• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

簿記の仕訳時の( )について

TAC出版の合格テキストとトレーニングを使って勉強しています。 仕訳する時には勘定科目に(現金)のように ( )を付ける必要があるみたいのですが トレーニングの仕訳の問題の解答には( )がついていません【テキストの仕訳の例題にはちゃんと( )が付いています】 そこでお聞きしたいのですが 仕訳する際、勘定科目に( )が付く場合と 付かない場合があるのでしょか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数173
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kikki28
  • ベストアンサー率41% (60/143)

学習上、正式な仕訳の書き方は 仕訳 (借方)現金 100円 (貸方)売掛金 100円 というように書きます。 正式な書き方ということで、単位も必要になります。 ただ、こんな書き方、めんどくさいので 略した書き方として、勘定科目に( )をつける書き方 (現金)100(売掛金)100 と、書くか、(略した書き方なので単位も略しています) 現金 100/売掛金 100 のように、借方、貸方の区別を中央の/で表す書き方があります。 検定試験上では、解答欄にしたがって仕訳を記入します。 解答欄が借方、貸方に分けてありますので 通常( )は必要ではありません。 おせっかいですが、このような質問は、簿記のカテゴリのほうが いいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 よくわかりました。 簿記カテゴリがあるのに今気付きました。 次回以降は気をつけます。

関連するQ&A

  • 簿記、仕訳のカッコ書き

    今、簿記の試験を受けるため3級から勉強しているのですが、わからないところがあります。 初歩的な質問なのですが、今使っている、問題集は仕訳を答える解答で勘定科目にカッコ書きされているものとされていないものがあります。 問題にカッコ書きについての指示はないのですが、過去問題集の解答を見てもカッコ書きされていませんでした。試験では仕訳を答える問題で勘定科目にカッコを付けると不正解となるということなのでしょうか? どなたか教えてください。 例えば (売掛金) 100 (現金) 100 の仕訳が過去問題の解答には    売掛金 100 現金 100 と書いてありました。  

  • 仕訳について

    仕訳についてなのですが、 問題:商品\10,000分を仕入れ代金は現金で支払った。 この場合の借方の勘定科目は 仕入れでしょうか?商品でしょうか? このテキストの解答は仕入れだったのですが、 テキストによって借方の勘定科目の解答が商品の場合もあるのです。 どちらでも良いという事なのでしょうか? わかる方是非とも教えてください!

  • 仕入れの仕訳について教えてください

    来週の日曜日に日商簿記3級を受験する者です。 とても基本的なことなのだとは思いますが、独学なもので相談できる人がおらず、困っています。 商品を仕入れた場合の仕訳(借方の勘定科目)が、テキストと問題集で異なり、どちらの勘定科目で解答したらいいのか迷っています。テキストでは「仕入れ」という勘定科目を使っていますし、問題集では「商品」となっていました。本試験の解答欄にはどちらの科目で書けばよいのでしょうか?どなたかご指導お願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#57092
noname#57092

要は分かればよし!で、 ()の付く、付かないは関係ないし、 ()のあるなしが原因で減点の対象になるような事はないです。 ちなみに実務では私の会社は勘定科目は全てスタンプになっています…。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ( )のあるなしはあんまり気にしなくて 良いみたいですね。

  • 回答No.1

たぶんですが・・・。 テキストでは勘定科目を強調する意味で( )を付けているのではないでしょうか。 実務の場合、勘定科目にいちいち( )は付けないですから・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 結構曖昧なんですね。

関連するQ&A

  • 現金過不足について

    質問があります。 (簿記3級を独学している者です) TAC出版の「とおるテキスト」には、“決算時には『現金過不足』の勘定科目は使わずに、『現金』勘定を用いる”と記載されているんですが、「短期集中ゼミ」というテキスト本には、その様な記載は無く、現金過不足に係る例題での決算時における勘定科目は『現金過不足』を用いています。 どちらが正しいのでしょうか? 是非、宜しくお願いします。

  • 簿記の仕訳の仕方について分からないので教えて欲しいのですが。。

    簿記の仕訳の仕方について分からないので教えて欲しいのですが。。 今、日商簿記2級の勉強をするために、3級の復習をやっているんですけど。 (1・2年前に全商簿記3級を勉強したことしかないので。) 借と貸の仕訳の仕方を忘れてしまって、全然分かりません。 勘定科目はなんとなく分かります。 借と貸に分けるコツ(考え方)みたいのがあったら教えて下さい!! いろいろなサイトを巡ってみましたが、こういうことを書いてるサイトがなかったので、もしあればそのサイトも教えていただけると助かります。

  • 簿記3級 立替金の仕訳について

    お世話になっています。 現在、簿記三級を独学で進めているのですがテキストを進めていて納得出来ない部分があります。 A商店から商品3,000円を仕入れ、代金は掛けとする。引取費用200円は現金で立替払いした。 上記の取引を仕訳すると… 【指定勘定科目に「立替金」がある場合】・・・(1) (仕 入)3,000  (買掛金)3,000 (立替金)200   (現 金)200 【指定勘定科目に「立替金」が無い場合】・・・(2) (仕 入)3,000  (買掛金)2800             (現 金)200 となるらしいのですが…(1)の記述については問題ないのですが、(2)について理解できません。 (1)では3,200円の取引で(2)では3,000円の取引になっているように感じられるのですが、 どのように解釈したらよいのでしょうか?同じ取引をしたにも拘らず、指定勘定科目の違いで 取引金額に差が出てくるのが納得できないのですが…。初歩的な問題で申し訳ないのですが、 宜しくお願いします。

  • 仕訳、発送費は、仕入になぜふくまれるの?日商簿記

    仕事の都合で経理をやるにようになったため(経理は初めてです)、5年ほど前に暇つぶし買った、日商簿記3級最速マスター(LEC)という本を見て少し勉強をしています。 例題でどうしても納得いかない問題があったのでお解かりになるかた、おしえてください。 問題 次の取引について仕訳を行いなさい 解答欄には空欄の仕訳表があります。 1.購入代価6,000円の商品を掛けで仕入れ、引取運賃500円は現金で支払った。 2.商品5000円を掛で売り上げ、発送運賃300円(当社負担)は現金で支払った。 3.商品8000円を掛けで売り上げ、先方負担である発送運賃600円を現金で立替払いした(立替勘定で処理すること) 4.3において発送運賃を含めた場合。 問題集の解答   借方科目|金  額|貸方科目|金  額| 1.仕入    6500 買掛金  6000                現金    500 2.売掛金   5000 売上   5000   発送費    300 現金    300 3.売掛金   8000 売上   8000   立替金    600 現金    600 4.売掛金   8600 売上   8000                現金    600 となっているのですが、私はそうしても納得がいきません。 私の解答は   借方科目|金  額|貸方科目|金  額| 1.仕入    6000 買掛金  6000   発送費    500 現金    500 2.売掛金   5000 売上   5000   発送費    300 現金    300 3.売掛金   8000 売上   8000   立替金    600 現金    600 4.売掛金   8600 売上   8000               現金    600 で違いは1で 問題集   借方科目|金  額|貸方科目|金  額| 1.仕入    6500 買掛金  6000                現金    500 2.売掛金   5000 売上   5000   発送費    300 現金    300 自分   借方科目|金  額|貸方科目|金  額| 1.仕入    6000 買掛金  6000   発送費    500 現金    500 2.売掛金   5000 売上   5000   発送費    300 現金    300 1でなぜ発送費という借り方科目がでてこないのに 2で出てくるのか、納得いきません。 そもそも、発送費という勘定科目ってあるのか? この問題集の日商簿記に出てくる勘定科目一覧があるのですが、費用の科目に発送費という科目は載っていません。でも解答には発送費と書いてあります。 勘定科目としてあるのか?ないのか?とうのも気になるのですが、なぜ、1のケースでは発送費というのがでてこないで、2では出てくるのでしょうか? 教えてください。

  • 簿記3級の問題サイトで・・・

    こんにちは、簿記3級の取得を目指して、学習しているものです。 http://www.bokiboki.com/ 上記のサイトで練習問題を解いていたときに、 出題された問題について質問させていただきます。 次の取引について仕訳する場合、 各々の勘定科目に入る適切な勘定科目を答えよ。 ------------------------------------------------------------------- 従業員の給料総額2,150,000の支給にさいして, 所得税の源泉徴収分260,000と従業員への立替分140,000を差し引き, 手取金を現金で支給した。 -------------------------------------------------------------------        借方          |          貸方 -------------------------------------------------------------------     勘定科目 |   金額   |    勘定科目  |   金額 -------------------------------------------------------------------       給料  |  2150000  |    預かり金  |    260000            |         | (a)従業員立替金|    140000            |         |      現金   |   1750000 ------------------------------------------------------------------- 上記の問題において、表のように解答したのですが、 (a) が立替金が正解であるとされ、不正解になってしまいました。 以下のサイトの、 http://www.boki-navi.com/accounts.html 「許容勘定科目の公表とその利用について」 において、主要勘定科目「立替金」の許容勘定科目は「従業員立替金」 とありましたので、上記の表のように解答しましたが、 試験問題において、科目が指定された場合は、その科目で答えなければ ならないと思いますが、 特に指定がなければ、自分の解答でもよいのでしょうか。 どなたか教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 仕訳について

    今回受験する訳ではないのですが、質問させて下さい。 例えば貸方に勘定科目が3つはいる時、借方の勘定科目数は2つ入れることは出来るのですか? 実は以前経理をしていた時には、これは駄目だと教わりましたが、今見ているテキストだと模範解答が 3対2の勘定科目になっていたりします。 少ないですが自分の知識の元になっている部分なので回答御願いします。

  • 日商簿記3級の第127回の第1問の3問目の誤植?

    いつもお世話になっております(> <)!! 今日、TAC出版の“合格するための過去問題集(2013年4月1日初版発行?)”の 第127回の過去問を解いてみたのですが、以下のような疑問が生じました。 『第1問(仕訳問題)の3問目の貸方科目の解答が「償却債権取立益」となっていて、 自分もこの「償却債権取立益」の勘定科目が答えに含まれるだろう、と解いてて思った のですが、問題のページの勘定科目の一覧を何度読み返しても、この「償却債権 取立益」の勘定科目が見当たりません・・』 自分の買った過去問の誤植なのでしょうか?詳しい方、ご回答どうかお願いします(> <),

  • 仕訳について

    会計入力について質問です。 ある個人事業会社が諸会費10,000円を普通預金から引き出し、ゆうちょ銀行に振り込みました。その際、500円の手数料がかかり、それを現金で支払いました。この場合、仕訳はどうなるでしょうか? 職場の先輩に聞いたところ、現金という勘定科目は使わず、事業主貸の勘定科目を使いなさいと言われましたが、その意味が分かりません。

  • 勘定科目を諸口にするのは転記だけで仕訳はしない?

    簿記の質問なのですが、相手勘定科目が複数ある場合に、諸口という勘定科目にするのは仕訳帳から総勘定元帳に転記するときだけで、普通に仕訳をする段階では、 例えば、家賃と光熱費を現金で払ったという場合では、二つをまとめて諸口という勘定科目にする必要はないのですか?

  • 簿記3級勉強中につき

     こんにちは、簿記3級検定にチャレンジ勉強中です。まだ三日目で正直、挫折しそう(><)  <質問1> 勘定科目   例題(1) 商品50万円を売上げ、送金小切手で受取った。                                   (借方) 現金 50万  (貸方) 売上 50万   例題(2) C商店から、売掛金の回収として40万円の郵便為替証書と同店   振出しの小切手10万円を受取った。  (借方) 現金 50万  (貸方) 買掛金 50万 例題(3) A商店の買掛金20万円を小切手を振出して支払った。  (借方) 買掛金 20万 (貸方) 当座預金 20万    2種類のテキストから拾い出した例題と解答ですが、小切手の勘定科目が現金と当座預金とがあります。送金小切手--振出した小切手--受け取った。様々な表現がありますが、これはどう解釈すればよいですか?    <質問2> 為替手形  ※A商会に商品¥5000売渡し、代金は自己受為替手形を振出し、  A商会の引受を得た。  正解は(借方)受取手形 5000 (貸方)売上 5000  とありますが、    自社        A社        自社    振出人       引受人       受取人  と言う事になるのかな?なんだか不思議・・・文章が(引受けた)で終わったので、仕訳は発生しないと思いましたが、正解を見たら仕訳されてました。まだまだ先は長そうです、とりあえず現時点の質問です。