• ベストアンサー
  • 困ってます

asとlikeについて

以下についてお教え頂けないでしょうか。 I have been thinking that a lot of employees have the same problems as I do. 1) as I doの代わりにlike I doとlikeを使うことは文法的にできますでしょうか? 2)また、as I doの代わりにlike meとできますでしょうか? 3)as とlikeの使い分けをお教え頂けないでしょうか。 宜しくお願い申し上げます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8999/11083)

以下のとおりお答えします。 >I have been thinking that a lot of employees have the same problems as I do. >1) as I doの代わりにlike I doとlikeを使うことは文法的にできますでしょうか? ⇒口語表現は別として、少なくとも伝統文法では、like I doのような言い方は認めていないと思います。辞書では、「誤用とみなされることもある」と説明しています(『ライトハウス英和辞典』、以下例文なども同辞典による)。 >2)また、as I doの代わりにlike meとできますでしょうか? ⇒条件付きですが、できます。ただし、same「同じ」とlike「のような」とは、似ていながら微妙に違いがありますので、これを一緒に用いる(共起させる)と違和感を与えると思います。つまり、a lot of employees have the same problems like me「多くの従業員が、私のように同じ問題を抱えている」とすると、「ように」と「同じ」が衝突してやや変な感じがあります。しかし、例えば、a lot of employees have many problems like me「多くの従業員が、私のようにたくさんの問題を抱えている」とというような構文にすれば違和感なく表現できるでしょう。 >3)as とlikeの使い分けをお教え頂けないでしょうか。 ⇒「~のような・ように」の意味を表す場合、asは接続詞として、likeは前置詞として用いるのが普通です。ときにasを前置詞として用いることもありますが、その場合は「~として」の意味ですので、微妙にlike「~のように」とは違います。 (例) as「~として」: He is known as a great poet.「彼は偉大な詩人として知られている」。 like「~ように」: Your eyes are like stars.「あなたの目は星のようです」。 *ただし、asでもlikeとよく似た意味で用いることがあります。ただしそれは、「(例えば~する)ように」といったニュアンスを表します。 Some animals, as lions, eat meat.「動物の中には、ライオンのように(=例えばライオンがするように)肉を食べるものがある」。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今回もお教え頂きありがとうございました。 Nakay702のおっしゃる「口語表現は別」とはLike I said,のような表現ですよね?これが文法的に正しいかUSの方に聞きました。その結果、正しいと言われました。 確かにウイズダム辞書にもLike I said before, time is running out for me. が載っていました。ただ「As I said before, ...の方が普通」とあり、辞書も積極的推奨はしていないのかと思いました。 このあたりは、やはり日本人用の辞書とネイティブの口語表現との違いでしょうかねー? 「asは接続詞として、likeは前置詞として用いるのが普通です」とのご教授ありがとうございました。 この教えを頭に入れて今後の理解に活かしたく思います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

 文法書では質問者さんのように as I do, like me と使い分けるように説明されていますが、むしろネイティブの人の方が as me, like I do のような使い方をあまり気にせずに使っているようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実情をお教え頂きありがとうございました。 やはりそうなのですね。 Like I said,などまさにそうですよね。 規則に従いたい私にはつらい一面でございます。 今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

関連するQ&A

  • Likeについて

    以下についてお教え頂けないでしょうか。 As s result of feedback like yours, we have introduced a new color opution. (1) like が使われていますが、likeの代わりにasは使えないのではと、なんとなくわかります。 (2)もしそうでしたら、なぜasは使えないのでしょうか? (3)likeとasの使い分け方法をお教え頂けないでしょうか。いつも混同しますもので。 何卒宜しくお願い申し上げます。

  • same as~とjust like~について

    はじめまして。 わからない事があるので教えてください。 1.same as~とjust like~について 先日、私と娘は同じ色のマニキュアをしていました。すると公園で娘が「あなたの指、かわいいわね」とアメリカ人に話かけられました。私は「私と同じなの」という意味合いで「Her fingers are the same as me」と言ったのですが、そのアメリカ人は「Oh,Just like you!」と言っていました。 ここで私は~same as meではなくJust like me!と言うべきだったんでしょうか? また、same as~とjust like~ではどのようなニュアンスの違いがあるのですか? 2.子供を車に乗せるという表現 友人宅から帰る際、手荷物がが多い時など、「先に子供(彼女)を車に乗せてきます」というのを「First,I will put her in my car.」と言っているのですがこの表現の仕方で良いのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • as same + 名詞 + as(that)

    受験勉強をしているとき、「~と同じ」という意味でas same + 名詞 + as(that)を学習したんですが、そのときはasを用いる場合は全くの同一のもので、thatを用いるときは同じもの(種類)だけど同一ではないものに使うと習いました。 つまり、 He goes to the school same school as me. I bought the same car that she did. のような感じです。 しかし、先ほど見た参考書では I bought the same car as hers. としても大丈夫というようなことが書かれていたのですが、この二つには明確な使い分けは存在しないのでしょうか? 詳しい方、回答をお願いします!

  • asとthat

    I have the same watch as you have. のasの部分はthatではだめですか? だめだったらその理由も教えて下さい。

  • 仮定法でのasの使い方

    I'd have been just as angry in your place. という文章がありました。 前文では、相手を誤解していた人が謝罪し、それに対し、謝罪された人が相手を許す場面です。 おそらく訳としては「あなたの立場なら私も怒っていたよ」みたいな感じになると推定しています。 ここで分からないのは、asの使い方です。 would have beenから、仮定法だと思うのですが、このasは文法的に説明するとどのような役割を持っているのでしょうか? 元の文が If I had been in your place , I'd have been just angry.だと考えています。 ここからasが入ると、どうして[I'd have been just as angry in your place.]となるのか、説明いただけますでしょうか? よろしくお願いします。

  • same A as[that] B の使い分け

    よろしくお願いします。 the same A as B と the same A that Bの使い分けを教えて下さい。 『英語の構文80』(美誠社)p. 124に、次の例文があります。 1. She stayed in the same hotel as the Hollywood star did. 2. I bought the same gunglasses as the actress was wearing. 3. I visited the same place that I had seen in the photo. 1. と2. は、the same A as Bの形が使われています。 3. は、the same A that Bの形が使われています。 前掲書には、『「~と同じ…」が「同じ種類のもの」なのか「同一物」なのかは文脈から判断しましょう』、と書かれています。したがって、asだから同じ種類をあらわすとか、thatだから同一物を表す、といった分類はできないように私は思います。 実際、1と2と3の例文では、同一物をあらわすのか、同じ種類を表すのか、ということに関しては、以下のように説明できると思います。 1. asを使用、同一物をあらわす(同じホテルに泊まった) 2. asを使用、同じ種類をあらわす(同じ種類のサングラスを買った。その女優がかけていたサングラスそのものを買ったわけではない) 3. thatを使用、同一物をあらわす(同じ場所を訪れた) 以上のように、「asを使うのか、thatを使うのか」、という基準で、「同一物をあらわすか、同じ種類をあらわすか」、という区別をすることは、できないように思います。 それでは、asとthatは、どのような場合分けがなされるのでしょうか。語法としての、asとthatの使い分け、ニュアンスを教えていただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • Likeについて

    以下についてお教え頂けないでしょうか。 I do not expect to see you at a place like this. (1)likeの品詞は前置詞でしょうか? (2)同じ意味になるようにlikeの代わりにasは使用可能でしょうか? もし不可でしたらその理由をお教え頂ければ幸いでござます。 (3)前文の訳をお教え頂けないでしょうか。 自身の訳はどうもしっくりいかないもので。 宜しくお願い申し上げます。

  • The same as I am now.の意味を教えて下さい。

    英文を読んでいて???マークが私の頭上に現れたので、お聞きさせてください。 太郎:I'd like to be self-employed. 花子:So what would you like to do? 太郎:The same as I am now. The same as I am now.の意味を教えて下さい。 ちなみに 花子:So what would you like to do? のところはSo what would you like to do exactly? と exactlyが入るべきでしょうか? どなたかわかる方、お願いします.

  • as~as

    the book. i am sure that you will find it as full of inspiration as i have これはit が full of inspirationなのがわかるというのでas asがあるから私がうけたのと同様の という意味ですよね?? 教えて下さい

  • 前置詞及びthe same asについてお尋ねしま

    1Japan has been facing problems() the declining birth rate and aging population. ()の部分はon/withどちらも用いることはできるでしょうか?差異があれば教えて頂きたいと思います。またa/the problemと冠詞も用意ることができるろ考えるのですが、前後の話無くいう場合a/theどちらが適当でしょうか>それとも無冠詞複数の方が良いのでしょうか?またproblemよりissueの方が一般的でしょうか?ただfaceingにissueが合うかが疑問で、issue on~との例文は出ているのですがfaceという動詞とは今のところ見つけられていなので組み合わせ的にはどうなのでしょうか? 1no 1の文の後にHow about your counry?Does Philippines have the same problems as Japan's?おするのはproblemsと呼応して複数になると考えますが、もちろん冠詞が付き単数problemなら the same problem as~.となりえるでしょうが、やはり一般的にはprblemと単数ではなく複数表現the same problemsが自然なのでしょうか? 長文ですが説明して頂ければありがたいです。