解決
済み

ビデオのダビングモードとVスタイビライズ(ビクターHR-VX100)

  • 暇なときにでも
  • 質問No.13493
  • 閲覧数851
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 57% (128/221)

ビクター HR-VX100を使用していますが、そのメニューから
のモード設定のなかでダビング(入・切)やVスタビライズ(入・切)があります。説明書では通常は、”切”にするよう書いてありますが、逆に常に”入”にした時は何か
不具合がでるのでしょうか。特に問題がなければ常に"入”にしておけばこのような設定自体不要に思えるのですが.
なにか、理由でもあるのでしょうか??
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 23% (9/38)

私もビクター愛用者なので・・・
回答はONでもOFFでもかまいません!それがあなたの好みの画面ならばです、不具合もありません。まず・・
1:「ダビング」モード
(他に「レンタル」もあるかとおもいますが・・・)単純にいえば画面上の線をはっきりさせるかどうかの違いですね、たとえば顔の輪郭をシャープにしたいとか。他のテープにダビングする時に映りの良いようにしてくれると考えていいでしょう。好みですので色々試してみては?
2:「Vスタビライズ」
これは3倍モードで見る時に画面のちらつき(揺れ)を少なくしてくれるもの。
ということなので、ONでもOFFでも視聴上問題無ければ、どっちでもいいです。(厳密に見れば違いはあるが普段は気にしないでいいでしょう)
最近のものはやたら機能がついていて戸惑いますが、少なくとも壊れることはないので色々やってみましょー。
因みにこれらは説明書に書いてますよ。小さい文字ですがね。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ