生し画面がゆがんでしまいます。また、プロジェクターの設置場所も限定され、価格でも10万円をはるかに超えるものとなります。
PS:低価格帯のプロジェクタは液晶が良いと思います。DLPは赤色が流れて動画には向かないと思います。
お礼コメント
pi-hyarara

お礼率 88% (8/9)

ご回答ありがとうございます。
やはり5.1chにすることで質の高い音が出せるのですね。
ご提案通り、ウーハ-は昼間見るときだけに使いたいと思います。
その他、きめ細かい情報をありがとうございました。
参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2001-11-15 11:10:58
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 24% (25/102)

???。 音の音質と大きさは関係ないよ。 自分は50インチのTVで映画を見ていますが、音はヘッドホンで聞いています。夜でも大きな音で楽しめるからです。 想像してみてください。 映像は大迫力、しかし、音は近所を気にして小さめ・・・。 それでホントに映画を楽しめますか? (アンプ、スピーカーなどのシステムは大きい音だけが魅力ではない) >どんなに音が良くても迫力を感じるのは音の大きさです。 映 ...続きを読む
???。
音の音質と大きさは関係ないよ。
自分は50インチのTVで映画を見ていますが、音はヘッドホンで聞いています。夜でも大きな音で楽しめるからです。
想像してみてください。
映像は大迫力、しかし、音は近所を気にして小さめ・・・。
それでホントに映画を楽しめますか?
(アンプ、スピーカーなどのシステムは大きい音だけが魅力ではない)
>どんなに音が良くても迫力を感じるのは音の大きさです。
映画館へ行って、音はすごく良くても、ちょっと小さめな音だと迫力を感じないと思うよ。
ちなみに、マンションにも設計の違いにより、防音効果が違うから、防音がしっかりしていればそれなりの音量で楽しめるのでは?
お礼コメント
pi-hyarara

お礼率 88% (8/9)

早速のご回答ありがとうございます。
スピーカーの音量を上げなくても、5.1chなどでそこそこの迫力を感じる
ことができるのかな、と思ったのですが。
ヘッドホンで聞くほうが良いかも知れませんが、家族で見る場合には
どうしてもスピーカーになってしまうのかな、と思ったのです。
その時に、テレビのスピーカーで聞くよりは…との思いから今回の質問に
至りました。
投稿日時 - 2001-11-12 17:10:08


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

まず、このクラスのプロジェクタなら他社も出してますし、PC系やディスプレイ系メーカーの方が強いので、よく考えて見比べて買ってくださいね。(参考) Q/良い(迫力のある)音を楽しむことは出きるのでしょうか。 A/アンプとは多チャンネルのAVアンプですよね。 (いわゆるドルビーデジタル対応などのアンプ) 迫力とよい音は別です。迫力を上げるには音を上げるかバーチャルアルゴリズム(SRSなど)を ...続きを読む
まず、このクラスのプロジェクタなら他社も出してますし、PC系やディスプレイ系メーカーの方が強いので、よく考えて見比べて買ってくださいね。(参考)

Q/良い(迫力のある)音を楽しむことは出きるのでしょうか。

A/アンプとは多チャンネルのAVアンプですよね。
(いわゆるドルビーデジタル対応などのアンプ)
迫力とよい音は別です。迫力を上げるには音を上げるかバーチャルアルゴリズム(SRSなど)を利用して、重低音を高めて迫力をある程度付けるなどですね。
よい音はノイズがのらない、原音を忠実に再現し、雰囲気を作り出すことです。

これは、ユーザー側がどこで満足するかであって、テレビ程度の音量で満足する人もいれば、それでは満足にかける場合もあります。これで満足できないか否かはその人次第ですよ。やってみないと、わからないということです。
まあ、テレビ程度では私は微妙ですね。迫力面では圧倒的に劣りますから、満足には至らないかと思いますね。
とりあえず、5,1や6,1chのサラウンドであれば、普通のテレビ放送など2chで聞くよりは音量が小さくても臨場感と迫力は違い遙かに良いです。
よって、その程度でも満足される方はおられますよ。
最近は多チャンネルのAVアンプでもサイレントモードなどの機能がありますから、昔より良いです。


Q/部屋の電気などを付けたまま観ることは出きるのでしょうか?

A/さあどうでしょうね。これはハードウェアと設置状況によります。多少明るくても大丈夫なものもありますが、基本は暗くすることです。どんなにハイコントラストで輝度が高く明るいところでも見られるというものでも、明るいところと暗いところでは受像される映像の迫力などは違いますので、暗くして見ることを推奨します。
お礼コメント
pi-hyarara

お礼率 88% (8/9)

早速のご回答、ありがとうございます。
「音」というのは微妙な難しいものなんですね。
参考になる情報をありがとうございます。
色んな音を聞き比べて研究したいと思います。
投稿日時 - 2001-11-12 17:23:53
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 52% (130/249)

私はPioneerのドルビーサラウンド対応アンプ(数年前の機種ですが)で、個別にスピーカを用意して5.1chを組んでいます。 pi-hyararaさんもホームシアターを組むとなると、当然映画を見るのが主になるでしょうし、5.1ch対応の映画を見ることになるでしょう。 そのような映画で迫力ある音場を構成する主要素は、スーパーウーハーが担当する重低音というのが私の感じです。 映画のハイライトシーンな ...続きを読む
私はPioneerのドルビーサラウンド対応アンプ(数年前の機種ですが)で、個別にスピーカを用意して5.1chを組んでいます。

pi-hyararaさんもホームシアターを組むとなると、当然映画を見るのが主になるでしょうし、5.1ch対応の映画を見ることになるでしょう。
そのような映画で迫力ある音場を構成する主要素は、スーパーウーハーが担当する重低音というのが私の感じです。
映画のハイライトシーンなどで重低音がズンズンとくると、結構興奮します。

でも、この興奮は小さな音量ではあまり感じられず、私の実感としては、ある程度の音量を出さないと臨場感がでない気がします。
その上、重低音ってあまり音量を上げていなくても結構響くんですよね。

ですから、私がサラウンドで映画を見るときは、近所に迷惑がかからないように昼間にしています。
pi-hyararaさんは夜に映画を見るのでしょうか。マンションで、夜に迫力のあるサラウンドをかけるのはチッットきついでしょうね。

はっきりとは知りませんが、最近は疑似サラウンド再生ができるヘッドホンがあると聞いたことがあります。その辺を検討してみてはどうでしょうか。

>最近の液晶プロジェクターは部屋を真っ暗にしなくてもきれいに見える…

すみませんが、私は最近の液晶プロジェクターには詳しくないので分かりません。
お礼コメント
pi-hyarara

お礼率 88% (8/9)

早速のご回答ありがとうございます。
ホームシアターは重低音が重要なのですね。
私は家族で見るつもりなので、ヘッドホンはちょっと難しいです。
休日のお昼に見るなど、時間帯を選んで楽しんでみます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-12 17:26:54
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 24% (25/102)

自分も何年か前に5.1chで楽しんでいましたが。 やはり、夜に大音量で楽しめないのでヘッドホンに変更しました。 最近は5.1chのシステムも安くなってるので、まず、5.1chシステムを買って、昼間に映画を見るときに使う。もし、夜は近所を気にしてスピーカーは・・・ってことになればヘッドホンを買って夜に映画を見るときに使う。 ヘッドホンも充電式のコードレスヘッドホンを買えば5千円くらいであるし、電話の子 ...続きを読む
自分も何年か前に5.1chで楽しんでいましたが。
やはり、夜に大音量で楽しめないのでヘッドホンに変更しました。
最近は5.1chのシステムも安くなってるので、まず、5.1chシステムを買って、昼間に映画を見るときに使う。もし、夜は近所を気にしてスピーカーは・・・ってことになればヘッドホンを買って夜に映画を見るときに使う。
ヘッドホンも充電式のコードレスヘッドホンを買えば5千円くらいであるし、電話の子機のようにヘッドホンだけ人数分買えば、4人家族でも2万円あればそろえられるよ。
ヘッドホンも(下記HP)のように5.1chを楽しめるものもあります。
http://www.sony.co.jp/sd/products/headphone/contents/virtual/index.html
4人家族だと約7万円でそろえられるよ。参考に。

(最近の液晶プロジェクターは部屋を真っ暗にしなくてもきれいに見えると聞きましたが)
>TH-AE100のように低価格なものだと、まず光量が低いです。
TH-AE100は700ルーメンという明るさの単位です。
高価なものは2000ルーメンという明るさがあるので、これぐらいあれば部屋が少しぐらい明るくても見えるかも。
TH-AE100は15万7千円で700ルーメン。
エプソンのELP-50は18万7千円で1000ルーメン。(下記HP参照)
http://www.i-love-epson.co.jp/products/elp/value.htm

ここのHPで安い店を探しては?。
http://kakaku.com/sku/price/projector.htm
お礼コメント
pi-hyarara

お礼率 88% (8/9)

ご回答ありがとうございます。
やはりヘッドホンなんでしょうか。でもみんなでヘッドホンをつけていたら
その時々の感想が言い合えないですね...
色々な情報をありがとうございました。
参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2001-11-15 11:06:44
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ