「ピックアップQ&A」をチェック!

[ピックアップQ&A]は、スタッフが「これは!」と思ったタメになるQ&Aをご紹介するコーナーです。
なるほどフムフム、と思わずうなづく雑学とお役立ちQ&Aが満載!

なぜルパン三世はワルサーP38を愛用しているのですか

質問

なぜルパン三世はワルサーP38を愛用しているのですか

数多い拳銃の中で、ルパン三世はなぜワルサーP38を愛用しているのでしょうか。

他にも、性能やデザインに優れたものはあると思うのですが・・・

投稿日時 - 2009-04-26 21:28:11

QNo.4911470

回答

 ワルサーP38はアニメ化とともに設定されましたが、それでは何故ルガーでもモーゼルでもコルトでもなくP38?という点は、(自分が知る限り)明らかにされていません。
 というワケで全くの想像なんですが・・・。

 ルパン三世の原作の『漫画アクション』連載開始が1967年ですが、TVアニメは'68年パイロットフィルム制作です。

 まず・・・原作を読むと、ルパンの銃はハッキリ明記されていません。銃の絵もあまりに『ヘッタクソ!』で、識別不可能です。恐らく原作者のモンキー・パンチにはその方面での知識があまり無かったと思われますが、時代的に欧米の銃器の情報が少なかったという事情もあり、仕方なかったとは言えるでしょう。
 銃器の銘柄や機能がルパン以上に重要な地位を占める漫画『ゴルゴ13』('68年連載開始)や『ワイルド7』('69年連載開始)も、銃器の名称は正確でも絵がムチャクチャで、当時の銃器関連資料が少なく不正確だった事を裏付けています。

 さてこの'60年代末頃、大変人気があった洋モノTVシリーズが、あの『0011ナポレオン・ソロ』('66~68年放送)で、主役のナポレオン・ソロと相棒のイリヤ・クリヤキンが使っていたのが、スパイ組織『アンクル』の標準装備銃である改造ワルサーP38、通称『アンクルスペシャル』です。
 このアンクルスペシャル、早抜きがやり易い様に短銃身になっており、スコープ、ロングバレル、20連発延長マガジンなどのオプションによって狙撃やアサルトライフルとしても使えるという、『スーパー万能ハンドガン』として描かれていました。
 アンクルスペシャルは勿論架空のガンですが、このドラマの影響は凄まじく、当時MGCというモデルガンメーカ最大手がわざわざカタログモデルとして販売していたぐらいです。(短銃身、銃身の延長やスコープ取付けで狙撃に使う等のアイデアは『ワイルド7』のコルド・ウッズマンでも使われたぐらいで、『ナポレオン・ソロ』の影響の大きさが伺えます。)

 ルパン三世は、当初『大人向けTVアニメ』を目指して制作され、当然クルマや銃などの小道具にリアリティが求められました。
 そこでルパンに持たせる銃として、当時の日本で高性能ガンとして人気が高かったワルサーP38が選ばれたのではないか?と思われます。

>他にも、性能やデザインに優れたものはあると思うのですが・・・

 当時のアニメ制作サイドがどれほどP38について知っていたか判りませんが・・・ルパン三世のアニメ制作が決定した'60年代末頃、暴発の危険性なども含めた総合性能に於いて、ワルサーP38は自動拳銃界で最も高性能なモノの一つだったとは言えるでしょう。
 ワルサーP38というと、日本では『故障し易い』『命中精度が低い』など悪いイメージが先行していますが、これはP38の詳細を最初に日本に紹介した某ガン雑誌のリポーターの、機械工学面での知識不足によるところが多分にあると思われます。現在最高の軍用ハンドガンの一つであるベレッタM92シリーズがP38のマルパクリだという点を見れば、P38が如何に高性能なハンドガンだったかが判ります。

投稿日時 - 2009-04-26 23:33:18

ANo.14471890

-PR-
-PR-
-PR-
-PR-