• ベストアンサー
  • 困ってます

銅(Cu)の加工について

銅(Cu)の切削加工について質問させてください。 当方はSS400やSUS304、A5052を主として加工しております。 この度、Cuを加工することとなり、全く初めての経験ですので 工具の選定にお知恵をお貸しください。 使用機械:門型マシニングセンタ(BT50) ワーク材質:Cu(図面にはCuとしか記述がありません) 上がり寸法:16±0.1 x 220±0.2 x 1800±0.2(若干の形状加工含む) ワークサイズ:不明(上がり寸法に若干の取代があるとのこと) 面粗さ:代表 ⇒ 6.3S 16±0.1の片面のみ ⇒ 1.6S 図面上の注記:稜角は全てC0.1~C0.2 数量:2~3ヶ月に1回、80~150枚程度が4~5年続く計画 当方がよく使用しているフライスカッター :コロミルR245 Φ160(サンドビック社製) 質問する立場なのに勝手で申し訳ないのですが 下記の様に具体的なご回答を希望いたします。 (生意気言ってすみません・・・) ~~~ご回答例(あくまでも勝手な希望です)~~~~~~~~ サイズは異なるが、以下の様に加工しており特に問題はない フライス荒加工:ダイジェットミル45 Φ160(7枚刃)  切込量1.0mm S500 F1000 フライス仕上加工:↑のカッターにサライ刃を装着して加工 切込量0.1mm S500 F1500 外周荒加工:MOLDINO 快削じゅうおう Φ32 切込量 軸方向8mm 径方向3mm S1600 F500 外周仕上加工:超硬のソリッドエンドミル Φ20(4枚刃) 切込量 軸方向1回 径方向0.2mm S1200 F300 糸面取加工:BIG Cカッターミニ 注意点として、Cuは切削歪みが大きく発生するので 板厚±0.1を確保しようとすると真空チャックは必須。 さらに、板厚加工だけで表裏表裏と計4回の段取りが必要かと。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 『こんなカッターを使用して上手くいってる(いってた)』 『このメーカーに問い合わせれば解決してくれるよ(くれたよ)』 などでも大変有難いです。 何せ、数が数ですし、材料も高価なので正直ビビりまくってます。 尚、当方社員十数名の田舎の町工場でして、相談できる人はおりません。 お手数かと思いますが、どうかお力添えをいただきたく存じます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数185
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

マシニング歴29年目のじじいでございます 昭和の人間のやり方で参考になるかわかりませんが参考までに、、、 まずは厚みを出すために バイスを並列に並べます(0出しはしません) ワークつかみます(ここでバイスの固定) カッターは出来るだけ下に力がかからないもの 大まかに全面削れるまでやります びびりなどでたらカッター径を小さく、、、でダメなら超硬エンドミルで、、、 サイドクランプやバキューム 専用液での接着など方法はいくらでもありますが、最適な方法で、、、 京セラの超仕上げようカッターも気にいって使ってます 1刃5で鏡面です S500F2500(1枚刃) Φ125で13万円くらい 厚み出たらあとは簡単0.01で出ます(機械が正常なら)上からクランプ まずは片面だけぱーんと削って仕上げまでする 仕上がったら 他の湯麺  材料メーカーはもっと難易度の高いSUSなどはフェイスミルが左右に配置された機械で同時に挟み込みながら削る機械を所有しています   見本市に行けないコロナ渦ですがネットでも調べられる時代です もっと精進しなはれやー

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 是非とも参考にさせていただきます! 今後も精進して参ります。 ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>>16±0.1 x 220±0.2 x 1800±0.2 デカくて 厚いといえば厚いが 大きさから言うと 微妙な厚さ ベタ置きようの ジグで カクタのハンドクランプで クランプ 間にMCナイロン敷く 真ん中が浮くようなら 穴空いた 所を クランプ 6Fやるなら クレーンなど必要(磁石つかないので マグネットクランプは使えない) 条件書いてあるが 回転当たりの送りが早いような気がする 歯数がわからないので 妥当性がわからない アルミの加工条件でいいよ 切削水 切削油は かけること ただし切削水は 青くなるので 交換頻度を上げた方がよい 健康のため 超硬の刃物ばかりぽいので 周速はあげれるだけあげた方がよい

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 段取りのアドバイスも大変参考になります。 銅をフライス加工する際に、推奨されるメーカーなどはございますでしょうか? 教えていただけると幸いです。

関連するQ&A

  • 無酸素銅(C1020P)の切削加工の条件

    無酸素銅(C1020P)の素材(素材寸法:262×554×25t) 加工仕上寸法:258×548×23tに加工予定です。 外周加工と面削加工の条件(回転数や送り速度など)を教えて下さい。 使用工具は、側面切削には、Ф29ハイスラフィングエンドミル(4刃)とロウ付刃タイプのФ29超硬エンドミル(2刃)を使用予定です。面削加工には、Ф160のカッターを使用します。チップはSOKR13T3AXEN-J(8刃中4刃として使用)使用機械は、VQC20/50マシニングセンターです。また、銅板を面削する場合の注意点やコツなどございましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

  • エンドミル加工について

    おひさしぶりです。 正面のエンドミル溝加工について困っています。 3.1の超硬エンドミルでΦ9.0の形状から12.0mm長手方向に加工するのですが、 エンドミルが欠けやすいのです。 荒加工として2.0のフライスカッターをT3200に付け 半分に分けて12.0ぐらいまで加工しています。 (12.0も溝を入れれないのでカッターの底部で加工。) 加工条件載せます。 機械 SR20 ピーター スイス型    T3200 25径×2.0mmのフライスカッターで荒加工を行う。    T3411に正面ドリルユニットを装着しエンドミルで長手12.0mm進む  (回転工具T3100~T3400でエンドミル加工すると終点が丸くなるから不可)    工具は日進 NX 超硬 エンドミル3.1刃長15.0    回転は少し遅めだと思うんですがM36S2600 F0.01~F0.02    切り込み量は2.0mmずつ後半8.0mmぐらいからカッターの    舟底があるので1.0ずつ進んでいます。    (欠ける前はカッターなし、HSSのフライスで2.0mmF0.02で進ん     でいました。) 現段階では加工上トラブルがなくなったんですが、かなり時間が掛かってしまい、悩んでいます。 こんな加工もしくは、こんなエンドミルがあるなど何でも構いませんので、 時間短縮を目指したいと考えてます。何とぞアドバイス頂けないでしょうか??     

  • 技能検定の平成25年度数値制御フライスペーパーテ…

    技能検定の平成25年度数値制御フライスペーパーテストについて 平成25年度技能検定数値制御フライス ペーパーテストについて 問題4に引き続いて今度は問題3について質問があります。 問題3)鋳鉄角材の一面を下記の条件で正面フライス削りする場合の数値を 求めなさい。解答には、少数点以下第1位を四捨五入し整数値の 数値とすること。 また、正面フライスの荒加工及び仕上げ加工はともに角材の中心を通る1パスとし、仕上げ加工のみ正面フライスを角材から抜いた切削長さを計算する こと。切削時間は位置決め時間を含まないものとする。 条件) 角材加工面寸法 400X100mm 正面フライス諸元 φ200mm 10枚刃 正面フライス加工後の板厚 30mm 工具のアプローチ量と逃げ量 4mm 円周率 3.14 の上記の条件でフライスの荒加工の切削長さについて質問があります。 仕上げ加工の切削長さは解ったのですが、荒加工の切削長さの求め方が 解りません。 解答は、荒加工が421mm、仕上げ加工が608mmです。 以上の問題でよろしくお願いします。

  • フライス加工において切削油を使う時と使わない時

    フライス加工において切削油を使う時と使わない時 の基準を教えてください。 正面フライス エンドミルなど 正面フライスは油は荒 仕上げ共に使わないですか?

  • 銅合金加工

    銅合金のフェースミル加工で鏡面を出したいのですが、うまく出す事ができません。 現状は、φ80のカッタにPCDダイヤチップを付け、切り込み深さ0.01mm0.8mm、回転速度5,000min-110,000min-1、送り速度0.01mm/刃0.2mm/刃の範囲で色々切削条件を振って試しているのですが、切削面としては十分満足のいく面(面粗度1μm2μm)になるのですが、製品上鏡面状態(まさに鏡の状態)にしたいので困っております。念の為、K種超硬チップでも試してみたのですがダメでした。 銅合金の加工で詳しい方がおみえでしたら、是非おしえて下さい。 宜しくお願いします。

  • アクリルの外周C3部を切削加工のみで鏡面にしたい…

    アクリルの外周C3部を切削加工のみで鏡面にしたいのですが アクリル(押し出し板)5ミリ材で、250ミリ角(4隅R5)の外周部、全周C3の所をNCルーター(エアー吹き付け、乾式)で、2枚刃の面取りカッター(中京製)と、特注の2枚刃のダイヤモンド面取りカッター(松岡)で加工したのですが、どうしてもナイフマークがでてしまい、鏡面加工をする為に、前処理としてヤスリがけ(400番程度)を手作業でかけているのですが、(1000枚/ロット)製品の均一化、時間短縮のため、面取り切削加工のみで鏡面加工(ナイフマイクなし)ができる刃物、又は鏡面にならなくても、ナイフマイクのでない刃物をご存知の方はぜひ、教えてくだい。よろしくお願いします。

  • 正面フライス加工での歪みにくい加工方法

    正面フライス加工での歪みにくい加工方法をアドバイスください。 ワーク:SS材の製缶品(焼鈍処理あり)     品名は「ベッド」と呼んでいるのですが、     150のH鋼で骨組された物に上下に鉄板が溶接されています。     天板の板のサイズは650×2200の1枚もの     底面側は650×250が2枚と650×500が1枚で3分割されています。     (説明が下手ですみません、イメージできますでしょうか?)     天板、底面の板がそれぞれ38mm厚でH鋼が150、     計226mm厚を上下3mmずつフライスして220mmに仕上げます。 寸法公差は一般公差で、平行や平面交差指示も無し。 面粗さは▽2つ山です。 底面を先に仕上げて、その後天板面を仕上げました。 Z切込みは0.6~0.8mmを3回程度と0.2~0.3を2回ほど 仕上げは0.1mm切込みしました。 φ160の正面フライスカッターでS340、F650。 切削油はかけてません。 加工後は天板面が特に熱くなりました。 手で触れる程度ですが、「ほんのり暖かい」というより 「触れるけど結構熱い」っていう感じの温度です。 チップは一度も交換せずに加工しました。 この様な加工でクランプを外したら0.5mm位歪みました。 天板面が膨らむ方向に歪みました・・・ 歪みはせめて0.1~0.2mmにしたかったです。 「焼鈍済み」ということで加工手順の熟慮や 途中段階での寸法・歪みの確認を怠りました。 どのように加工すればよかったのでしょうか? 考えられる失敗点は・・・ ?加工手順が間違っていた。   天板面を荒加工>底板面を荒加工>クランプ外して歪み確認>  >歪みを抜いたクランプの仕方で底板面を仕上げ加工>  >天板面を仕上げ加工 ?Z切込み量  消極的になりすぎて切込み量が少なすぎた。  結果加工回数が増えて熱がより発生しやすくなった。 ?チップを変えなかった。  欠けはなかったが通常摩耗程度はあった。  数回交換した方が良かった・・・? いかがでしょうか? 結果報告が遅くなりまして失礼しました。 その後、少しサイズの違った注文が来ましたて 以下の手順で加工しました。 ?表面を仕上げ代1.5mmほど残して荒加工 ?裏面を荒加工+仕上げ加工 ?表面を仕上げ加工しました。 チップを切れの良い種類に変えて交換の回数も増やし、 荒加工時のZ切込み量を1.5mmにした・・・ などの点も変更しました。 結果はプラスマイナス0.1mm以下くらいになりました。

  • 技能検定

    去年(平成17年度)のマシニング実技ペーパー、問題5、設問?の解答方解かる人いませんか? 正面フライスにおける荒取りの最小経路の長さを求める問題なのですが、 角材サイズ200×150 Φ100フライス 切削幅80%以下(80?以下) フライス加工のオーバーラップ量 10mm アプローチ量と逃げ量 2mm という条件下で、角材の長手方向左側より「コ」の字型で荒加工すれば良いと思うのですが、 荒加工なので、最終時にフライスが角材から抜け切らないで完了(切粉がでなくなってから2?進んだところ) という条件に、さらに切削幅80%以下より、角材外周からフライスが20mmはみ出て(加工幅が80?以下で)加工する と言う条件を付け加えて、計算すると フライス半径 + アウプローチ量 + 右へ加工(切削幅80の為、20?右へはみ出す) + 下へ加工(切削幅の(略)) + 左へ加工(逃げ量+2?)より、 50+2+(200-30)+(150-30-30)+(200-30-28)=454?   (最後の28は三平方の定理で出た数値より-2?。 斜辺50(フライス半径)と他辺40 ) で、合っているかと思い、技能開発協会へ赴いて答え(解答方なし)を手に入れたのですが、正解は436mmだそうです・・・ 問題5は、この設問だけ出来ていませんorz 去年、一昨年の問題の傾向を見ると、今年もこれと同等か、あるいはこれ以上の難度の問題が出題されると思います。 (「コ」の字じゃなくて「S」字になったりして・・・) いろいろ試したのですが、どうもうまくいきません。考え方でおかしいところとかありますか?指摘、宜しくお願いします。

  • ラック切削加工

    いつもお世話になります。 ラックの加工をすることになりましたが、m=2.5 PA20歯数10のを切削しますが、フライスカッターの歯が10枚並んでいるやつ、ホブカッターのねじれのないやつφ110くらいで切削しています。(名前はなんというのでしょうか?) かなり古いフライス盤ですので資料もなくよくわかりません。今はおそらくですが、70rpm、送り0.5mm/minくらいで加工していますがそれが正しいのかどうか平均てどうなのかも、わかりません。社内で、わかる人が辞めてしまったのでこまっています。カッターはおそらく再研磨したあとコーティングとかはないと思います。 わかる方、または加工されている方いらっしゃったらどれくらいの回転と、送りで切削するものなのか教えてください。よろしくお願い致します。

  • 黒い光沢

    フライス盤で、フライスカッターを使用し炭素鋼を加工すると、削った面に黒い光沢が出来ました。なので、他のフライスカッターに取り替え、同じ切削条件で加工をすると、黒い光沢が出来ませんでした。面粗度は、黒い光沢が出来面と変わらないので、チップは悪くないと思います。チップの高さも一緒です。 なぜ黒い光沢が出来るのか、フライス盤や刃具に詳しい方、教えていただきませんか? 質問の内容が分かりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。