• 『分布容積』に関する質問・悩み・回答・方法 

『分布容積』に関連する質問・疑問一覧

[ 次へ ]
8件中 1~8件目
  • アンチピリンの分布容積

    分布容積に関して質問があります。 アンチピリンは、細胞膜透過性が高いため、細胞膜を通過しやすく全体液中に分布するということまではわかりました。 分布容積は、投与量/血漿中濃度であらわされると思うのですが、 この式から

    2010/11/20 01:31
  • イヌリンの分布容積について

    イヌリン、βーラクタム系抗生剤の分布容積は、体重の約20%で、ほぼ×××体積に等しい。(正解が何語かわかりません) 知っているかた、お願いします。

    • 締切
    • すぐに回答を!
    • noname#63636
    • 生物学
    • 回答1
    2007/08/03 21:34
  • 医療薬剤学の問題が解けません

    に変化すると予測されるか?またその時、非結合型濃度はどの様になると推定されるか?変化の理由をクリアランスと分布容積に注目し、括弧内の用語を用いて詳細に説明せよ(固有クリアランス律速、高タンパク結合、肝、代謝、血中非結合型)

    2013/08/10 17:48
  • 反復投与における一次吸収

    教えてください。下の式はどうやったら導けるのでしょうか?よろしくお願いします。 吸収率F、投与量D、分布容積V、吸収速度定数Ka、消失速度定数Ke、投与間隔をτとすると、 FD/V x Ka/(Ka-Ke)[e^

    2007/01/16 00:22
  • 薬物動態学の問題

    7mgである。 なお、t1/3=ln3/kel=1.1/kelである。 消失速度定数、生物学的半減期、 見かけの分布容積が100Lのときのxはいくらか、 尿中排泄速度定数と肝代謝速度定数、 全身クリアランス、腎クリアランスと肝クリアランス、

    2014/01/16 22:59
  • エタノールの代謝

    フを書き、そこから血中初濃度Cと投与量D、見かけの分布容積Vd、主質速度定数Keを算出しました。(利用率Fは考慮しなくていいとのことだったので、Vd/Fを見かけの分布容積としました。) (1)ここで、C、Ke、Vd

    2006/05/29 16:03
  • 薬の血中濃度やクリアランスの計算方法

    gCp(0)-(kelm/2.303)t InCp(t)=InCp(0)-kelm・t (5)分布容積Vd =D / Cp (6)体内投与量=D (7)到達量=F でした。 過去問題をといたと

    2005/07/02 00:40
  • 薬物速度論の線形コンパートメントモデルについて

    た。 普通軸のものと時間に対して血漿中薬物濃度を片対数で取ったものです。 血漿中薬物濃度をC、投与量をD、分布容積をV、消失速度定数をkeとすると C=D/V × exp(-ke×t) と表せると表記していました。 これ

    2018/12/05 01:13
powered by ILU
1

絞り込んで質問を検索

質問の状態で絞り込む

カテゴリで絞り込む

困り度で絞り込む

ありがとう数で絞り込む