• ベストアンサー
  • 困ってます

Try as I might/would の解釈

以下の例文は ウィズダム辞典のas の項目からなのですが、 ▶Try as I might [would, did], I couldn't solve the problem. 努力したけれども, その問題は解けなかった(≒However hard I tried, ...). Try as I didの形は過去のトライしたことを強調したと理解できるのですが、 Try as I might とTry as I wouldの might とwould の用法の解釈に自信がないので合っているか見ていただきたいです。 1. might は以下の用法に近く、 トライした事実は確かだけど、 といったニュアンスとして使われているのか自信がないです。 <ウィズダム辞典> [対照][might do ... but ...]…かもしれないが… (1)前半の妥当性を認めつつ, より重要な後半を対照的に示す; 2. would は その過去の時に、主語の人が トライしようと意思を持っていたが、 といったニュアンスが強くでているのか分からないです。 <ウィズダム辞典> [過去から見た意志未来]<人が>…するつもりだ 解説お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数15
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (8159/10069)

>▶Try as I might [would, did], I couldn't solve the problem. 努力したけれども, その問題は解けなかった(≒However hard I tried, ...). Try as I didの形は過去のトライしたことを強調したと理解できるのですが、 Try as I might とTry as I wouldの might とwould の用法の解釈に自信がないので合っているか見ていただきたいです。 ⇒以下のとおりお答えします。 >1. might は以下の用法に近く、 トライした事実は確かだけど、 といったニュアンスとして使われているのか自信がないです。 <ウィズダム辞典> [対照][might do ... but ...]…かもしれないが… (1)前半の妥当性を認めつつ, より重要な後半を対照的に示す; ⇒ひと言で言えば、might は「可能性」を示すわけですね。  →対応する訳語は、「~したとしても、~することがあったとしても」となります。 >2. would は その過去の時に、主語の人が トライしようと意思を持っていたが、 といったニュアンスが強くでているのか分からないです。 <ウィズダム辞典> [過去から見た意志未来]<人が>…するつもりだ 解説お願いします。 ⇒はい、would は「自発的な意志」を表します。  →対応する訳語は、「~しようとしても、~するつもりになったとしても」となります。 とうことで、全文をあえてmight、would、didという助動詞の違いに応じて、ニュアンスの違いを訳し分ければ、こんな感じになると思います。 ・Try as I might, I couldn't solve the problem. (仮定法過去)  「たとえやってみたとしても、その問題は解けないだろう」。 ・Try as I would, I couldn't solve the problem. (仮定法過去)  「たとえやってみようとしたところで、その問題は解けないだろう」。 ・Try as I did, I couldn't solve the problem. (直説法過去)  「やってみたけれども、その問題は解けなかった」。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

3種類の表現を、 分かりやすく訳し分けしてくださりありがとうございました。 そのため、違いをしっかり理解することができました。 お時間割いてくださり ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「別に~しても良いかな。」は might as well?

    日本語で「ま、別にそっちでも良いよ。」というような表現をするとき 英語では we might as well do it. という表現が良いでしょうか? 具体的にはふたつの同じぐらいの価値のある選択肢があって A=B or A≧Bの時 「別にどっちでも良いけどAでいっか」 というような状況です 例文としては "What do you wanna eat for lunch?" "Well, MOS burger... or we might as well go to Freshness Burger, I think..." "OK, then let's go to FB." "Sounds good." というような状況です ただ、調べた感じではmight as wellには 「本当はMOSに行きたいんだけど、FBのほうが近いからFBでも別にいいか」 というような明確なA>Bが成り立っているようなのですが Longman Dicでは a) used when you do "not particularly want to" do something but you decide you should do it b) used to mean that another course of action would have an "equally good" result というように+と-の意味においてまったく逆の用法があるようなので混乱しています このあたりの表現について、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

  • 疑問文中のwouldとdoやdid

    疑問詞のある疑問文でのwouldを使うときについて、次の2つの英文が海外ドラマにありました。 1."How would someone get your credit card number?"「犯人はどうやって君のカード番号を手に入れたんだろうね」 2"What would make you think that?"「どうしてそう思うの?」 この二つにおいてなぜ1ではdidでなく2ではdoesでなく1,2ともにwouldが使われているのですか? この二つだけでなく、疑問文のdoやdidがwouldになる英文ではどのようなニュアンスの違いがあるのでしょうか? 少し、自分の考えを書かしていただきます。 wouldはwillの過去形で、willのもつ「かなり確信度の高い推量」を過去にすることで、距離感を出し、「確信度のあまり高くない推量」を表す用法がありますよね。つまり、日本語訳でいうところの「~なんじゃないかなあ」くらいの確信です。 この用法でwouldが使われていると考えると、doやdidを使った疑問文よりも、wouldを使ったほうが、やわらかく質問しているというイメージが自分の中にはあります。 つまり日本語訳でいうのならdo,didのときは「どうやって~なんだ」と断定的なニュアンスからwouldを使うことで「どうやって~なんだろう」というように少しやわらかい聞き方になると思うのです。 この考え方ならばwill you~という依頼の疑問よりもwould you~?の依頼のほうがやわらかく丁寧な質問になるということもつじつまが合うと思うのです。 この自分のdo,didとwouldを使って疑問文のニュアンスの違いについての考え方は間違っていますか? 自分はまだ高二で英語にもまだ4年しか触れてないものなので、仕事で英語を使っている方や海外在住でネイティブと交流がある方など、ベテランの方のニュアンスの違いの考え方を是非うかがいたいです。 似たような質問をほかにもしていますが、自分の質問の書き方があいまいだったため、再度質問させていただくことにしました。本当にわからずに困っているので、よろしくお願いします。 英文法 英会話 英単語 

  • ofの用法について教えて下さい。

    ウィズダム英和辞典第2版のbenefitの例文に The scheme would be of benefit to poor people. (その計画は貧しい人々のためになるであろう)とあります。 この例文の"of"の用法がわかりません。 この辞典で調べてもよくわかりませんでした。 よろしくご教示ください。

  • mightの用法

    よろしくお願いします。 ポールスターIIのLesson6の本文で、分からない部分があります。以下が本文の一部を抜粋したものです。  Several years ago, interviewing candidates for a job, I grew tired of asking, “What experience do you have?” So I decided on a one-question quiz to find out how clever the candidate might be. Here it is:  You are on a yacht over the deepest point in the sea, the Mariana Trench, where you drop an iron ball over the side. How long will it take for the iron ball to reach the bottom of the ocean?  Before reading on, please try to solve this yourself ― paying special attention to how you might solve it.  Did you make a completely wild guess because “there wasn’t enough information”? Did you get lost in the details while trying to come up with “exactly the right answer”? Or did you focus on the two most important problems ― how deep the Mariana Trench is and how fast an iron ball might fall through the water ― then make a guess? この最後の文で、might fallとありますが、ここのmightは、仮定法過去のmightだと解釈してよいでしょうか。 mightの部分は、実際は仮定法だが、if節は、言わなくても分かるので、省略されていると思うのです。 つまり、最後の部分は、(if you dropped an iron ball into the sea), how fast an iron ball might fall through the water - then make a guess?というふうに、( )の中のif節が省略されていると私は思います。もちろん、( )の中は、本文には書かれていません。そのような解釈で正しいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • would の意味

    Four years ago, no relay team was able to cover 400 meters as quickly as four United States runners had in 1988 in Seoul, South Korea. Carl Lewis jumped farther in Seoul than any man would 12 years later in Sydney, Australia, and Jackie Joyner-Kersee did the same among women. 後半の than any man would 12 years later における would  の意味、文法的な用法がわかりません。 教えていただけませんか。

  • if の用法の解釈について

    添付ファイル文章: If anything does preserve society, even in our time, and does regenerate and transform the criminal, it is only the law of Christ speaking in his conscience. に関する質問です。 このif の用法についてですが、 主節が直接法現在なので、 when,whenever で置き換えられる用法: <習慣的に起こる条件>として理解して合っているのか自信がないです。 このif の用法について解説お願いします。 <ウィズダム辞典> 【習慣的に起こる条件】 8 …するときには(いつでも) (!if節中と主節の〖動詞〗の時制は通例一致し, 直説法現在が多い; → it 4a 文法) ▸ If he drinks alcohol, his face goes red. 彼は酒を飲むといつも赤くなる(≒ When [Whenever, Every time] he drinks ....) ▸ The neighbor's dog barks at me if I go into my garden. 自宅の庭に入ると, 隣の犬がいつも私にほえる ▸ The memory will [╳would] vanish if the user switches off. ユーザがスイッチを切ると, そのメモリは失われる (!時に主節にはwillが来るがwouldとしない) .

  • try as S mightという挿入句について

    英語ネイティブの人のブログを読んでいたら、.文中に...,try as I might,....という挿入句がありました。辞書を見てもわからなかったので、スルーしていたら、別のネイティブのブログに今度は....,try as you might,.....というのが、文中に挿入句として出てきました。これは日本語にすると、どんな訳になりますか? そしてどうしてそういう訳になるのかも教えていただけたら嬉しいです。 よろしくお願いします!

  • would, couldは仮定法?

    先日、mightの用法について、以下の質問をさせていただいたものです。 http://okwave.jp/qa/q8405435.html ご回答者の方には、大変お世話になりました。mightは、仮定法過去であるかと思っていたのですが、この本文では、仮定法ではなく、推量の意味をもつのだと理解できました。 先日の質問の本文も含めて、その先の本文も載せます。高校教科書ポールスターIIからです。  Several years ago, interviewing candidates for a job, I grew tired of asking, “What experience do you have?” So I decided on a one-question quiz to find out how clever the candidate might be. Here it is:  You are on a yacht over the deepest point in the sea, the Mariana Trench, where you drop an iron ball over the side. How long will it take for the iron ball to reach the bottom of the ocean?  Before reading on, please try to solve this yourself ― paying special attention to how you might solve it.  Did you make a completely wild guess because “there wasn’t enough information”? Did you get lost in the details while trying to come up with “exactly the right answer”? Or did you focus on the two most important problems ― how deep the Mariana Trench is and how fast an iron ball might fall through the water ― then make a guess?  What does this have to do with business or creativity? A great deal. In the real world, we often have to make decisions without having all the information we need.  Suppose, for example, you have been asked to make a marketing plan for a new kind of telephone. You would like to know the number of phone stores in the U.S. Unfortunately, you do not have this figure. What do you do?  One solution [*1would] be to turn to the Yellow Pages of a large city. You [*2could] find the number of stores per 100,000 people in that city, and you could then guess how many stores there were in the whole country.  The question about phone stores is called a Fermi problem, named after Enrico Fermi, who was a Nobel Prize-winning physicist. Fermi used problems such as this to teach his students how to think for themselves. A Fermi problem does not contain all the information you need to solve it completely.   ここで、[*1would]と、[*2could]について質問があります。 私は、*1wouldも、*2couldも、仮定法過去の用法だと思うのですが、いかがでしょうか。 つまり、*1wouldについては、 (If you were give this question,) one solution would be to turn to the Yellow Pages of a large city. というふうに、かっこのif節が省略されていると考えることができると思うのです。 もちろん、本文には、かっこの内容は書かれていません。 次に*2couldについては、同じく (If you turned to the Yellow Pages of a large city, ) you could find the number of stores per 100, 000 people in that city, ~ というふうに、かっこのif節が省略されていると考えることができると思います。 本文には、かっこの内容は書かれていません。 would, couldについて、このような解釈でよいでしょうか。ご意見をいただければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • この英文の解釈を教えて下さい。

    現在読んでいる書籍の英文で解釈が分からない箇所があるので回答願います。 1つ目は、 Southern Irish might well be apprehensive about the sudden swelling of their state by a million people - urban and with a different social outlook and "who by" and large would be bitter about any union with their Irish "cousins". の"who by"が何を指すのかと、文法的解釈が分かりません。 2つ目は、 1That would lead to bloodshed and confusion as the IRA expect, but who in the end would come out "the winner"would be open to question. のcome outの文法的解釈です。come outは自動詞だと思っていたのですが、~を排出する ~を解決するといった他動詞的用法があるのですか? 宜しくお願い致します。

  • 仮定法過去と仮定法未来の意味の違いについて

    添付ファイル文章: And what would become of the criminal, O Lord, if even the Christian society—that is, the Church—were to reject him even as the civil law rejects him and cuts him off? What would become of him if the Church punished him with her excommunication as the direct consequence of the secular law? に関する質問です。 この文章の中で使われている2種類のif について違いが分からないです。 1つめのif は未来に対する仮定 ≪ウィズダム辞典≫ ⦅かたく⦆ ; 〖if A were [was] to do〗 仮にAが…するようなことがあれば (仮の話の前提に用いられ, 実現の可能性の度合には関係ない) 2つ目のif は ≪ウィズダム辞典≫ 〖仮定法過去; 現在の事実に反する仮定や現在・将来起こりそうにない状況を表して〗 もし…だとすれば; もしも…ならば (1)if節は〖動詞〗の過去形, 主節にはwould, could, might, shouldなどの〖助動詞〗を用いる. (2)1 と違ってif節の内容が起こりそうにないと話者が考えていることを示す) 両者の使用範囲を比べると、 仮定法過去が、時制としては現在や未来の 2つに使えて広く、 未来に対する仮定法は、 未来だけの仮定で仮定法過去と比べると狭いです。 両者が同じ未来に使われている時に、 どういった違いが生まれるのか分からないです。 解説お願いします。