• 受付中
  • 困ってます

古典翻訳:ホラティウスの書簡集一の二

You lose no time in taking out a fly, Or straw, it may be, that torments your eye; Why, when a thing devours your mind, adjourn Till this day year all thought of the concern? Come now, have courage to be wise: begin: You're halfway over when you once plunge in: He who puts off the time for mending, stands A clodpoll by the stream with folded hands, Waiting till all the water be gone past; But it runs on, and will, while time shall last. (著者:Horace. 書名:The Satires, Epistles, and Art of Poetry 英訳者:John Conington。1869年の訳) 試訳: 砂粒一つも、目に入れば、迷惑千万 さっと洗うのが、自然のの摂理。 これに逆らうは、心の澱み ゴミ屋敷になって初めて、大あわて。 どこから手を付けていいか分からなくとも、 初めの一歩を踏み出せれば、片付の半分は終っています。 川を渡る時に、愚か者が、 川の水が尽きてから渡る、と言う様にならぬように。 川の水は、いつまでも、そしてこれからも、尽きる事はありません。 He who puts off the time for mending, stands A clodpoll by the stream with folded hands,(改善を先延ばしにして、川縁で手を合す愚か者)の箇所は、あまりよく分からなかったのですが、「川を渡るのを躊躇してそうしているのかな~?」と勝手に想像して訳しました。他にも、今回はYou lose no time in taking out a fly, Or straw, it may be, that torments your eye;の箇所なども、個人的に現代人は、目に蠅や藁が入るような生活をしていないので、大胆に「砂一粒も目に入れば」と変更し、Till this day year all thought of the concern?も、時間を訳さずに「ゴミ屋敷になって初めて、大あわて。」と実際に一年もなんもしなかったこうかな?とか想像して訳してみました。 そんなこんなんで、なんとかホラティウスの表現した情景を日本語でも表現しようと、大胆に今回は訳してみましたが、これでよかったのか、どうなのか、どうでしょうかね? やはり、さすがホラティウスだと思う見事な表現ですが、皆様はどのように訳されますか? 翻訳例を教えてくださいませ。 お作品に優劣をつける事はできませんので、BAは選びませんが、よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数90
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7583/9347)

「お礼」ありがとうございます。 >≫上田敏がカール・ブッセやブラウニングを訳したときの気持ちはかくもあったのかなどと、 >上田敏、どこかで聞いたことが、と思いつつ、ネット検索してみてビックリ!!! あのかの有名な「春の朝」は、ロバアト・ブラウニングの詩で、翻訳者が上田敏でした! The year's at the springを、時は春、And day's at the mornを、日は朝、と訳したのは正に天才としか言いようがないですよね。しかも、英語のみならず何か国語もの詩人の翻訳をこのクオリティーでされたのですから、すごいなんてもんじゃないですね! ⇒実におっしゃるとおりだと思います。引用された「春の朝」(ブラウニング―『ピパの歌』は実に実に感動ものですね。 私は、上田敏の『海潮音』(の初版復刻版)を神棚に上げて宝のようにいつくしんでいます。《奥付に曰く、「明治三十八年十月十三日発行 定価金壱円」(「発」「壱」「円」はすべて旧漢字で)と書いてあります。》 >ホラティウスも誰かが名訳を出してくれているのでしょうかね?(私はしらないのですが。) 一応検索すると、鈴木一郎訳が4万8千円で売られているようですが、、、高すぎてどんな訳だか確かめてみる気力も湧きません。 ⇒4万8千円ですか! 高ッ。神田あたりを1日かけて探せば、もっと安く買えるかもしれませんね。でも、そのエネルギーが…。 >≫流れの脇で手を拱くは、これたわけ。 >脚韻がすごすぎて、前回コメントし忘れましたが、folded handsを「手を拱く」とは、これは本当に英語と日本語の偶然似た表現の大発見でした!まさに「言われて見れば、ソックリ」でした。 ⇒そうですね。「拱手する」はまさしくfold handsですね。 いつも楽しい交歓をありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。 P. S.:お二人にお褒めいただき、恐悦至極であります。しかし、本当は逆で、お二人の英語力にはいつも敬服、尊敬の眼差しです。実を申しますと、私はいつもお二人の訳を師範にさせていただいています。感謝です。どうも、いつもありがとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集一の七

    Five days I told you at my farm I'd stay, And lo! the whole of August I'm away. Well, but, Maecenas, yon would have me live, And, were I sick, my absence you'd forgive; So let me crave indulgence for the fear Of falling ill at this bad time of year, (*yonは、youの誤植だと思います。) 拙訳: 五日休むと言って田舎に帰省 騙してごめんよ、八月いっぱいおりやした だけど、やさしいあんたなら 病気で休むのは、しょうがねえ 命あっての物種と、分かってくれると踏みまして 堪忍、堪忍、病気予防の休みでございます。 原文は丁度150年前にオクスフォード大のラテン語の教授のJohn Coningtonによって英語に訳されております。ホラティウス自体の視点が面白いのと、無駄に美しすぎる英文体に関心しつつ読んでおります。at this bad time of yearの箇所が訳し抜けしておりますのは、原文には続きがあるのですが、つづきを入れて入れて訳すのはメンドクサイのと、続きの箇所なしでここを訳すのが難しいので、、、。という訳です。 まあ、そこは大目に見てもらって、皆さんの、この詩の翻訳例を教えてください。 宜しくお願い致します。 (BAは、選びません。すいません。)

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集一の一

    To fly from vice is virtue: to be free From foolishness is wisdom's first degree. Think of some ill you feel a real disgrace, The loss of money or the loss of place; To keep yourself from these, how keen the strain! How dire the sweat of body and of brain! Through tropic heat, o'er rocks and seas you run To furthest India, poverty to shun, Yet scorn the sage who offers you release From vagrant wishes that disturb your peace. ((HoraceのEpistlesの1の1より) 拙訳: 善行とは、悪を行わぬこと。 至高の知恵とは、愚かさを離れること。 しかるに人が心底恥ずべき事態と言えば、 住居の喪失、財産の喪失が思い浮かぶ。 そんな事態を避けるため、尻に火が付いた時の人間の力ときたら! 海を越え、山を越え、艱難辛苦もなんのその、 たとえ地の果てインドまで、そうしてまでも貧乏だけは避けたがる。 しかし、愚かしい栄誉を諫める賢者の格言は、 鼻で笑って、気にもせぬのは困ったものだ。 自分で訳してみたものの、どうも初めの2行の表題から、3行目に移るために説明口調になってしまい、終わりの2行の愚痴(?)につなげる必要からまた説明調になってしまいます。どうも、ホラティウスの気持ちのいいテンポを保てずに訳してしまいました。 折角のホラティウスの格言を日本語でも味わえるように皆様の翻訳例を教えていただけませんか? BAは、いつものように選びませんが、よろしくお願い致します。

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集の1の13、

    アウグストゥスに詩を献上するにあたっての、注意事項の詩です。 But when you've quelled the perils of the road, Take special care how you adjust your load: Don't tuck beneath your arm these precious gifts, As drunken Pyrrhia does the wool she lifts, As rustics do a lamb, as humble wights. Their cap and slippers when asked out at nights. Don't tell the world you've toiled and sweated hard. In carrying lays which Caesar may regard: Push on, nor stop for questions. Now good bye;. But pray don't trip, and smash the poetry (HoraceのEpistlesの Book IのXIIIより。John Coningtonによって1869年に英訳された。) 拙訳: さあ、いざ殿のもとに到着となったらば、 物の運び方ってもんには気を使ってもらいてえ。 いいかい、献上品ってのはね小脇に抱えて運ぶもんじゃないよ 酔っ払いが、店のもんを勝手に持ち帰ってるみてえだろ、 農家が子羊を抱えるようにもなっちゃあいけねえ、 あと、田舎もんが、お呼ばれされた時に履き物と帽子を小脇を抱えて家に入るだろ、ああ見えてもダメ! 殿が目を通すかも知れねえわしの歌を運んでんだ くれぐれも「こりゃ、一苦労だわ。」って顔しちゃいけねえよ 分かったね、じゃあ早いとこ、行っとくれ 粗相だけはないように頼んだよ。 * drunken Pyrrhia does the wool she liftsの箇所は身近にありそうな例に変更しました。(Pyrrhiaさんなんて知らんし、、。) ** humble wights. Their cap and slippers when asked out at nights.の箇所は、こちらを参考にしました。( 英訳者が違うのでtribe-guest=humble wightsですが。) https://books.google.jp/books?id=wVgNAAAAYAAJ&pg=PA325&lpg=PA325&dq=drunken%E3%80%80Pyrrhia&source=bl&ots=f2LVHhTSzV&sig=ACfU3U02TwLN8KPl88O6d7yThlSfg4aF_Q&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwjy2LqRzMjlAhXKtlkKHa4yBwsQ6AEwAHoECAQQAQ#v=onepage&q=drunken%E3%80%80Pyrrhia&f=false それにしてもホラティウスはなんで、わざわざダメな例だけ教えたのでしょうね(笑) 今回は短く途切れてくれなくて長い引用になってしまい申し訳ありません。 皆様の翻訳例を教えていただければと思います。 宜しくお願い致します。 (BAは、選びません。 すいません。)

  • 回答No.5
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7583/9347)

「お礼」をありがとうございます。 >今回のホラティウスの詩は、「目、心、川」と、場面の入れ替わりが激しく、読んでいて楽しいのですがこれを日本語でも表現するとなると難しく、無理して訳すと私の場合は説明調になりがちなので、今回はそれからの脱却を試みました。 ⇒お訳の「迷惑千万、自然の摂理、ゴミ屋敷、片付の半分」などに工夫のたけを感じました。私も「説明調」から離れようとして、不自然なまでの古語調を利用しました。 >ナカイさんの今回のお作品は、ずいぶんと堅実に攻めましたね! ⇒おだやかな中庸をもってよしとしたホラティウスの心情を思いながら、それを訳に乗せようと画策しました。 >≫You lose no time in taking out a fly, 蝿蚊、藁屑問わず目に入れば即刻、 Or straw, it may be, that torments your eye;目を傷めぬうちに、手早く除く。 >「藁屑」とは流石、適語探しの天才! たんに「藁」ですと、なんだか「藁を丸々一本が、目に入っちゃう事ってある?」って感じですが、藁屑なら目に入りますものね。 ⇒strawで最初に考えましたのは、ムギ藁でした。しかもその穂先の実の先端についている針のような部分です。おそらく当時は脱穀機などなかったから、棒でたたいて脱穀していただろうと考えられますので、「針」が無数に舞ったに違いありません。 >≫Till this day year all thought of the concern? なぜ未だ、顧みぬままにして心憂える。 「顧みぬまま」&「心憂える」のビシッとくる言葉をありがとうございます。 >ところで、この箇所を私も、質問文では読み間違えて訳し間違えたんですが、 Till this day yearは、「来年の今日まで(休止/延期する)」でしたね。 ⇒私もちょっと引っかかりましたが、語句のかもし出す気分を訳に乗せることを意識しました。上田敏がカール・ブッセやブラウニングを訳したときの気持ちはかくもあったのかなどと、僭越にも、分を越して大詩人にあやかろうとする魂胆もちょっとありました。 >≫You're halfway over when you once plunge in:一歩を踏み出さば、そはすでに道半ば。 >これですね!こういう事なのです。やはり言葉選びの天才ですね! >≫He who puts off the time for mending, stands改めるべきを先に送るは、これ呆け A clodpoll by the stream with folded hands,流れの脇で手を拱くは、これたわけ。 >今までいただいたお作品の脚韻のなかでも特に「ぐっ」ときました! やっぱり面白味があると脚韻もずっと映えますね。 >≫Waiting till all the water be gone past聞けば、水の流れの絶えるを待つとか But it runs on, and will, while time shall last.流れは、悠久の時を刻むと知りてしか >このつなげ方できましたか!前の2行とのつながりを「聞けば」でつなげるとは、さすがでした!やはり流石ナカイさんだと今回も思いました。 ⇒これらの訳を考えながらいろいろ楽しませていただきました。lived in room13さんのおかげで、追体験、空想、詩情、心の洗濯、精神的快楽を、時空間の夢旅行を楽しませていただきました。ありがとうございました。 私訳第2弾(微々々調整): 蚊や藁屑、目に飛び込まば即、 目を傷めぬうちに、取り除く。   なのになぜ、心蝕まれて放置する、   なぜ未だ、顧みぬまま心憂える。     いざ、勇気もて賢者たらん。まずは、     一歩を踏み出さば、そはすでに道半ば。       改めるべきを先に送るは、これ呆け、       流れの脇で手を拱くは、これたわけ。         聞けば、水の流れの絶えるを待つとか、         流れは、悠久の時を刻むと知りてしか。 これからもまた、よろしくお願いいたします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >>おそらく当時は脱穀機などなかったから、棒でたたいて脱穀していただろうと考えられますので、「針」が無数に舞ったに違いありません。 さすが歴史にもお詳しいナカイさんです。勉強になります。 お陰様で、より鮮明に情景を描くことができました。 >>上田敏がカール・ブッセやブラウニングを訳したときの気持ちはかくもあったのかなどと、 上田敏、、どこかで聞いたことが、と思いつつ、ネット検索してみてビックリ!!! あのかの有名な「春の朝」は、ロバアト・ブラウニングの詩で、翻訳者が上田敏でした! The year's at the springを、 時は春、 And day's at the mornを、 日は朝、 と訳したのは正に天才としか言いようがないですよね。しかも、英語のみならず何か国語もの詩人の翻訳をこのクオリティーでされたのですから、すごいなんてもんじゃないですね! ホラティウスも誰かが名訳を出してくれているのでしょうかね?(私はしらないのですが。) 一応検索すると、鈴木一郎訳が4万8千円で売られているようですが、、、高すぎてどんな訳だか確かめてみる気力も湧きません。 >>僭越にも、分を越して大詩人にあやかろうとする魂胆もちょっとありました。 それが、この質問の目的ですよ! なんとしても、日本語でも英文同様の感動を伝えたいのですが、私では力不足なので、お助けを頂いております。 >>蚊や藁屑、目に飛び込まば即、 目を傷めぬうちに、取り除く。 ずいぶんと、爽やかになったのはどうしてだろうと、前作と読み比べてみましたら、「問わず」や即刻の「刻」などを除き、純粋に必要な情報だけを残されたのですね。 勉強になります。 (とはいえ、私にはその作業ができないので、真似できないのですが。) >>  なぜ未だ、顧みぬまま心憂える。 この微調整はさすが天才!!「にして」を除くことがこうも爽やかにするとは! >>流れの脇で手を拱くは、これたわけ。 脚韻がすごすぎて、前回コメントし忘れましたが、folded handsを「手を拱く」とは、これは本当に英語と日本語の偶然似た表現の大発見でした!まさに「言われて見れば、ソックリ」でした。 今回もありがとうございます。 勉強になりました。 今後ともよろしくお願いいたします。

  • 回答No.4
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14909/31763)

 蝿が目にとまったら、考えずに、摘まみ出すだろ。 目に入ったゴミでも同じ。  じゃあ、何かが、あなたの心を蝕み、 今日の日まで居座っているのにまだ考えてるのはなぜだ。  気がつけよ、賢くなれ。 水に飛び込んだらもう半ばすぎてるんだ、  改めるのを憚るのは 水が流れて無くなるのを 川岸で腕を組んで待っている木偶の棒だ、 でも、川は流れて来るんだよ、時のように果てしなく。 (どうもだんだん良くなる nakay さんとは逆で、つつけばつつくほど悪くなるのはなぜでしょう) (

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確かに今回は普段のSPSさんほど天才的なお訳ではありませんね。個人的には、SPSさん独特の温かみがある文章に語尾が命令調(と言いますか、冷たい文章)というのがうまく混ざり合っていないのかなと思いました。 >>蝿が目にとまったら、考えずに、摘まみ出すだろ いつも通りの独特の温かみのある文章!個人的には、いかにこの詩が教訓調の文章といえどもこのままの感じで温かく教えを諭して欲しい! >>じゃあ、何かが、あなたの心を蝕み、 今日の日まで居座っているのにまだ考えてるのはなぜだ。 お見事なお訳なのですが、やはり前文の温かみのある文章から、命令調への切り替えの難しさですよね。私も、英文を読みました時に身近な「目」の例えから、場面が急に「心の保ち方」に切り替わるので「どうつなげたものか?」と思いました。 >>水に飛び込んだらもう半ばすぎてるんだ、 SPSさんのお訳を読みまして、「飛び込めば、川を渡るのは半分終わったようなもの」と感じ、やっぱり「水に飛び込んだら」だよな、と思います。ただ現代は川に橋がかかっていますので、身近に感じられる表現が難しいですね。 >>だんだん良くなる nakay さん 私もナカイさんは、どうやってあれほど改良に改良を重ねる事ができるのか不思議です。すごいですよね。 ただ、個人的にはSPSさんの普段の「教訓を教訓と感じさせない独特の温かみ」と共に「ぐっ」とくる例えを使ったお訳の方が好みです。

  • 回答No.3
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7583/9347)

いつも楽しい話題をありがとうございます。 私訳: You lose no time in taking out a fly, 蝿蚊、藁屑問わず目に入れば即刻、 Or straw, it may be, that torments your eye;目を傷めぬうちに、手早く除く。 Why, when a thing devours your mind, adjournなのになぜ、心蝕まれて放置する、 Till this day year all thought of the concern? なぜ未だ、顧みぬままにして心憂える。 Come now, have courage to be wise: begin:いざ、勇気もて賢者たらん。まずは、 You're halfway over when you once plunge in:一歩を踏み出さば、そはすでに道半ば。 He who puts off the time for mending, stands改めるべきを先に送るは、これ呆け A clodpoll by the stream with folded hands,流れの脇で手を拱くは、これたわけ。 Waiting till all the water be gone past聞けば、水の流れの絶えるを待つとか But it runs on, and will, while time shall last.流れは、悠久の時を刻むと知りてしか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 今回のホラティウスの詩は、「目、心、川」と、場面の入れ替わりが激しく、読んでいて楽しいのですがこれを日本語でも表現するとなると難しく、無理して訳すと私の場合は説明調になりがちなので、今回はそれからの脱却を試みました。 ナカイさんの今回のお作品は、ずいぶんと堅実に攻めましたね! >>You lose no time in taking out a fly, 蝿蚊、藁屑問わず目に入れば即刻、 Or straw, it may be, that torments your eye;目を傷めぬうちに、手早く除く。 「藁屑」とは流石、適語探しの天才! たんに「藁」ですと、なんだか「藁を丸々一本が、目に入っちゃう事ってある?」って感じですが、藁屑なら目に入りますものね。 >>Why, when a thing devours your mind, adjournなのになぜ、心蝕まれて放置する、 この場面が突然「目のたとえ」から「心」に切り替わる箇所をスムーズに訳されましたね。さすがです。 >>Till this day year all thought of the concern? なぜ未だ、顧みぬままにして心憂える。 「顧みぬまま」&「心憂える」のビシッとくる言葉をありがとうございます。 ところで、この箇所を私も、質問文では読み間違えて訳し間違えたんですが、Till this day yearは、「来年の今日まで(休止/延期する)」でしたね。 >>Come now, have courage to be wise: begin:いざ、勇気もて賢者たらん。まずは、 「いざ」は、このCome nowの名訳ですね! 「賢者」の使い方もお上手ですね。(私は「賢者」と言う言葉をうまく使いこなせません。) >>You're halfway over when you once plunge in:一歩を踏み出さば、そはすでに道半ば。 これですね!こういう事なのです。やはり言葉選びの天才ですね! >>He who puts off the time for mending, stands改めるべきを先に送るは、これ呆け A clodpoll by the stream with folded hands,流れの脇で手を拱くは、これたわけ。 今までいただいたお作品の脚韻のなかでも特に「ぐっ」ときました! やっぱり面白味があると脚韻もずっと映えますね。 >>Waiting till all the water be gone past聞けば、水の流れの絶えるを待つとか But it runs on, and will, while time shall last.流れは、悠久の時を刻むと知りてしか このつなげ方できましたか!!! 前の2行とのつながりを「聞けば」でつなげるとは、さすがでした! やはり流石ナカイさんだと今回も思いました。 また、よろしくお願いいたします。

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14909/31763)

 #1です。改訂版です。   見ただけで、蝿は打ち殺すだろ。 目に入ったゴミでも同じ。  じゃあ、何かが、あなたの心を蝕み、 今日の日まで居座っているのはなぜだ。  気がつけよ、賢くなれ。 水に飛び込んだらもう半ばすぎてるんだ、  改めを憚るのは 水が流れ去るのを 水際で腕組みをして待っている木偶の棒だ、 でも、川は流れて来るんだよ、時のように果てしなく。 (正直 clodpoll という言葉を知らなかったのですが、犬も歩けば棒に当たりました)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 今回は、いつもに比べますと直訳に近い感じですね。SPSさんの「金蓮花と乾パン」を「干し飯と漬物」に例えたような心に「ぐっ」とくるお訳もまたお待ちしております。 >>見ただけで、蝿は打ち殺すだろ。 目に入ったゴミでも同じ。 なるほど!異物が目に入った感をそう訳されましたか!なかなか躍動感がありますね!SPSさんでも、strawはやっぱり、そのままでは無理ですよね。 農民が大多数を占めていた頃は、結構細かい藁の破片があったりして目に入ることもあったのでしょうけど、現代では藁と言うと草鞋や、麦わら帽子、もしくは一本の藁くらいしか連想できなくて、私もそのまま訳せませんでした。 >>じゃあ、何かが、あなたの心を蝕み、 今日の日まで居座っているのはなぜだ。 「じゃあ」がありましたね。 私は「しかし」、「でも」、等の候補を出した末に、どうも響きが好きになれず諦めてしまいました。  >>水に飛び込んだらもう半ばすぎてるんだ、 こちらの可能性もありますね。私は、You're halfway over when you once plunge in:のplunge inを読みました時にtake the plunge(思い切って決断をする)をした後の状況だと考えていましたが、川があるから「飛び込め」かもですね。 >>改めを憚るのは 水が流れ去るのを 水際で腕組みをして待っている木偶の棒だ、 SPSさんの文章力をもってすれば、「待っている」をそのまま使えるのですね!!流石です! 私は、英文を読みました時に「なんで待っている?」と思い、そのまま訳して意味が通るようにする自信がなく、勝手に「(渡るのを)待っている」と解釈して書きました。(汗) また。「木偶の棒」という言葉選びは今回も流石だと思いました。 どういうわけか、「愚か者」を意味する単語もSPSさんの言葉選びだと温かみが感じられる表現になりますね。 >>でも、川は流れて来るんだよ、時のように果てしなく。 この果てしない感じを出すのは、流石ですね。実は、 You're halfway over when you once plunge in:までで区切って質問しようと思ったのですが、 But it runs on, and will, while time shall last.もかっこよすぎて思わず質問文を長めにしてしまいました。 >>(正直 clodpoll という言葉を知らなかったのですが、犬も歩けば棒に当たりました) 私も知りませんでした。 実際に使ったらいけない言葉だとはおもうのですが、ホラティウスが使った言葉となるとなぜか愛着がわきました。(これは、私だけか、、、。) 今回もありがとうございました。 また、よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14909/31763)

 見ただけで、蝿は打ち殺すだろ。 目に入ったゴミでも同じ。  じゃあ、何かが、あなたの心を蝕み、 今日の日まで居座っているのはなぜだ。  気をつけろよ、賢くなれ。 水に飛び込んだらもう半ばすぎてるんだ、  改めを憚るのは 水が流れ去るのを 水際で腕組みをして待っている木偶の坊だ、 でも、川は流れて来るんだよ、時の流れのように果てしなく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 改訂版を頂いたようなので、そちらにコメント致します。

関連するQ&A

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集1の6

    The sun, the stars, the seasons of the year That come and go, some gaze at without fear: What think you of the gifts of earth and sea, The untold wealth of Ind or Araby, (Horace Book I のVI. TO NUMICITUSより。翻訳者John Conington。1869年の訳 ) 拙訳: 「あっしには関わりのないことでござんす」と おてんとう様や、お星さま、すぎゆく季節の巡りに 言ったとて、大地、海のお恵みには インド、アラブの秘宝には、男のロマンを感じちまう *「男のロマン」の辺りは、翻訳じゃなくて、「解釈」を入れました。、と言いますか、「太陽や星や時の巡りという」すごい物にも手が届かない、触れられない物には畏敬を抱かない。それでも同じく手に入れられそうもない外国の秘宝の話は、、、?というホラティウスの理論展開が面白いので、「この名文を日本語に訳さねば」と、1ヶ月以上悩んだのですが、どうにもこうにも行き詰まり、ここは、皆様に丸投げしようと思った次第です。 なので、大目に見てもらって、皆様のこの詩の翻訳例を教えていただけませんか? 宜しくお願い致します。 (BAは選びません。 すいません。) (一日、一つのお礼文を書くくらいの時間しかありませんので、複数のご回答が付きました場合は、何日かにわたってお礼を返信する事になります。余めご了承ください。

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集のI

    Just where the weather drives me, I invite Myself to take up quarters for the night. Now, all alert, I cope with life's rough main, A loyal follower in true virtue's train; Anon, to Aristippus' camp I flit, And say, the world's for me, not I for it. (HoraceのEpistles Book oneの1より。) 拙訳: 行先は風にきいておくんなせえ 気の向くままフーテン暮らし 飯のためには、粉骨砕身しようとも 心は、美徳の忠実なる従者 時にはアリスティッポスに教えをたしなむも 志は常に、世の為に生きず、吾が為に世を生きよ。 (life's rough mainは、「世間の荒波」的な解釈をしました。the world's for me(世界は私のためにある)は、「滅私奉公よりも、自分の為の人生を歩みたい。」的な事かなと解釈をしましたが、、、例によって、作者の事はあまり調べずに、気の向いたまま古典を読んでいますので、本当の意味は別にあるのかも知れません。) まあ、そこは大目に見てもらって、皆さんの、この詩の翻訳例を教えてください。 宜しくお願い致します。 (BAは、選びません。すいません。)

  • 古典翻訳:ホラティウスの書簡集の1の5

    Tomorrow's Caesar's birthday, which we keep By taking, to begin with, extra sleep; So, if with pleasant converse we prolong This summer night, we scarcely shall do wrong. (Horaceの Epistlesの Book 1 の5より。) 拙訳: 明日は、めでたい生誕祭 朝から二度寝、昼寝して 夜は眠らず、語り合う こよない夏の夜がいい。 そもそもカエサルの生誕祭がお祭りなのか、祝日なのか、、、本来の祝い方は??と、そこらへんは分からずに訳しました。まあ、そこは大目に見てもらって、皆さんの、この詩の翻訳例を教えてください。 宜しくお願い致します。 (BAは、選びません。すいません。)

  • ホラティウスの書簡集一の一(2)

    So, to sum up: the sage is half divine, Rich, free, great, handsome, king of kings, in fine; A miracle of health from toe to crown, Mind, heart, and head, save when his nose runs down. (著者:Horace. 書名:The Satires, Epistles, and Art of Poetry 英訳者:John Conington。1869年の訳) 試訳: つまりてぇと、賢者様ってのは、半分神様みてえなもんだ 富も、自由も、偉大さも備えていて,おまけに見た目もいい王の中の王ときた。 言うなれば、頭のてっぺんからつま先まで、心、体、精神、そして頭脳さえも、元気モリモリってわけよ。風邪の時は別だけど。 散々ほめたたえておいて最後のsave when his nose runs down.(鼻水を流している時は除く)が面白くて、、、(でも実際風邪の時ってポンコツになりますよね)、、、つい翻訳文を考えてみたくなったのですが、いつものごとく頭が空回りして、どうも納得がゆく翻訳文になりません。 皆様の翻訳例を教えていただけないでしょうか? いつものごとくBAは選びませんが、よろしくお願い致します。

  • これは副詞節ですか?

    I will be here till you finish your job. I will be hereが主節で、till以下が従属節かつ副詞節ですか? till は従位接続詞ですか? この文は複文ですよね?

  • 翻訳をお願い致します

    英文の和訳をしていただけるかたのみで お願いできますでしょうか? 多分難解な部分は少ないとは思いますが、 どうぞよろしくお願いいたします。 Your future union will be happy, secure and stable. A union of true souls. There is no suggestion in your chart of separation, unhappiness or serious destructive and dire marriage problems. It will be a good close and loving union. Your future partner will heal all the wounds of the past. All the loneliness and pain will just melt away under the power of knowing him. You’ll feel calm, happy and more contented in your life than you have done for years. It will be like reaching an oasis in a storm or desert. A place and time in life where time seems to stand still and you can be happy.

  • 翻訳できる方お願いします。変な文章に思えます…

    翻訳できる方お願いします。変な文章に思えます… Hello love everything beautiful and wonderful but at the same time tormented and tired ... Love is beautiful when you feel your lover who loves you ... Be beautiful when you ask your lover to be beautiful when your lover by your side .. Be beautiful when it is shared joy and sadness will be beautiful when your pain is shared and the wounds .. Be nice when the medicine you .. Be nice when you hear your lover father and a mother you meet your affectionate brother and sister caring ... Be beautiful when found in nurseries makes you warm ... Be beautiful when it puts you in the chest compassionate .. Be beautiful when it puts you in his heart without any hesitation or thinking .. Be beautiful when shields in front of the Mnkhalafk ... Be beautiful when you defend in every place in every trip is defamation and insult defend you ... Be beautiful when it comes on a person other than the beloved and tell him I go, I will not be in the one day you would not say he will not betray my beloved, who have lost and sacrificed in everything for me, lost everything he had for me, lost the most expensive thing he has for me therefore I have a sincere or honest or sincere faith will not Okhounh one day I'll be with him until the end, I'll be in his arms I'll be when it needs to keep a sense of how you feel about their beloved Kalnevs feeling with your beloved to smile..

  • 翻訳おねがいします。

    旅行に行くんだけど行き道はひとりだから不安という話をしてたら以下の文章が来ました。 よくわからないのでどなたか翻訳おねがいします。。 As long as you are aware of your surroundings and be careful that's all you have to worry about.

  • 翻訳をお願いします。

    よろしくお願いいたします。 インドの方です。勝手に.をつけました。 切る場所が間違っている可能性もあります。 よろしくお願いいたします。 I had written to you earlier also that you will have to use the guide with whom. you are comfortable and he or she knows and understands your work. this has to be totally your decision as . you will have to make him work in your way. Regarding Mr Arora, i think you have to be more happy than him as. he is working for you for which you are paying him. but since he knows your work . you are comfortable. but he should know that in case he has made a mistake. he should be sorry for it and should not Repeat it again. When you come to Darjeeling. you can decide about your Kalimpong programme as. you will be in darjeeling for 10 days.

  • 和訳教えて下さい!

    以下の和訳(意味)を教えて下さい。 自分でも調べてみましたが自信が無いため不安です。 Now what will you do till your Study time? になります。 切実ですのでよろしくお願い致します。