「ピックアップQ&A」をチェック!

[ピックアップQ&A]は、スタッフが「これは!」と思ったタメになるQ&Aをご紹介するコーナーです。
なるほどフムフム、と思わずうなづく雑学とお役立ちQ&Aが満載!

定年退職後のお金の管理

質問

定年退職後のお金の管理

定年(60歳)まで あと二年です。

60~70歳は、頑張って働いて年金を補いやっていこうと思います。
(仕事は現役の(今の)仕事の延長で、収入はいまの3~5割です)なんとかやれそうです、健康でさえあれば。

また、一人すでに独立した子どもがおりますが、私は独身の一人住まいです。
賃貸のマンション(家賃8万)です。

相談は。

退職時に1000万ほど貯蓄や退職金等で確保できそうです。
定年10年後の70歳代はその金でつなぎたいと思います。

10年間その1千万を確実に寝かしておこうと考えています。
でも、できれば、その間少しでも額が増えればいいなとは思います。

国債の変動金利十年ものがよいとか、金利に期待しないのなら普通に銀行の定期預金に置いておけばいいと友人・知人は言います。

リスクをとらないのであれば、そういうもんでしょうか。

当方、金融の知識は不勉強で無知同然です。
なにとぞ、アドバイス、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2016-10-29 08:54:56

QNo.9248980

回答

定年後のお金の管理と言う事ですが、定年まで2年あるようなので
現時点でのアドバイスになります。

リスクをとらない金融商品として、個人向け国債があります。
元本保証で最低金利0.05%が保証されています。
幾つかの種類がありますが、いずれも元本と最低金利も保証されています。

また、宝くじ付定期預金があります。
元本保証で金利+預金額に応じて宝くじがもらえます。
複数の銀行(ネット銀行も)が出しています。

もう一つは万が一の為、欧米で資産の保険と考えられている
ゴールドへの投資です。
こちらはリスクがあるので、知識としてだけでも調べられる
ことをお勧めします。
大恐慌やハイパーインフレまで行かなくても、強いデフレやインフレなど
経済状況が大きく乱れた時に威力を発揮します。

投稿日時 - 2016-10-29 09:56:55

ANo.25777953