-PR-
解決済み

裁判について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.99006
  • 閲覧数83
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 86% (33/38)

民事訴訟は、どこの裁判所で扱っているのですか。
また、裁判は何回受けれるのでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 53% (77/145)

民事訴訟はたいがいどこの裁判所でも扱っていますよ。
訴額(相手に要求する金額)が低い場合は、簡易裁判所で行われます。
一審目は地方裁判所、次が高等裁判所、最後が最高裁判所という流れを取っています。
また、裁判は何回でも受けられます。
恐らく、何回訴えられるのかということを言っておられるのだと思いますが。
例えば自分が訴えられた場合、その相手を逆に訴え返すことも同時進行でできます。(反訴と言います。)
詳しくは、弁護士会で行っている無料の法律相談などで直接弁護士に聞いてみるといいですね。
お礼コメント
gaorin

お礼率 86% (33/38)

どんな人 一般人となっていますが、詳しく知っているんですね。こんな事を知らないのは、私だけなんでしょうか。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-04 14:43:16
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (2276/4889)

民事訴訟を提起する裁判所は、相手の住所を管轄する裁判所です。訴額(訴える額)が90万円以下の場合は簡易裁判所です。不動産に関する訴えは相手の住所でもよいですが、その不動産のある裁判所でも結構です。 次の、何回受けられるかと云う質問ですが、1つのことを何回訴えることができるかと云うことなら、1回だけです。同じことを負けたからと云い何回も何回も繰り返して訴えできません。ただし、確定するまでは上級裁判所に訴え ...続きを読む
民事訴訟を提起する裁判所は、相手の住所を管轄する裁判所です。訴額(訴える額)が90万円以下の場合は簡易裁判所です。不動産に関する訴えは相手の住所でもよいですが、その不動産のある裁判所でも結構です。
次の、何回受けられるかと云う質問ですが、1つのことを何回訴えることができるかと云うことなら、1回だけです。同じことを負けたからと云い何回も何回も繰り返して訴えできません。ただし、確定するまでは上級裁判所に訴えることができます。上級とは地方裁判所の次は高等裁判所、その次は最高裁判所です。最高裁判所で負けたから、また、同じ事を地方裁判所に提起することはできません。
お礼コメント
gaorin

お礼率 86% (33/38)

もっともっと勉強しないとだめだなあ…と思います。ただいま勉強中です。がんばります。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-04 14:47:50


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

わかりやすいHPがあります。「合意管轄」といって、当事者があらかじめ、決めておく場合や、「応訴管轄」といって、相手が訴訟に応じると、その裁判所が管轄裁判所になることがあります。 「裁判のしくみ」については http://www.ogawalaw.com/sikumi_minji.htm を見てください。 ...続きを読む
わかりやすいHPがあります。「合意管轄」といって、当事者があらかじめ、決めておく場合や、「応訴管轄」といって、相手が訴訟に応じると、その裁判所が管轄裁判所になることがあります。
「裁判のしくみ」については
http://www.ogawalaw.com/sikumi_minji.htm
を見てください。
お礼コメント
gaorin

お礼率 86% (33/38)

裁判の事なんて、今まで無関心だったので、何もわからなくって…
がんばって、勉強します。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-07-04 14:51:25
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ