• 締切済み
  • すぐに回答を!

元入金の修正方法を教えてください。

今回で四回目の確定申告なのですが毎年、貸借対照表の資産合計額が毎年187,813円多くなっていました。 よく調べてたら初年に始めた現金と預金の合計でした。当時元入金がよく理解できていなかった為次年度にも同じ金額の187,813円入力してしまっていたようです。 今回で修正したのですがどのような入力をすればよろしいでしょか。 よろしくお願いします ※OKWAVEより補足:「フリーウェイジャパンの製品・サービス」についての質問です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数8
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

参考になるかわかりませんが、FAQサイトに元入金に関する記述がありましたよ。 https://faq.freeway-japan.com/faq/show/661

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 元入金が分からず複式簿記が始められません

    青色申告を今年から始めているのですが 貸借対照表の書き方、特に元入金がわかりません。 始めは左右のバランスが取れれば良いと思い 預金や現金を足したものが元入金だと思っていたのですが 前年の元入金+事業主借+前年の利益-事業主貸=今年の元入金 だと知りました。 これを受けて練習として前年の簡単な貸借対照表を作って 今年の元入金などを記入してみましたが 左右バランスがとれずエラーとなりました。 <前年> 預金 (期首)100,000 (期末)200,000 事業主貸 (期首)----- (期末)10,000 合計 (期首)100,000 (期末)210,000 事業主借(期首)--------(期末)50,000 元入金(期首)100,000 (期末)100,000 合計 (期首)100,000 (期末)210,000 <今年の元入金> 100,000+50,000+100,000-10,000=240,000 そして、この元入金240,000と預金20,000を 今年の貸借対照表の期首に記入しました。 預金 (期首)200,000 (期末)200,000 合計 (期首)200,000 (期末)200,000 元入金(期首)240,000 (期末)240,000 合計 (期首)240,000 (期末)200,000 すると左右の合計が合いませんでした なぜ、負債・資本の期末が-40,000され200,000となるのか まったく理解が出来ません。 以前の私ならこの元入金を預金と同じ200,000としていましたが これではダメなのでしょうか? どなたかどうか知恵をかしてください。

  • 事業主貸と元入金の相殺についてです。

     前期末の貸借対照表には、資産として「事業主貸」、資本として「元入金」「青色申告特別控除前の所得金額」があります。    翌期首には、元入金の計算として、 当期首元入金=前期末元入金+青色~所得金額-事業主貸 という計算をすると思います。しかし、事業主貸の金額のほうが前二者の金額の合計額を上回るため、当期首元入金の金額が、マイナスとなってしまいます。  この場合、元入金の金額がマイナスのまま、貸借対照表に計上されて良いのでしょうか。どなたかご教示下さい。よろしくお願い致します。 

  • 元入金の金額について(貸借対照表が合いません)

    貸借対照表の金額が期首も期末も合いません。 どうやら元入金の金額が間違っているようです。 手動で期首の元入金額を資産の合計に合わせるようにいれると、負債の期首と期末の額が合います。 しかし、もともと元入金の入力はしておらず、自動で表示されているので、この数字がどこの数字を反映しているのか分かりません。 どこを修正したら正しい元入金額が集計されるのか教えて下さい!

  • 元入金について

    個人事業を始めて5年目になりますが、初年度に仕訳した元入金約200万円が毎年貸借対照表に残っています。 この元入金は事業主貸を元入金に変えて消しこみした方が良いのでしょうか?資本金的なものなので残しておいた方が良いのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 元入金について

    個人事業青色申告者です。 元入金って12月31日貸借対照表の期末の資産の部(事業主貸以外)から 負債 資本(事業主借 青色申告控除前以外)を引いた金額が 翌年の元入金になり その年の期首期末の欄には同じ金額を書くのでしょうか? 翌々年も同じやり方で元入金をだしたらいいのでしょうか? わかりにくいかもしれないのですがアドバイスよろしくお願いします

  • 元入金の扱いについて

    個人事業主です。元入金の扱い記載方法を教えてください。 ソリマチで入力しているのですが、元入金がマイナスになってしまいました。 貸借対照表で資産の部の(期首)合計-負債資本の部の(期首)の借入金=元入金となっています(マイナスです) 事業主借で入力しましたところ、負債資本の部の(期末)の事業主借に計上されただけで、元入金はそのままの状態です。 現金出納帳のところではなく、元入金のところで記入しましたら、確かに(期末)元入金はプラスになりましたが、(期首)の元入金はそのまま変わりません。 負債資本の(期首)(期末)の元入金の数字が違うのは変ですよね。 記載の仕方がおかしいと思うのですが・・・ 現金商売なので、お金はいつも手元においているので、元入金のマイナス分は持っているのですが・・・困りました。 銀行のこれまでの借入分を借り換えし、完済の通知をもらったのですが、新たな借入があるので、帳簿上の記載は不要ですよね? よろしくお願いします。

  • 元入金がマイナス?

    教えてください。 個人事業で、会計ソフト(会計王)を用い、青色申告をしているのですが、貸借対照表の元入金がマイナスになってしまいました。 元入金がマイナスとは、何を意味しているのでしょうか。 何か記入が間違っているのでしょうか。 宜しくお願いいたします。

  • 元入金の不一致について

    青色2年目の初心者です。 お願いします。 弥生の入力も終わり いざ印刷してみると、貸借対照表の元入金額の期首と期末が不一致なのです!! どうしたらいいんでしょうか~!!! ちなみに期首は2,325,568      期末は409,420です。

  • 青色申告の貸借対照表の書き方なのですが、元入金の期首と期末は同じ金額を

    青色申告の貸借対照表の書き方なのですが、元入金の期首と期末は同じ金額を記入すると聞きましたが、翌年の元入金は変動するわけですね?それから、資産も負債の部も、期末の合計金額は、翌年の期首金額と一緒でなければおかしいのでしょうか?そうでない例をネットで見たのですが、どうなのでしょう。

  • 元入金の算出方法

    お店を経営しています。 去年白色で出し、初めてのこともあり振り返ると内容がミスだらけ・・。 今年は青色で出すのですが、きっちりさせなければとネットでDLした確定申告作成ソフトでやっています。 今年の数字を入れ終わってみると、貸借対照表の元入金期首に自動で数字が入りました。これは自動入力で自分では書き直せないようです。 元入金は去年の数字から計算して出るものかと思っていましたが、それを入力せずに出てきたこの数字。どのような計算方法で出てきたのでしょうか? 去年の元入金を入力する作業はありませんでした。 つまづくたびに税務署に電話している、初心者中の初心者です。 今日は役所が休みということと、パソコンソフトの悩みなので聞けずにいます。 足りない情報は補足いたします。 よろしくお願いします。