• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

宇宙の膨張

ハッブルが、遠ざかる他の天体が、実際よりも赤く見えるので、 宇宙は膨張していると判断した(光のドップラー効果)といいますが、 「実際の色」はどうやって知ることが出来たのですか? (見かけの色は観察で知ることができますが)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数67
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • notnot
  • ベストアンサー率47% (4676/9834)

天体からの光をプリズムなどで、色別に展開して分析します(スペクトル分析)。 一般のスペクトル分析はその光を出している物体の成分分析をするのですが、天体の場合はほとんど水素です。従って、水素のパターンがスペクトルに出るはず。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB%E7%B3%BB%E5%88%97 実際のスペクトルと、本来の水素のスペクトルを比較してどの程度、波長の長い方向にずれているかを調べることが出来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

スペクトル分析で思い出しました。 学校で習ったことがありました。 それにしても、なぜ星は水素のスペクトルなのでしょうね。いろんな星があるはずなのに、不思議といえば不思議です。

関連するQ&A

  • 宇宙膨張説について疑問

    ハッブル天文台で、色んな銀河を観測したところ、観測者から遠くにある銀河ほどドップラー効果による赤色偏移が見られるので、宇宙は膨張している。 というのが、凄く簡単に言えば宇宙膨張説の根拠だと思うのですが、ひとつ疑問があります。 観測者に届く、電磁波は遠くになればなるほど過去のものですよね。 数十億年前の電磁波が赤色偏移してたのは、その当時の事実でしかなく現在はそれがどうなっているのか分からないと思うのです。 それなのに、宇宙が現在も膨張しているというのは、どうして分かるのでしょう? 宇宙は膨張していた。というのなら分かるのですが。 誰か、素人の私でも理解できるように説明していただけませんか。

  • 宇宙は膨張している?

    私は天文も物理も素人な高卒です。 (高校時代は天文部でしたが) 先日、青木和光さんの「星から宇宙へ」を読み、 漠然と知っていた、宇宙が膨張するとか、その他色々を 少しだけ体系的に?わかりやすく教えていただいた感じです。 もちょっと知りたいけど、本な故に質問ができず、 ここに書いてみる事にしました。 宇宙が膨張しているのが、遠い天体ほど高速に遠のいているのが 観測上実証できた。 とあったのですが、遠い天体ほど、光は昔の光だと思うのです。 膨張が昔は早く、だんだんゆるやかになっていく。という感覚であるならば、 遠い天体は、昔の状態だから、その当時は早く、 近い天体ほどゆっくりになるのは、そりゃそうなんじゃね?と思いました。 だから、「遠い天体ほど早く遠のいている。」っていうダケじゃ、 まだ加速している。とか、それはわからないんじゃないかな? と思うのですが、それがどういう理屈で証明されたとしたのかが ぐぐったけど、わかりませんでした。 ここさミロ。でもいいので何かご存じの方よろしくお願いします。

  • 宇宙の膨張について?

    最近の天文学では宇宙は加速的に膨張してると本で読みました。 ので、簡単な質問ですがよろしくお願いします。 宇宙の膨張とは宇宙全体が膨張してるのでしょうか?(雑誌などでは宇宙が膨張しそれぞれの(銀河系や星がとうざかるとありました) それとも、断面的な時間の流れでそれぞれの空間が膨張してるのでしょうか? 例えば、離れたA銀河とB銀がとで考えると、同じ時間でそれぞれの銀河が3次元で10センチ膨張すれば、A銀河とB銀河の相対的距離はそれぞれの空間が膨張しても変わらないのでは? 光の速度(1次元)=空間の膨張(3次元の相乗値)が同じであれば、アインシュタインの言う様に普遍なものになるのでは? ただ光が強い重力のもとで影響を受けるのは、その空間が宇宙の膨張速度より違う為ではないでしょうか? アインシュタインが言う様に光の速度はどこからみても普遍なものであるとした考えの中には宇宙の膨張が含まれているのでしょうか? こういう考えはおそらく哲学的な考えるもの以下なものだと思いますが、いまいち宇宙の膨張、光の普遍速度、空間、時間概念のつながりが私には理解できません。 それと、πを使っての公式には意味がないのでは?πは無限な数字であり、πをもちいた公式自体が解をださないものでは?

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

> なぜ星は水素のスペクトルなのでしょうね。いろんな星があるはずなのに もちろん、いろんな物質が含まれうるが、『水素は必ず含まれる』というだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうでしたか。 ありがとうございます。

  • 回答No.3

物質によって放出する光の波長は決まっています。 赤方偏移は全てに波長が並行移動するので、基準値なるスペクトルを左右にずらして重ねて、ぴったり合う位置を見つければ、本来見られるはずだった波長ともズレがもとまります。 全ての波長が重なるようにずらすので、『他の物質の波長(あるいは、その物質が出す別の波長)とたまたま重なった」は除外できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (7826/9665)

以下のとおりお答えします。 >ハッブルが、遠ざかる他の天体が、実際よりも赤く見えるので、宇宙は膨張していると判断した(光のドップラー効果)といいますが、「実際の色」はどうやって知ることが出来たのですか? (見かけの色は観察で知ることができますが) ⇒「セファイド」と呼ばれる脈動変光星(明るさが周期的に変化する恒星)があります。 その変光の周期はその星の明るさに比例しますので、その変光周期が分かればセファイドの真の明るさが分かり、その明るさを見かけの明るさと比較することで、そこまでの距離が算定できます。 次に、標的の恒星までの距離とドップラー効果(赤方偏移)による偏移度との比較対照によって、当該の星の見かけの色と偏移した分の色とを加減することができます。ということで、その加減の操作によって、その星の真の色が確定できる、という仕組みになっているわけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これは初めて知る説です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 宇宙の膨張

    星間が互いに遠ざかっている事は判りますが、それは無限の宇宙空間の 中で広がっている(飛び散っている)と考えるほうが自然なように思います。 星が遠ざかっている事をもって宇宙が膨張しているとするなら、 一番端の天体が宇宙の果て(境界)となる様なイメージを持ってしまい 納得できません。ビッグバンとの関連も含めて教えて下さい。

  • 宇宙の膨張率は年率一兆分の76ぐらいですか?

    宇宙の膨張率に興味が有って、素人なりに計算してみました。 一般に膨張率は体積をVとして、dV/dxとなるのでしょうが、話を単純にするため一次元の線がどの程度伸びるのかに注目します。 近年Hubble定数が誤差3%程度で確定できたそうなので、このBubble定数から宇宙の膨張率を(一次元で)計算してみました。 最新の観測結果によれば、観察者から1メガパーセク離れれた天体は74.3Km/秒の速度で観測者から離反しているそうです。(=Hubble定数) 離反速度 = 74.3Km/Sec = 276,000Km/Hour = 6,420,000Km/Day = 2,343,000,000Km/Yearです。 Kmをパーセク、メガパーセクに変換すると 離反速度 = 0.0000759 pc/Year = 7.59E-11 Mpc/yearとなります。 今日、地球から1メガパーセク離れた天体Xは、一年後に地球が公転で同じ位置に来た時には、一年前と比べて7.59E-11、すなわち、一兆分の75.9程の離反率(一次元の膨張率)と出ました。 感覚的な宇宙膨張と比べて、極めて小さな膨張率であり、これは「宇宙は膨張していない」と言っても過言でないほどの微小な膨張率(伸長率かな)と言ってよいと思います。 質問:宇宙の膨張率は、一年あたり一兆分の75.9という計算は合っていますか?

  • 宇宙の膨張に関して。

    宇宙の膨張に関して。 思いっきり素人です。 いろいろと調べたのですが、どうしても理解できないと言うかわからない事があります。 全ての物質が離れて行ってるから空間が膨張しているとされているようですが、 そのためには光の進行速度が常に一定であってはならないような気がします。 光の速度に関してもあまり記述を見つけられなかったんですが、 実際の所一定なのでしょうか? (光が光を追い抜くという状況は考えられるのか?) インターネット上で色々読んだ結果、どうも宇宙が膨張していると言うよりも、 エネルギーも含め素粒子単位で全ての物質が高速で縮小している、 と考えるほうが今の私にはしっくりきてしまっています。 あと、宇宙の膨張が加速すると、なぜ物質同士(星同士)の離れかたも連動して平等に加速するのか? と言う点も分かればお願いします。 こう言ったコトを説明しているサイトがありましたら紹介してくれると助かります。

  • 宇宙の膨張の根拠は何?

    ビッグバン以降宇宙が膨張している、つまり空間がどんどん広がっているなぜなら、遠くにある天体ほど猛スピードで離れているからとの事かと思います。そこで、疑問なのですが、なぜ、これで宇宙空間がひろがっている(膨張してる)と言えるのでしょうか真空の宇宙空間がどんどん湧き出ているような感じは、ちょっと想像しにくいのです。 また、地球と太陽の間で突然空間が広がりはじめたら、太陽がどのどん遠くなるような事もあるのかな??(ちょっと飛躍しているかもしれませんが) 。 「単に星が遠ざかっているだけ、ただしその起源は、ビッグバンの大爆発であるとは思いますが、宇宙空間そのものは元から無限であったのではないのか」こんなふうに考えていますが、どうでしょうか?

  • 宇宙の膨張について

    宇宙は暗黒エネルギーによって加速膨張しているそうですが、 観測している“宇宙の果て”が130億年前の姿なら ビッグバンが始まった当初の姿のはずなので 加速して見えて当然だ、という考えは間違ってますでしょうか? つまり暗黒エネルギーなどは存在せず、 見かけは加速していても“実際は重力作用によって減速している”と。 まったくの素人なので分かりやすくご回答ください。

  • 宇宙の膨張先は何ですか?

    あんまり知識がないのですが、宇宙って一つの点からビックバーンが起きて光の速度並みの速さで今も膨張してるのですよね? 宇宙自体、基本的に無数の銀河、ブラックホール、真空世界から構成されていると思うのですが、その宇宙が膨張してる先には何があるのでしょうか? 真空状態で何もない状態、世界でしょうか? それなら宇宙と変わりありませんよね? 宇宙を取り囲んでる世界とはどのような世界なのでしょうか? 哲学的、宗教的な話はけっこうですので、真面目なご回答お待ちしています。 PS、ついでにもう一つ質問ですが貴方は宇宙人がいると思いますか? (お答えしたくないなら無視していただいてけっこうです)

  • 宇宙が膨張しても銀河間の距離は不変、というパラドックス?

    宇宙が膨張しても銀河間の距離は不変、というパラドックス? ハッブルの法則は遠い銀河からの超新星の光を分光すると赤方偏移を示す観測事実から、ドップラー効果を根拠にすべての銀河が遠ざかっている=宇宙が膨張していると結論付けたものですね。 そこで、質問です。 現在の、天の川銀河と、ある遠くの銀河Xの距離をr0としましょう。 一億年後、宇宙が膨張したのちの銀河Xとの距離をr1とします。 r0をパーセクで表現するとnパーセクでした。 ハッブルの法則からr1>r0になるはずですね。 ところが一億年後にはr1を測定するとやはりnパーセクになるはずです。 なぜならば、一億年後にはパーセクの元になる天文単位も宇宙の膨張に伴って長くなっているからです。 r0=nパーセク r1=nパーセク ですから、r1=r0となってしまい上記のハッブルの法則とは異なる結論です。 どう解釈したらよいのでしょうか? 宇宙年齢に依存せず常に一定の物差しが無いということなのでしょうか。 であれば、膨張しているという命題は無意味に思えますが。 考えるヒントをいただけると助かります。

  • 宇宙の膨張と相対論と矛盾している?

    宇宙の膨張は一般相対性理論から導き出される結果のようで、観測でも実証されているようですが、一つ疑問点があります。 宇宙の物質は全体的な膨張により、遠くの天体ほど高速で遠ざかっており、その(遠ざかる)速度が光速を超えてしまうところは、地球からは絶対観測できない─宇宙の地平線と呼ぶ─らしいのですが、これはあらゆる物質は光速を超えられないはずの一般相対論と矛盾してはいませんか? 何か間違っているのでしょうか?諸賢のご意見お待ちします。

  • 遠い宇宙は、本当に光速以上で膨張するの?

    遙か彼方の宇宙(150億光年くらい?)の膨張速度は光速と同じになり地球に光が届かないから観測できない。だから、そこが宇宙の果てでもあるということを聞いたことがあります。 でも、相対論では、光速より速いものは存在しないはずですよね。 「存在しない」のと「観測できない」のは違うと思うのですが、矛盾しませんか?相対論と膨張速度の関係はどうなっているんでしょう? 難しい数式はわかりませんので、易しい言葉で教えてください。

  • 赤方偏移の要因

    赤方偏移について勉強しています。 赤方偏移はドップラー効果と重力によって起きると習ったのですが、疑問点があります。 (1)ドップラー効果と重力以外では起こらないのですか? (2)宇宙が膨張している、という説の証明にドップラー効果による赤方偏移の話がでますが、観測時においてドップラー効果だけ見て重力場は考えないのですか?観測する天体と地球の間に強力な重力場があったりしたら、観測された赤方偏移は必ずしもドップラー効果によるもの(=宇宙が膨張している)とはいえないのではないですか? 答えてくださる方がいましたら是非お願いします。