• 締切済み
  • すぐに回答を!

分光光度計について

分光光度計で、「ダブルビーム」と「シングルビーム」の 違いを、ど素人でもわかりやすく、解説をお願いします。 「ダブルビーム」だと、リファレンスとサンプルと、二つセルを入れることになるのでしょうか?一般的に使われているのは、ダブルでしょうか?シングルでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5225
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.2
  • 38endoh
  • ベストアンサー率53% (264/494)

guilさんから既に回答がありますが、シングルビーム方式はリファレンスの測定の次にサンプルの測定をするといった、つまり逐次測定する方式のことで、ダブルビーム方式は光源からの光を二つにスプリットさせて、サンプルとリファレンスとを同時に測定する方式です。 シングルビーム方式はサンプルと同じセルを用いてリファレンスの測定ができるため、測定セルの個体差に起因する測定誤差をなくすことができます。一方、ダブルビーム方式は時間変動に起因するノイズ(光源の安定性など)を少なくすることができます。 このように、シングルビーム方式とダブルビーム方式とでどちらの方式が優れているというのではなく、それぞれにメリットがありますので、通常は場合によって使い分けます。どちらが一般的ということはないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 各々の特徴がよくわかりました。

質問者からの補足

各々の使い分け方の、具体例も教えていただければ、 さらに助かります。

  • 回答No.1
  • guil
  • ベストアンサー率29% (12/41)

ダブルビームはおっしゃるとおり、サンプルとリファレンスの2つのセルを使用します。通常、分光光度計は物質を溶媒に溶かして、その物質の吸収スペクトルを測定したり、特定波長における吸光度や透過率を測定しますよね。しかし、当然ながら溶媒にも特定波長に吸収をもつため、物質の吸収とかぶってしまいます。これを補正するために、溶媒のみをレファレンスとしておいて補正するわけです。 シングルビームは一旦溶媒のみを測定しておいて、その後、測定溶液に入れ替えるという操作が必要になるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 このサイトの存在を知ってから、まだ1日しか たっていないので、以前の回答をちゃんとチェック していませんでした。URLものせていただいて、助かり ます。 またよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 分光光度計でダブルビームで測定する理由

    分光光度計でダブルビームで測定する理由は何なのでしょうか。 以前、日本分光社製の紫外可視分光光度計(ダブルビーム)を使用していました。 例えば、色素のクロロホルム溶液の吸光度を測定する手順は (1)まず、参照セルとサンプルセルにそれぞれクロロホルムを入れてベースライン測定をします。 (2)次に、サンプルセルの中身を色素のクロロホルム溶液に換えてサンプル測定をする という流れでした。 しかし、初めから参照セルが空、(というよりセルすら無し)で、サンプルセルのみで(1)ベースライン測定、(2)サンプル測定を行っても同じスペクトルが得られました。 日本分光のHPを見ると、 http://www.jasco.co.jp/jpn/technique/internet-seminar/uv/uv5.html ダブルビームだと経時での光源のふらつきを補正できるらしいのですが、、、 結局は(2)のサンプル測定で記録したスペクトルから(1)のベースライン測定で記録したスペクトルを差し引いているのですよね? そうしますと、結局は経時で光源の光量は変化しますので(1)のベースライン測定から時間がたてばたつほど(2)のサンプル測定時の吸光度は正しい値からずれるので、ダブルビームでもシングルビームも同じだと思うのですが。 それとも、(2)のサンプル測定時に、(1)のベースラインを差し引いた上でさらに、参照セル側との差を補正しているのでしょうか。そうすると、上で述べました参照セル無しの場合でも、有りの場合と同じスペクトルが得られるはずは無いのですが。 詳しい方いらっしゃいましたら、教えて下さい。

  • 先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。

    先日学校の実験で、分光光度計を使った実験を2つ行いました。 1つ目の実験ではシングルビームの分光光度計(40cm四方、厚み15cmくらいの小型のもの)を用い、水中のカドミウムをフェナントロリンで呈色させ、決まった波長で吸光度を測定しました。 2つ目の実験ではダブルビームの分光光度計(奥行60cm×横幅80cm、厚み20cmくらいの本体にモニターが載ったもの)を用い、数種の濃度の過マンガン酸カリウムの溶液を、波長をスキャンして測定し、得られた吸収スペクトルから最大吸収波長や吸光度などを出しました。 シングル/ダブルビームの違いはビームの数で、特徴として、シングルビームは常に同一セルを使えるが毎回参照を測定し、試料の測定結果から補正しなければならない。 ダブルビームはセルが二つ入れられ、常に(交互に)参照と試料を測定しているので、長時間使っていてもデータのブレが起こりにくい、ということだと理解しています。 そこで質問があります。上記以外の基本的な特徴は下記のとおりで合っていますか? ●シングルビームの特徴 波長スキャンができない=吸光度は測れるけどスペクトルは得られない。 測定波長が決まっていて、吸光度の数字のみ測りたいときに使う。 装置が小型(前述の実験1の装置サイズ) ●ダブルビームの特徴 装置が大きい。 スペクトルを見たいときのみ使う。 それとも、シングル/ダブルの方式の違いと、 波長をスキャンしてスペクトルを得られることは別ですか? 「大型で、吸収スペクトルを測れるシングルビーム」や、 「小型でスペクトルは測れず吸光度のみが表示されるダブルビーム」 なども存在するのでしょうか? (そんな装置も作れるけれど、わざわざダブルビームにするのに、 スキャン機能を省略することはない、ということでしょうか?) 恥ずかしい質問かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • 分光光度計を使った実験で…

    分光光度計を使った実験で、ちょっと困ったことが。 溶液をセルに入れて分光光度計で測るのですが、溶液の温度を低くしているためセルに曇りができて、正確な吸光度が測れません。 溶液を低温に保ったままでセルに曇りができるのを防ぐには、どうしたらいいでしょうか。

  • ”自記”分光光度計とは?

    自記分光光度計という文言で、用意する機械の指定を受けました。 普通の分光光度計と、”自記"分光光度計。 違いはナンでしょうか? 何を要件とすれば、自記分光光度計と言えるのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 分光光度計での測定手順

    分光光度計である溶液の濃度を測定しています。 人によって二つのやり方があることが分かり、どちらが正しいかを検討しています。 ちなみにダブルビームです。 (方法1) ・キュベットAとBに水を入れてゼロ補正 ・次にキュベットAにブランク、キュベットBにサンプルを入れて吸光度の差を測定する。 (方法2) ・キュベットAに水、キュベットBにブランクを入れてゼロ補正 ・次にキュベットAに水、キュベットBにサンプルを入れて測定。 ・ブランクとサンプルのそれぞれの吸光度の差を計算する。 どちらでも良いという人と、差があるようだという人と分かれています。どなたか教えてください。

  • 分光光度計の使い方について

    初めてokwaveを利用させていただきます。宜しくお願い致します。 私は大学3年生で、今年の夏休み明けから生物系の研究室に配属になり、実験の基礎を学んでいます。 そこで、現在は大腸菌を大量培養する際にOD600値の測定をする為に分光光度計を使っているのですが、分光光度計の使い方に不安があり、質問させていただきました。 私が学んだのは、「培養液のみの入ったキュベット(ブランク)をリファレンス側とサンプル側にセットし、オートゼロ(ゼロ補正)を行った後、サンプル側のキュベットを大腸菌入り培養液のキュベットに変え、OD値を測定する」という方法でした。 しかし、いざやってみると、培養時間に対してOD値の上がり方が不安定でした。 具体的に申しますと、培養時間に対してOD値が指数関数的に上昇せず、挙げ句の果てには時にOD値が下がってしまうこともありました。 なんかおかしいなと思い、先のオートゼロの際に使った「培養液のみ入ったキュベット」を再びセットしてみると、OD値がゼロにならず、±0.1ほどずれてしまいます。 もっとおかしなことに、同じ大腸菌入り培養液を複数回測定するとOD値が0.2ほど異なる値が出てしまい、要するに全く再現性が取れていません。 インターネットで調べてみると、オートゼロの際にはリファレンス側にもサンプル側にも蒸留水を入れるなどといった記述もあり、混乱しております。 また、私が習った方法では、キュベットを3本使用するのですが、そもそもそれもおかしな話だなと感じています。サンプル側にセットするキュベットを変えてしまっては、セル自体の誤差が出てしまいます。 そこでお訊きしたいのが、そもそも私の分光光度計の使い方が全く検討はずれなのでしょうか。 ご教授いただけると嬉しいです。

  • 原子吸光分光光度計のビームの数

    原子吸光分光光度計の購入を検討しています。食品中のミネラルを測定することに使用するのですが,シングルビームとダブルビームでどれぐらいの違いがあるのでしょうか?また,島津製もしくは日立(バリアン)製の購入を検討しています。

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

  • ラマン分光光度計について教えて下さい

    ラマン分光光度計はの問題点と利点を教えて下さい。 お願いします。