-PR-
解決
済み

JRの定期

  • 暇なときにでも
  • 質問No.16734
  • 閲覧数116
  • ありがとう数13
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 77% (530/685)

初めてコンピュータ以外のカテゴリで質問させていただきます。
私の定期は、赤羽から大宮まで、川口、浦和経由で移動できるのですが(本当はもっとかなり広い範囲ですが)、なぜか、埼京線の南与野駅で降りられてしまいました。
なぜ定期の範囲として扱われたのでしょうか。
これは仕様?
これはバグ?
技術者さま、駅員さま、てっちゃん(!?)さま、どうかお答えあれ。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 33% (2/6)

埼京線の赤羽~大宮間は、東北本線の別線扱いです。
ですから、この区間内をすべてカバーする定期では、どちらにのっても良いことになっています。ですから、埼京線区間内でも降りることができます。
お礼コメント
haporun

お礼率 77% (530/685)

だったら武蔵浦和とかでも降りられちゃうわけですね。
でも、この便利(でしかもめちゃくちゃ高価)な定期とも、今年でお別れなのです。
新宿から定期に通じる切符を買おうとすると、品川、秋葉原、田端、赤羽と4つも候補が出るなんてアホみたいですね。
都心は定期の範囲ではないけど、色々と行くことが多いので、重宝しています。
どこも200円くらいで行けるから。

それでは皆様ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 38% (61/158)

おそらく、途中経路の選択が認められているためだと思うのですが。 利用者の便宜をはかるために、埼京線でも東北本線でも どちらでも使えるようになっているためです。 運賃は計算上、最短経路である、東北線経由が適用されます。 ...続きを読む
おそらく、途中経路の選択が認められているためだと思うのですが。
利用者の便宜をはかるために、埼京線でも東北本線でも
どちらでも使えるようになっているためです。
運賃は計算上、最短経路である、東北線経由が適用されます。
お礼コメント
haporun

お礼率 77% (530/685)

仕様、ということですね。
経由の表示もあまり当てにならないものですね。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 22% (6/27)

時刻表に「東京都区内・大阪環状線内を通過する場合の特例」ってのがあります。それによると・・・ 下図の太線区間を通過する場合は、太線区間上で入り口となる駅から出口となる駅までは、実際に御のりになる経路に関わらず、太線区間内のもっとも短い経路の営業キロを用いて計算します。運賃計算に用いた経路以外もご利用できますし、片道101キロ以上の乗車券ならば途中下車も出来ます。 とあります。 ちなみに「太線区間」と ...続きを読む
時刻表に「東京都区内・大阪環状線内を通過する場合の特例」ってのがあります。それによると・・・
下図の太線区間を通過する場合は、太線区間上で入り口となる駅から出口となる駅までは、実際に御のりになる経路に関わらず、太線区間内のもっとも短い経路の営業キロを用いて計算します。運賃計算に用いた経路以外もご利用できますし、片道101キロ以上の乗車券ならば途中下車も出来ます。
とあります。
ちなみに「太線区間」というのは、山手線を中心に西は鶴見・新川崎、南は蘇我、北は大宮になってます。
この特例に当てはまるのではないのでしょうか?
お礼コメント
haporun

お礼率 77% (530/685)

ほほう。
そんな裏技みたいな表示があったとは。
あんまり遠回りになる駅では降りられないようですね。
横浜~赤羽(京浜東北経由)も範囲ですが、さすがに新宿は降りられないようです。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ