OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

デンドロビューム?の育て方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.127529
  • 閲覧数1282
  • ありがとう数15
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 76% (605/792)

デンドロビューム(蘭)を育てていますが、茎の途中から根が出てしまいます。
花芽がつくはずの場所とのことですが、どう手入れをすれば、良いのでしょうか
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

下記のページをご覧ください。 http://www.cjn.or.jp/nios97/seminer/asai.html http://www.d4.dion.ne.jp/~fseguchi/orch-db.htm ...続きを読む
お礼コメント
mimidayo

お礼率 76% (605/792)

早速の回答、ありがとうございます。
このHPは私も見て参考にしていました。
投稿日時 - 2001-09-03 09:38:36
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 42% (56/132)

デンドロビュームの花を咲かせる秘訣を紹介します。 1 日光によく当てる。5月から10月は屋外に出し、風通しをよくし、直射日光に当てます。ただし、梅雨明けころから8月までは葉焼けの心配があるので20%の遮光をするとよいでしょう。(私は、昼過ぎからは直射日光のあたらない風通しのよいところに置いています。遮光は必要有りません。毎年咲きます。) 2 肥料は早めに打ち切ります。窒素成分を含む肥料は7月までで止め ...続きを読む
デンドロビュームの花を咲かせる秘訣を紹介します。
1 日光によく当てる。5月から10月は屋外に出し、風通しをよくし、直射日光に当てます。ただし、梅雨明けころから8月までは葉焼けの心配があるので20%の遮光をするとよいでしょう。(私は、昼過ぎからは直射日光のあたらない風通しのよいところに置いています。遮光は必要有りません。毎年咲きます。)
2 肥料は早めに打ち切ります。窒素成分を含む肥料は7月までで止めます。窒素過多で茎葉の色が濃すぎる場合は8月から9月ころ、第一リン酸カリの2000倍駅を施すとよいでしょう。10月下旬には茎が飴色になるとよいです。(肥料は5月から7月まで洋ラン専用のハイポネックスを1000倍を月2回与えます。)
3 茎が成熟したら一定期間低温に当てることです。夜間の最低気温が14℃以下の低温に当たらなければ花芽が出来ません。すぐに室内に入れないことです。(天気予報をよく見ています。大体11月下旬から12月に室内に入れます。またそのころから3月は乾燥気味に育て、10日に1回くらい少量の水遣りで十分です。)
以上の3点の条件がそろわないと高芽がついたりします。ただ根が出たということですがそんなに気にせずに今から以上の点を注意されると来年の春、花が咲くと思いますよ。がんばって咲かせてください!!
お礼コメント
mimidayo

お礼率 76% (605/792)

経験者の方のご意見ありがとうございます。
根が出たのは、植え付けをする・・ときいていますが、それでよろしいのですか?
茎を切ったりしなくても良いのでしょうか?切るとしたらどんな時でしょうか??
ご存知でしたら教えてください。

宜しくお願いします。
投稿日時 - 2001-09-03 09:33:34
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ