OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

羽毛ふとんの手入れ

  • 暇なときにでも
  • 質問No.148090
  • 閲覧数103
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/31)

 羽毛ふとんは日干しですか、陰干しですか。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 33% (1142/3363)

episodeさん、こんにちは 『直射日光で干してもかまいませんが、長時間当てすぎると 傷みますのでカバーリングを忘れずに。』 詳しくは下記URLをご覧下さい。 http://www.osaka-nishikawa.co.jp/faq/qa10.htm ...続きを読む
episodeさん、こんにちは

『直射日光で干してもかまいませんが、長時間当てすぎると
傷みますのでカバーリングを忘れずに。』
詳しくは下記URLをご覧下さい。
http://www.osaka-nishikawa.co.jp/faq/qa10.htm
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 48% (2274/4691)

 私は○八真綿の製品を自宅に直接販売に来た、今から思うとかなりあやしげな人から購入しましたが ○八では日陰で干すように注意されました。 日の当たるところに干すときはカバーリングを忘れずに、とのことでしたので 念のため、カバーリングして干すというのがいいんじゃないでしょうか。 もし万一にでも傷んだら、泣いても泣ききれないお値段ですからね。 布団の上に1枚シーツのようなものをかぶせるとよいようです。
 私は○八真綿の製品を自宅に直接販売に来た、今から思うとかなりあやしげな人から購入しましたが
○八では日陰で干すように注意されました。
日の当たるところに干すときはカバーリングを忘れずに、とのことでしたので
念のため、カバーリングして干すというのがいいんじゃないでしょうか。
もし万一にでも傷んだら、泣いても泣ききれないお値段ですからね。
布団の上に1枚シーツのようなものをかぶせるとよいようです。
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 61% (13/21)

中の羽毛は、日光にあたっても問題ないですね。 なんたって鳥ですから(わらい しかし、羽毛ふとんの生地というのは、 羽毛のふきだしを防ぐダウンプルーフ加工がされていたり、しなやかになるように細い糸やシルクだったりするので、直接日光に当てると、日焼けして生地が弱くなるんですね。 ですから、日光に当てる場合は皆さんおっしゃているように「カバー」をかけるか最近通販等で見かける 「ふとん干す用のカバー ...続きを読む
中の羽毛は、日光にあたっても問題ないですね。
なんたって鳥ですから(わらい
しかし、羽毛ふとんの生地というのは、
羽毛のふきだしを防ぐダウンプルーフ加工がされていたり、しなやかになるように細い糸やシルクだったりするので、直接日光に当てると、日焼けして生地が弱くなるんですね。

ですから、日光に当てる場合は皆さんおっしゃているように「カバー」をかけるか最近通販等で見かける
「ふとん干す用のカバー」を使うといいかも。
干す時間も、朝の10:00からお昼の2:00までが最適です。いくらお天気がよくても、夕方近くまで干していると、外の湿気がお布団に逆戻りって事になりますのでね♪
  • 回答No.4

羽毛は弾性回復性が強く、また、放湿性にも優れているので、他のふとんのように頻繁に日干しする必要はありません。 干す場合は、晴れた日に風通しの良い日陰で数時間陰干しをして下さい。 干した後は、時掃除機やほうきで埃やごみを払いますが、叩くと布団が傷みますから、布団たたきは使わないようにします。
羽毛は弾性回復性が強く、また、放湿性にも優れているので、他のふとんのように頻繁に日干しする必要はありません。
干す場合は、晴れた日に風通しの良い日陰で数時間陰干しをして下さい。
干した後は、時掃除機やほうきで埃やごみを払いますが、叩くと布団が傷みますから、布団たたきは使わないようにします。
  • 回答No.5

直射日光に当ててかまいません。 時間は夏は30分程度。冬でも1時間まで。 いちいち裏返しの必要もありません。 取り込む際に、ホコリが気になれば、ブンブン振るか、はたきのようなもので払います。 陰干し推奨するのは、樹脂加工によるダウンプルーフ生地や、カサ上げ加工の羽毛です。側生地の日焼け(色あせ)が心配なら、カバーをかけたままで干します。
直射日光に当ててかまいません。
時間は夏は30分程度。冬でも1時間まで。
いちいち裏返しの必要もありません。

取り込む際に、ホコリが気になれば、ブンブン振るか、はたきのようなもので払います。

陰干し推奨するのは、樹脂加工によるダウンプルーフ生地や、カサ上げ加工の羽毛です。側生地の日焼け(色あせ)が心配なら、カバーをかけたままで干します。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ