-PR-
解決
済み

子どものチック放っておいても大丈夫?

  • 困ってます
  • 質問No.10781
  • 閲覧数14552
  • ありがとう数19
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 84% (21/25)

10歳の子どものチック症状について質問です。小学校1年生の秋からチックがあります。まばたきの回数が異常に増えたことから始まり、今はまばたきの時目をつむっている時間が長くなり、鼻も動かすようになりました。頭を振るようなこともたまにあります。この症状になったのは去年からですが、症状は軽くなったり重くなったり変化します。小学校入学、引越し、転校、弟の誕生、怖い母親(私)、友達とのかかわりなどなどその時々にストレスとなるようなことは色々ありましたが、これといった原因が思い当たりません。周りの大人たちは本人にそのことを指摘してはいませんが、本人は少しは自覚しているようです。毎年春と、秋に花粉アレルギーで目のかゆみもあるのですがある時お友達からまばたきのことを指摘された本人は「あ、これアレルギー。」などと言ってごまかしているのを聞いたことがありますから。前置きが長くなりましたが知りたいことは次の二点です。(1)今まで様子を見守ってきましたがやはり1度は病院で診てもらったほうが良いのでしょうか?その場合本人にはなんと言って連れて行くと良いでしょうか?病気だということを意識させるとかえって良くないでしょうから。(2)この症状は軽くなることはあっても一生直らないものなのでしょうか? 長々と書いてしまいましたがご存知の方、体験された方などのお話をうかがえるとうれしいです。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 29% (56/192)

歳の離れた従兄弟がやはり小学校低学年からチック症でした。周りが何も言わなくとも本人は薄々気づいているようでしたが、両親自身がカウンセリングを受たりし、本人に自覚させないことが一番良いと指導され、その通りにしていました。ohinaさんのお子さんと同じように、症状は重くなったり軽くなったりでした。が、高校生になる頃から症状はあまり出なくなり、大学、就職と現在は全く症状はなくなりました。ですので、一生治らないということはないと思いますが・・・(専門家ではありませんので体験談で申し訳ないのですが)
ドクターに相談される場合はまず、親御さんが受け、診療方針等に賛同された後にお子さんを連れて行く形でも良いのではないでしょうか?であれば、お子さんへの説明の仕方などもドクターの方で指導していただけるでしょうから。
早く治るといいですね。体験談がお役に立てたら嬉しく思います。
お礼コメント
ohina

お礼率 84% (21/25)

まず、親だけで受診するという方法は良いですね。それに、加齢とともに症状が消えたという体験は励まされます。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 10% (1/10)

atashi no itoko ga mae chikkusyou ni kakatte imashita.kare no baaiwa oosugiru sutoresu kara kiteimashita (kiwo tukatteitatomo iemasu). karewa byouin ni iki adovaisu wo uke te sutoresu no geiin wo tori ...続きを読む
atashi no itoko ga mae chikkusyou ni kakatte imashita.kare no baaiwa oosugiru sutoresu kara
kiteimashita (kiwo tukatteitatomo iemasu).
karewa byouin ni iki adovaisu wo uke te
sutoresu no geiin wo tori nozoki(korewa hito sorezore desu yone)1kagetu moshinaiuti ni naorimashita.1kai teikou ga arukamoshiremasenga
seishinka no byouin ni itte mitewa doudesyouka?
suguni naorimasuyo.
お礼コメント
ohina

お礼率 84% (21/25)

受診してすぐに良くなることもあるんですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 31% (161/506)

私もそのような症状を持っていましたが、 年齢が上がるにつれ単なるクセと思える程度に矯正できました。 もともとは首を前後に振るというものでしたが、 目立つのであまり目立たないように横に変えました。 ちょっと頭痛で頭が重いときなどは、頭をふるので余計に痛いです(笑)。 チック症状はいずれ小さなクセに矯正できると思います。 爪をかむとか、そういった目立たない症状の人もいっぱいいますし、 あまり気に ...続きを読む
私もそのような症状を持っていましたが、
年齢が上がるにつれ単なるクセと思える程度に矯正できました。
もともとは首を前後に振るというものでしたが、
目立つのであまり目立たないように横に変えました。
ちょっと頭痛で頭が重いときなどは、頭をふるので余計に痛いです(笑)。
チック症状はいずれ小さなクセに矯正できると思います。
爪をかむとか、そういった目立たない症状の人もいっぱいいますし、
あまり気にする必要はないと思います。

ビートたけしも同様のクセを持っていましたが、
事故をしてからあまりしなくなりましたね。
人が肩を上げるので余計にオーバーアクションになっていますが、
あれはなぜだかわかります?
あれは首の筋肉に負担がかからないように肩で抑えているんですよ。

意識している間は、その症状を抑えられると思うので、
何かをしたくなったら利き腕じゃない方の手首を曲げるとか、
そういう楽なクセに矯正してはいかがでしょうか。
私は子供のうちは直そうとも思っていなかったのですが、
高校生(退学したけど(笑))になってから、
自分で矯正しようと思ったら半年くらいで矯正できました。
お礼コメント
ohina

お礼率 84% (21/25)

無意識にしてしまうから病気なのだと思い込んでいたので自分の意志でそこまで症状を抑えることができるとは驚きました。本人が症状をどう受け止めていくようになるのかはわかりませんが、自分で矯正しようとする日がくるのかもしれないと少し希望が持てました。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 36% (56/154)

私も、幼稚園時代にチック症になりました。 原因は、転校してすぐ 担任の先生にクレヨンを取り上げられた事でした。 それも、意味もなく。(単に先生のヒステリーです) それまでは、有名お嬢様学校の付属だったため そんな思いはした事なかったのですが そこはカトリック系であったにもかかわらず、下町で 先生を含めみんなの活発さ?についていけませんでした。 とりあえず、母が先生に苦情を言い クレヨンを ...続きを読む
私も、幼稚園時代にチック症になりました。
原因は、転校してすぐ
担任の先生にクレヨンを取り上げられた事でした。
それも、意味もなく。(単に先生のヒステリーです)
それまでは、有名お嬢様学校の付属だったため
そんな思いはした事なかったのですが
そこはカトリック系であったにもかかわらず、下町で
先生を含めみんなの活発さ?についていけませんでした。
とりあえず、母が先生に苦情を言い
クレヨンを返してもらった事ですぐ治りました。
症状が起きるのに、原因がない事はないと思います。
なにか、負い目があったり卑屈になったり
ショックな事が起きるとなるようです。
原因を早く除去したいでしょうが
周りも本人に症状を指摘してはいけないそうですから
(気にするとよりひどくなる子もいます)
まず先に、親が小児心理科に相談にいかれた方が良いと思います。
お礼コメント
ohina

お礼率 84% (21/25)

原因についてはこれまでもずっと考えてきましたがやはりこれこそが、と思えるものがないのです。でも、症状が重くなるときには何かきっかけとなるような出来事などがきっとあるのでしょうね。原因を追求することは本人に症状を自覚させることにつながるのでこれまではあえて問いただしたりはしていませんでした。専門家に相談するかどうかをこれから良く考えてみたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ