“五月病”を予防&撃退しよう!ストレス解消Q&A特集

“五月病”を予防&撃退しよう!ストレス解消Q&A特集

新生活に適応できず、身体が重くなったり無気力になってしまう。そんな経験はありませんか?いわゆる“五月病”と呼ばれるこの症状、医学的には新しい環境、人間関係、仕事などのストレスが原因の「適応障害」だと言われています。今回は、この五月病の要因、症状から予防、対策法までをQ&A形式でご紹介します。ぜひチェックしてみてください!

社会人1年目の新人です。

4月からは正社員として週5で働いているのですが、最近になって、体調がおかしいです。食欲が変に増えており、会社の中にいるのに震えるぐらい寒いです。4月になってからは、それまでは全く泣かない性格だったのに、突然涙が止まらなくなるという発作に襲われるようになりました。つい4日前には、勤務時間中にその発作が出てしましました。自分でも、自覚しているよりも深刻な気がしてきました。今も会社に行くのが嫌でたまりません。何かアドバイスをお願いします。

症状と状況からして、やはり「5月病」じゃないでしょうか。放置すると本格的なうつ病になりかねませんので、早めに手を打ちたいところですね。個人的な考えですが、メンタルの症状で病院に行くべきか、カウンセリングなどで解決できるかどうかの境目は、「日常生活や仕事に悪影響を及ぼしているか」「身体症状(不眠・食欲の変化など)が出ているか」だと思います。その視点から質問を読んでの印象は、やはり一度病院に行った方がいいと…(続く)

五月病は6月になると治るのでしょうか?

もうすぐ月が変わりますが、五月病は6月になると治るのでしょうか?六月病って聞いたことがないので…今月絶不調だったので、何とか調子を取り戻したいと思ってます。皆さんはどうですか?

社会人の方なら5月病という名前は以前のもので、今は6月病が主になりつつあるみたいです。これは新入社員に対する研修期間を一ヶ月くらいは設ける企業が多くなったためで、4月に入社しても実際に現場に配置され人間関係などで悩みを持ち始めるのが5月になってから、それが原因で心が弱ってくるのが6月とずれ込んでくるからだそうです。なので、6月になったからといって誰もが治るとは考え難いですが、ご質問者さんの場合は…(続く)

適応障害とは?

自分で調べてもいまいち良く分かりません。社会に馴染めなければ適応障害と言われるのでしょうか?それに伴い何か体の障害が出ている状態の事なのでしょうか?今度、心療内科にいくつもりで自分と関係ありそうなものを調べています。もし、治療中の方がいらっしゃればどのような治療をするのかも教えて頂きたいです。

社会に馴染めなければ適応障害と言われるのでしょうか?神経症・うつ病・統合失調症、大きくこの様に分類されると思います。一般人でも理解できる慢性的な心の葛藤を持った人を神経症・うつ病と言います。統合失調症と言うのは俗に言う本当の心の病。一般人では理解できない。神経症・うつ病を違う言い方をすればストレス病。適用障害は神経症に属するのでないでしょうか。神経症の中にも…(続く)

五月病のストレス解消法は?

転職して3ヶ月か経ち、転職の夢が叶って充実するはずが、残業続きで帰るのが夜の9時ぐらいとなり、子供も4歳と2歳で喧嘩ばかりしていてなかなか気が休まる状態がありません。何か無気力状態が続き、悲観的なことしか思わなくなったので、精神科に受診して薬を飲みながら仕事をしている状態です…お聞きしたいことは、自分のように仕事で遅く変えられて、小さなお子さんのいらっしゃる方かどのようにして自分の時間を作り、どのようなことをしてストレス解消…(続く)

私も同じ経験をしましたが、今のあなたは一番苦しい時を経験しています。まず言えることは、今の時間(約半年~1年)を乗り越えれば、仕事にも慣れ、人間関係もそこそこ出来るという事。あと3~4年たてば子供も言うことを聞くようになり、全然楽になるという事。その上でやはり同じ男子として言えるのは、あなたがここで打ち勝たなくては、こどもさんや奥さんの事を守ってあげられないことも良く覚えておいてください。強さも賢さも…(続く)

みなさんのストレス解消方法は?

最近仕事のことなどでストレスが溜まっています。ひどくお腹を壊したり、体調にも出ています。スパっとストレス解消したい!と思い、投稿しました。そこで、多くの方のおすすめのストレス解消方法を知りたいです!ざっくりした質問ですいません。できれば、お金をかけずにできるものが望ましいのですが、いろんな意見が頂ければ嬉しいです!

寝る、泣く、友達等に愚痴る、友達等と会話をする、自分の趣味に没頭する、お風呂に入る、美味しいものを食べる、音楽を聴く、僕はこれくらいでしょうか…友人に愚痴とグチるのも友人に悪いですしね…でも、人と楽しく話していたりするのはストレス解消になります。あとは自分の好きな映画を見たりとかでしょうか。辛いことがあったり、苛々することがあったとして、そのことばかりを考えていても苛々がこみ上げてきたりしますから…(続く)

【編集後記】

人によって“五月病”の症状は違いますが、体調や気分の異変が続くようであれば
適応障害などの可能性を考え、できるだけ早く病院へ行くことをおすすめします。
また、未然に防ぐことが大事です。日常生活から気分転換を心がけ、ストレスを溜めないよう気をつけましょう! 特にGWが明けてから自覚しやすい症状ですので、連休中に生活のリズムが崩れないよう十分注意してくださいね。

◎“五月病”に関する質問の傾向など、調査分析について詳しく知りたい方はこちら 近年、10代~20代の「拒食」に関する悩み相談が増加する傾向に!?
「新生活特有の不安と体調の関係を調査」